最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

今年高騰したディフェンシブ銘柄、引き続き上昇となるか?

執筆: ハリス アンワル/Investing.com株式市場2019年10月15日 12:55
jp.investing.com/analysis/article-200197725
今年高騰したディフェンシブ銘柄、引き続き上昇となるか?
執筆: ハリス アンワル/Investing.com   |  2019年10月15日 12:55
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

不況への恐怖が長引く中、今になってディフェンシブ銘柄を探し始めるのは、少し遅かったかもしれない。不況時に魅力的となる安定株は、この1年で大きな上昇を見せた。

一般的に経済におけるリスクが高まると、投資家は債券投資に切り替える傾向がある。激化する米中貿易戦争、低調な経済指標、トランプ米大統領に対する弾劾調査の開始などを原因とし、投資家心理は悪化の一途を辿っていた。

株式市場の大幅下落という最悪の事態に備えるため、投資家は公益事業銘柄、不動産投資信託(REITs)、生活必需品銘柄を買い急いだ。

こうした銘柄は不況時にアウトパフォームすることで知られており、不況時でも安定した配当を株主にもたらす。

FRBが景気刺激策として利下げを行ったため、こうした高配当銘柄は国債と比較してより魅力的なものとなった。

安全志向の拡大が株価上昇に繋がる

今年に入りリスクオフの動きが拡大したことにより、複数の安全資産が史上最高値をつけることとなった。例えば9月の公益事業セクターはPERが22倍ほどとなり、史上最高となった。またブルームバーグによれば、不動産投資信託(REITs)は現在3年ぶりの高値をつけており、生活必需品セクターは2018年2月以来の高水準となっている。

ディフェンシブ銘柄に投資したい者にとって選択肢は少ないかもしれないが、例えば世界最大の消費財企業であるP&G(NYSE:PG)は以下のような上昇を見せている。

P&G
P&G

同社株は先月に史上最高値を記録し、同社株はこの1年で50%以上上昇しており、PERは82.87倍となっている。

P&Gに投資が集中した理由の一つに、同社がセクター内でも最高水準の高配当銘柄であるということがある。同社は62年連続で増配しており、過去128年にわたり一度も配当が途絶えたことはない。

ブルームバーグによれば、2019年に入り不動産ETFは純資産総額を54億ドル増やしているとし、2016年以来の高水準となっている。REITセクターの代表とも言えるVanguard REIT(NYSE:VNQ)は今年に入り、S&P500が2%の上昇であったのに対し、18%以上上昇している。

Vanguard REIT
Vanguard REIT

安全資産とされるディフェンシブ銘柄の価格は高騰したが、投資家が更なる利下げを見込む限りはこのような流れは継続すると考えられる。

ここ最近の低調な経済指標は、米中貿易戦争が産業の減速を引き起こし、消費者信頼感や企業投資に悪影響を与えていることを示している。こうした要因を受け投資家は今月下旬に更なる利下げが決定されると予想している。

地政学的リスクの中で利益を上げるには、収益が安定している新たな安全資産を開拓する必要がある。

マイクロソフト (NASDAQ:MSFT)やアップル (NASDAQ:AAPL)などの株式は配当が安定している上に、多様な収益源や巨額のキャッシュを考慮すれば不況への耐性についても優れていると考えられる。これらの銘柄は経済状況に依存する銘柄と異なり、不況を乗り切ってすぐに成長を再開させることができるだろう。

総括

過去1年で典型的なディフェンシブ銘柄は上昇を大きく伸ばしたものの、高騰したことにより魅力が薄れてしまったかもしれない。しかし利下げの流れが継続するのであれば、それは大きな問題とはならない。もし今後更なる利下げがなされると仮定すれば、依然としてディフェンシブ銘柄は魅力的であると言えるだろう。

今年高騰したディフェンシブ銘柄、引き続き上昇となるか?
 

関連記事

丸山 隆之
統計的視点からの個別銘柄の投資分析 執筆: 丸山 隆之 - 2022年01月16日

統計的視点からの個別銘柄の投資分析です。 検索条件は、1月16日~19日の5日間で最初の寄付き日の翌日に成行きで購入し、2月1日~5日の5日間の最初の寄付き日の翌日に成行で売却した...

Yosuke Shimizu
先物・オプション戦略週報 執筆: Yosuke Shimizu - 2021年06月21日

先物・オプション戦略週報☆ 日本株式市場 先週の日本市場は買われすぎ銘柄の修正安一服や景気敏感株が買われて上値を試す動きも見られたのだが、週末にかけては手仕舞い売りに押され冴えない...

今年高騰したディフェンシブ銘柄、引き続き上昇となるか?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
のコメント (1)
Masahiro Fujikawa
Masahiro Fujikawa 2019年10月22日 6:24
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
このコメントはすでに 保存したアイテムに保存されています
貴方は今後、AAPLとMSFTを比較してどちらの銘柄を選びますか?
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する