株式会社商船三井 (9104)

3,740.0
+20.0(+0.54%)
  • 出来高:
    7,744,000
  • 売値/買値:
    3,735.0/3,745.0
  • 日中安値/高値:
    3,735.0 - 3,790.0
高配当利回り

9104 概要

前日終値
3,720
日中安値/高値
3,735-3,790
売上
1.36T
始値
3,750
52週高値/安値
2,040-3,880
1株当たり利益
2,471.9
出来高
7,744,000
時価総額
1.35T
配当
600.00
(16.04%)
平均出来高 (3か月)
10,129,027
PER (株価収益率)
1.47
ベータ
1.71
1年の変動
54.08%
発行済株式
360,923,175
次の決算日
2022年10月30日
商船三井の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社商船三井 ニュース

株式会社商船三井 企業情報

株式会社商船三井 企業情報

セクター
製造業
従業員数
8571
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3362700001

商船三井グループは、海運業を中心に事業を展開する。【事業内容】5つの事業セグメントを通じて運営する。ドライバルク船事業は、ドライバルク船(火力発電用の石炭を輸送する石炭船を除く)を保有・運航し、海上貨物輸送を行う。エネルギー輸送事業は火力発電用の石炭を輸送する石炭船、油送船、海洋事業・液化天然ガス(LNG)船等の不定期専用船を保有・運航し、世界的な規模で海上貨物輸送を行う。製品輸送事業は、コンテナ船事業及び自動車船・フェリー・内航RORO船事業を含む。コンテナ船事業は、コンテナ船の保有、運航、コンテナターミナルの運営を行う。航空・海上フォワーディング、陸上輸送、倉庫保管、重量物輸送等のロジスティクス事業も行う。自動車船・フェリー・内航RORO船事業は、自動車専用船を保有・運航する。また、フェリーを運航し、旅客並びに貨物輸送を行う。関連事業は、不動産事業を行うほか、関係会社を通じて、客船事業、曳船業、商社事業(燃料・舶用資材・機械販売等)、人材派遣業などを営む。その他事業は、グループのコストセンターとして、油送船とLNG船を除く船舶の船舶管理業、グループの資金調達等の金融業、情報サービス業、経理代行業、海事コンサルティング業などを営む。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り売り中立強い買い強い買い
テクニカル指標売り強い売り買い強い買い強い買い
サマリー強い売り強い売り中立強い買い強い買い
  • バルチック海運指数は前日比-3.97%
    0
    • 2830から3000突破 ※ 商船三井はカタールの国営石油会社カタールエナジーとの間で、新造LNG(液化天然ガス)船4隻の長期用船契約を結んだ。カタールエナジーはLNGの増産プロジェクトに沿って、100隻超に上るLNG船の大々的な新造計画を進めている。同計画の第1弾では20隻規模を調達するとみられ、商船三井はそのうち最初の4隻の契約を獲得した。他の邦船大手もカタールエナジーと交渉を継続しているようで、後続商談の行方も注目される
      0