最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

2019年に予想外の値上がりを見せた3銘柄

執筆: ハリス アンワル/Investing.com株式市場2019年12月24日 16:58
jp.investing.com/analysis/article-200198065
2019年に予想外の値上がりを見せた3銘柄
執筆: ハリス アンワル/Investing.com   |  2019年12月24日 16:58
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

2019年の株式市場は、予想に反する値動きを多々見せてきた。今夏には、景気後退を示す逆イールドが発生したものの、経済は依然として堅調であり、株式市場は大きく値を上げた。

以下は、2019年に様々な困難に直面したにも関わらず、株価が堅調な3銘柄である。

1.テスラ

テスラ (NASDAQ:TSLA)は10月、イーロン・マスクCEOによる多くの失敗を乗り越えて、弱気相場を打ち破った。20日の同株は、史上最高値となる405.59ドルで終値を迎えた。10月23日に堅調な7-9月期決算を報告して以降、約55%高となっている。

マスク氏による非上場化のツイートや規制当局との紛糾、約束の反故など、様々な暴挙にも関わらず、7-9月期決算は市場から好感された。マスク氏はテスラにとってお荷物なのかもしれない。

テスラ週足チャート
テスラ週足チャート

7-9月期決算では、EPSが1.86ドルとなり、最も楽観的な予想であるマイナス0.24ドルを大きく上回った。

また、クロスオーバータイプのEVである「モデルY」が当初の生産計画よりも前倒しとなることが発表された。テスラは目標株価である293ドルを大きく上回っている。

2.ゼネラル・エレクトリック

ゼネラル・エレクトリック (NYSE:GE)は転換戦略を打ち出しており、アナリストの評価はまちまちとなっている。2018年は、同社製品の売上が落ち込み、軟調な株価となった。

同株はこれまで10ドルを下回って取引されていたものの、10月上旬に急伸した。年初来で同株は約50%高となり、経営陣の再編が功を奏していることが窺える。

GE週足チャート
GE週足チャート

11月発表の7-9月期決算では、キャッシュフローは改善し、産業部門が好転していることが明らかとなった。

2018年に同社CEOに就任したH・ローレンス・カルプ・ジュニア氏は、優れた経営手腕を見せつけている。堅調な産業部門を背景に上方修正された、2019年のキャッシュフロー見通しは投資家に好感された。

しかしながら、アナリストのGEに対する評価は大きく分かれている。JPモルガンは同社の目標株価を5ドルとしている。JPモルガンのアナリストはレポートの中で、同社の業績が底を打っていないとの考えを記し、3月に設定されたコア事業の目標EBITが未達であることを指摘した。

3.アップル

2019年はアップル (NASDAQ:AAPL)にとって最高の1年となった。フェイスブック (NASDAQ:FB)やアマゾン・ドット・コム (NASDAQ:AMZN)、ネットフリックス (NASDAQ:NFLX)などのハイテク銘柄の中で、アップルは年初来で約80%高となり、最も値を上げた。20日の終値は279.44ドルとなった。

アップル週足チャート
アップル週足チャート

同社製品への需要減を受け、2019年は同社とって不安定な年になると考えられていた。また、米中貿易摩擦など、マクロ的要因も悪材料であった。

同社売上の約20%が中国市場によるものであり、主要なサプライヤーを中国に集中させていたため、米中貿易戦争は同社にとって最大の懸念材料である。

同社は2018年8月の史上最高値から、約30%値を下げて2019年のスタートを切った。しかしながら、同社には困難な状況を打開できる能力があることが明らかとなった。

アイフォン11は好評を博しており、アップルミュージック、アップルTV+、App Storeなどは拡大を続けている。2019年下半期には、5G対応アイフォンの発売を見越して、アナリストから高い評価を得た。

総括

テスラ、GE、アップルは、2019年に予期せぬ値上がりを見せた3銘柄である。これらは、2019年初頭には不可能と思われた価格で年越しを迎えようとしている。また、2020年も値を上げることが予想される。

2019年に予想外の値上がりを見せた3銘柄
 

関連記事

2019年に予想外の値上がりを見せた3銘柄

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する