🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

世界的な車載用半導体を巡る混乱を受けて、2021年最悪の商品となったパラジウム

発行済 2021-12-14 20:43
TM
-
PA
-
PL
-
XPT/USD
-
XPD/USD
-

今年のパラジウムは、一時は1オンス=3,000ドルを超える史上最高値を記録するなど、非常に有望なスタートを切った。

しかし、車載用半導体の世界的なサプライ・チェーンの停滞により、ガソリン車用の触媒と排ガス浄化剤に利用するパラジウムは低迷し、足元は年初来で約32%下落している。

ディーゼル車用の触媒と排ガス浄化剤であるプラチナも、2021年に14%以上の下落と軟調な推移を続けている。

Hebba Alternative Investments社は、月曜日に掲載した記事で、「最新のデータをみると、自動車生産にとって最悪の局面は終わったように思える」と述べている。

同社の投資マネージャーは、2つのいわゆるプラチナ・グループ・メタル(PGM)の状況が正常に戻ったわけではないが、それでも 「第3四半期ほど悪くはない 」と指摘している。

このように世界中で自動車生産が改善しているにもかかわらず、パラジウムに大量の投機的なショートが続いていることには驚きが隠せない。

「我々は自動車メーカーとその見通しを注視しているが、彼らの多くは第3四半期が最も厳しいと予想していたが、生産は回復基調であると考えているようだ」とHebba氏は述べ、例えばトヨタ自動車(NYSE:TM)は、12月の生産が7ヶ月ぶりに予定通りになると予想していると話した。

「また生産量の増加に伴い、自動車メーカーは適正在庫を通常のレベルに戻すために多くの生産が必要となることも理解している。即ち、プラチナやパラジウムを含む自動車関連のあらゆる原材料にとって、非常に強気な見通しを持っている」と付け加えている。

火曜日の先物取引で1,685ドル以下となったパラジウムは、「購入するには非常に魅力的な価格水準」であると同氏は言う。

そのため、来年はパラジウム価格においては、良好な年になるだろうと予想している。

「大規模かつ投機的なショート・ポジションにより、劇的な反転が可能になる」と同氏は述べ、「2022年は自動車生産にとって歴史的な年になる可能性があり、過去10年で最低水準にある現在の在庫量から、自動車の適正在庫確保への再構築が期待できる自動車の購買担当者が、2022年の増産に備えてパラジウムを購入するとみられ、今後は需要超過となるかもしれない」と付け加えた。

一方で、今年の価格暴落でみられたように、「自動車メーカーは来年も在庫を積みます可能性もあり、価格は下落する恐れがある 」と警戒する。

「一旦、価格が上昇し始めると、購買担当者が大量のPGMを確保しようと買い急ぐ可能性がある(2019年にはパラジウムへの支出額は30%増していた)」と指摘する。

特に2021年9月のパラジウムの輸入量は21万3,000オンスと好調で、2020年9月の17万8,000オンス、2019年9月の24万1,000オンスと比較しても良好な水準だ。

さらに、パラジウムの純輸入量(輸入量―輸出量)は、2019年の14万オンスに対し、今年は15万1,000オンスとなり、コロナ禍前の2019年を上回った(2020年は僅か9,000オンス)。 ちなみに、2019年9月は自動車生産台数が平年並みだった。

しかし、パラジウムおよびプラチナのテクニカルはともに弱い

Palladium Monthly

テクニカル・チャートの出所:skcharting.com

skcharting.comのチーフ・テクニカル・ストラテジストであるSunil Kumar Dixit氏によると、パラジウムの長期月足チャートは、前月の安値を大きく下回っており、軟調な推移が継続している。

「8ヶ月のうち7ヶ月間急落したパラジウムは、売られ過ぎどころか、極端に売られ過ぎであり、自動車生産が増えるだろうとの期待を持ってしても、依然として価格は底を打っていないようにみえる 」と同氏は指摘する。

Dixit氏は2021年末に近づくにつれ、パラジウムのスポット価格は低下基調を続け1,585ドルを試し、年末までに50ヶ月指数移動平均の1,835ドルまで反発すると予想している。

ストキャスティクスは6.96/9.79と売られ過ぎであることを示唆しており、2022年の年初に反転する可能性を示している。

「もし、50ヶ月指数移動平均である1,835ドルまで達しなかった場合、来年は1,500ドルを下回り、1,350ドルまで下落するという最悪のシナリオが待ち受けている。

「しかし、パラジウムのショート・カバー勢と強気買い勢の再参入により、価格は重要な50ヶ月指数移動平均である1,585ドルを超え、2,280ドルを最初の主要ステーションとするだろう」と期待する。

Platinum Monthly

同氏によると、プラチナの見通しも弱気だが、スポット価格は9月の安値893ドルを上回って取引されている。

短・中期チャートのストキャスティクスは売られ過ぎであることを示していることから、プラチナは5ヶ月指数移動平均の973ドルと10ヶ月指数移動平均の1,004ドルを上回ってショート・カバーが発生し、ボリンジャー®バンドのミドル・バンドの1,010ドルと100ヶ月単純移動平均の1,025ドルを上回る可能性がある、と同氏は指摘する。

「プラチナのトレーダーは、9月につけた安値である893ドルを意識するだろう。このレベルを割ると、プラチナの下落幅は778ドルまで拡大する可能性もある」

「あるいは、100ヶ月単純移動平均の1,025ドルを上回る強い動きとなれば、プラチナは長期的には1,240ドルまで上昇するかもしれない。」

免責事項:Barani Krishnanは、あらゆる市場の分析に多様性を持たせるために、自分以外の様々な見解を用いている。中立性保持のために、彼は時には逆張りの意見や市場の変動要因を提示する。同氏は、自身が執筆する商品や証券のポジションを保有していない。

ーーー

リスク開示書: 金融商品や暗号資産の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。暗号資産の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。

金融商品または暗号資産の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。

Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。

Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。

Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

 

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます