最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

今週の強気銘柄と弱気銘柄:Dollar General、MicroStrategy

執筆: Investing.com (ジェシー コーエン/Investing.com)株式市場2022年06月19日 22:05
jp.investing.com/analysis/article-200204211
今週の強気銘柄と弱気銘柄:Dollar General、MicroStrategy
執筆: Investing.com (ジェシー コーエン/Investing.com)   |  2022年06月19日 22:05
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

米国株式市場は先週金曜日に小幅上昇して引けたが、主要株価指数、S&P 500ダウ工業株30種平均NASDAQは依然として2020年以来最悪の週次リターンを被り、投資家は潜在的な景気後退への不安感を強めている。

市場は、連邦準備制度理事会(FRB)がインフレを抑制するためにより積極的にならざるを得ず、景気後退のリスクが高まることを懸念している。

主要株価指数推移
主要株価指数推移

連休明けの今週は、FRBのパウエル議長の議会での証言に注目が集まる。投資家は追加利上げの規模やペースについてさらなる手がかりを探すことになる。

米国の月曜日はジューンティーンスのため、株式市場は休場となる。

今週4営業日は、金曜日に予定されている最新の米国消費者信頼感指数などの重要な経済指標が発表される予定だ。

一方、決算発表では、フェデックス (NYSE:FDX)、ライトエイド (NYSE:RAD)、KBホーム (NYSE:KBH)、レナー (NYSE:LEN)、ダーデンレストラン (NYSE:DRI)などを含むいくつかの企業が行う予定だ。

市場の方向性に関わらず、需要がありそうな銘柄と、さらに下降する可能性のある銘柄を以下に紹介する。

ただし、この見通し有効期間はあくまで今週いっぱいであることをお忘れなく。

今週の強気銘柄:Dollar General

米国経済が間もなく大荒れになるとの懸念が高まる中、44州で1万8000店以上を展開するダラー・ゼネラル (NYSE:DG) は、今後さらなる 市場ボラティリティに直面してヘッジしたい投資家にとって確かな選択肢となるかもしれない。

米国最大のディスカウント・ストアである同社は、主要顧客を所得3万5000ドル以下の世帯とし、食料品、日用品、パーソナル・ケア用品を安値で販売しているのが主な特徴だ。

同社が不況に強いのは、低所得者層や厳しい経済状況の中でより倹約的な価格の商品を探している資金不足の消費者が、このような格安店で買い物をするからである。

DG 日次チャート
DG 日次チャート

DGの株価は金曜日に230.80ドルで引け、4月21日につけた262.20ドルの史上最高値が目前に迫っている。現在の水準で、テネシー州グッドレッツビルに本社を置く同社の時価総額は524億ドルだ。

ダラー・ジェネラルの株価は、低迷する小売業界の大手ライバル企業よりもよく持ちこたえており、年初来下落率はわずか2.1%で、業界の代表格であるウォルマート (NYSE:WMT) 、コストコ (NASDAQ:COST) 、ターゲット (NYSE:TGT)よりはるかに優れたパフォーマンスを発揮している。

経済成長ペースの鈍化とインフレの加速という現在のマクロ経済的背景の中で、同社のビジネスがいかにうまくいっているかを示すものとして、ダラー・ゼネラルは5月26日に、予想を優に上回る第1四半期の利益と売上を報告した。

これは米国人が一般消費財への支出を減らし、基本的なニーズやサービスに支出を振り向ける中、食料品や生活必需品を買いだめする顧客からの需要が旺盛だったことが要因であった。

また、割安価格を好む米国人がディスカウント・ストアで買い物をすることが増えているため、同社は収益と既存店売上高の伸びに対する通年のガイダンスを引き上げ、明るい見通しを示した。

今週の弱気銘柄:MicroStrategy

マイクロストラテジー(NASDAQ:MSTR)の株式は、ビットコインの世界最大の企業投資家である。ますますビットコイン投資における存在感が強まるこの法人向けソフトウェア企業は、暗号資産市場で進行中の混乱に反応する投資家からの売りで株価は下落すると見込まれる。

ビットコイン価格は土曜日の夜間に急落し、一時18,000ドルを割り込み、2020年11月以来の安値となった。日曜日の動きでは穏やかな回復をみせ、19,500ドル付近で推移している。

暗号資産の容赦ない暴落により、2022年に入ってから株価の半分以上を失い、年初来で60%下落、史上最高値の6万8925ドルからは約75%低下している。

ビットコイン 週次チャート
ビットコイン 週次チャート

それを考慮すると、6月にすでに37%下落したMicroStrategy株は、投資家が懸念するビットコイン担保融資に対する「マージン・コール」の可能性に直面し、同社が保有するビットコインの一部を清算することを余儀なくされるため、今後さらに沈む可能性がある。

ビジネス・インテリジェンスとソフトウェア・サービスのプロバイダーである同社は、3月に暗号銀行Silvergate Capital (NYSE:SI) から2億500万ドルを借りてビットコインを買い増し、3年ローンのほとんどは同社が保有する1万9466ビットコインを担保にしている。

マイクロストラテジーの社長兼最高財務責任者のPhong Le氏は以前、5月にビットコインの価格が21,000ドルを下回るとマージンコールが発生すると強調していた。

通常、マージンコールは、追加資本を提供するか、ローンの担保を清算することで対応する。

MSTR 日次チャート
MSTR 日次チャート

MSTRの株価は5月12日に134.09ドルで2020年8月以来の安値まで下落し、金曜日は167.60ドルで引けた。

年初来で69.2%下落し、2021年2月に達した過去最高の1315ドルからは88%近く遠ざかっている。

3月31日時点で129,218ビットコインを保有しており、同社提出書類によると、1BTCあたり平均購入価格30,700ドルで取得されたとのことだ。

現在の価格では、ビットコイン投資に40億ドルを費やしたマイクロストラテジーは10億ドル以上損失を出しており、現在保有するBTCの総額の評価額は29億ドルとされている。

今週の強気銘柄と弱気銘柄:Dollar General、MicroStrategy
 

関連記事

今週の強気銘柄と弱気銘柄:Dollar General、MicroStrategy

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する