40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

Still Bullish On SNAP, Even At 52-Week Lows? 3 Ways To Trade It

発行済 2022-01-14 03:53
更新済 2020-09-02 15:05
  • ソーシャル・メディア企業SNAPの株価は過去12ヶ月で23%以上下落

  • 3億600万人のデイリー・アクティブ・ユーザーを抱えるSnapは、10代の若者の間で最も人気のあるソーシャル・ネットワークの一つ。

  • 長期投資家は、SNAP株の押し目買いを検討してもいいだろう。特に40ドル以下に下落した場合には魅力的なエントリー・ポイントだ。

ソーシャル・メディア・グループのSnap (NYSE:SNAP)株に投資した人にとって、2021年は良い年ではなかっただろう。過去12カ月間で、株は23%以上下落している。実際、2022年に入ってからも、同社株は6%以上の損失を出している。水曜日の株価は42.73ドルで引けている。

SNAP Weekly Chart.

2021年9月24日には83.34ドルの史上最高値を記録しており、4ヶ月足らずで約47%もの損失を出していることになる。同株の52週間のレンジは38.51ドル~83.34ドルで、時価総額は704億ドルである。

2011年にサービスを開始したSnapchatは、ティーンエイジャーの間で最も人気のあるソーシャル・ネットワーク・プラットフォームの一つだ。現在、同アプリのデイリー・アクティブ・ユーザーは3億600万人で、そのうち3分の2近くが北米以外の地域に居住する。他のソーシャル・メディア・プラットフォームと同様に、SNAPの収益のほとんどは広告収入によるものである。そのため、デイリー・アクティブ・ユーザー数の増加は、市場関係者が注目する最も重要な指標の一つとなっている。

最近の指標では

「ソーシャル・メディア広告分野の広告費は、2022年に629億9800万ドルに達すると予測されている。」

2026年には約900億ドルに達するとみられ、2022年から2026年の間の累積年間成長率(CAGR)は8.80%となる。

経営陣は、10月21日に第3四半期企業決算を発表した。売上高は、前年同期比57%増の10億7,000万ドルであった。Apple (NASDAQ:AAPL)が行ったiOSのプライバシー変更が広告収入にマイナスの影響を与えたことを経営陣は強調した。

一方、純損失は1年前は-2億ドルから-7,200万ドルに減少している。調整後の一株当たり利益(EPS)は17セントであった。当四半期における同社のデイリー・ユーザーの増加数は、前年同期比約23%増加して1,300万人であった。

当決算内容について、CEOのEvan Spiegel氏は次のように述べている。

「iOSプラットフォームの規約変更などの逆風によって、広告のターゲット、測定方法、最適化に対する影響を考慮した事業運営の必要に迫られている。またグローバル規模のサプライ・チェーンの問題や労働力不足などにも対処しなくてはならない。」

最近、投資家は多くのグロース株の対して弱気になってきているが、SNAP株もそのような銘柄の一つだ。四半期決算の発表前、株価は75ドル前後だったのが、翌日には60ドルを下回って取引を開始した。1月10日、株価は52週間の最安値である38.51ドルを記録している。

Snap株に期待すること

Investing.comが集計した39人のアナリスト予想では、SNAPの株価は「アウトパフォーム」と評価されている。

また、アナリストの12ヶ月目標株価の中央値は73.75ドルで、現在の水準から72%近く上昇することを意味している。12ヶ月間の価格レンジは、現在53ドルから104ドルだ。

Consensus Estimates of Analysts Polled By Investing.com.

出所:Investing.com

しかし、株価収益率(PER)や株価売上高倍率(PSR)、ターミナル・バリューなど、多くの評価モデルによると、InvestingProによるSNAP株の平均適正価値は35.61ドルとなっており、足元の株価水準よりも約17%の下落の可能性を示唆している。

SNAP Fair Value

さらに、100以上の要素を通信サービス・セクターの同業他社と比較してランク付けすることで、同社の財務の健全性をみることができる。成長の健全性については、SNAPは5点満点中4点を獲得している。一方で、キャッシュ・フローや収益性への懸念から、総合評価は”Fair”と決して高くない。

現在、SNAP株のPBRは29.9倍、PSRは18.3倍だ。これに対し、同業他社ではそれぞれ3.1倍、8.0倍となっている。

また、他のソーシャル・メディア大手2社をみてみると、グロース株であるにもかかわらず、SNAPの評価額が異常に高いことがわかる。Meta Platforms (NASDAQ:FB)のPBRとPSRは各7.0倍と8.3倍、Twitter (NYSE:TWTR)の場合は、それぞれ4.5倍と6.7倍である。

SNAPの株価は、経営陣が2月初旬に第4四半期の業績を発表するまで、不安定な値動きになると予想する。投資家がソーシャル・メディア事業の全体的な決算に嫌気した場合、SNAPおよび同業他社はともに下落圧力を受ける可能性がある。その場合、同社の株価は再び40ドルを下回る可能性に注意が必要だ。

しかし、短期的な下落の可能性があっても、長期的にはSNAPを強気にみている。

SNAP株に投資する方法

短期的なボラティリティーを気にしない、2~3年の投資見通しを持つ強気筋は、長期的なポートフォリオのために、足元の株価水準前後での購入を検討することができる。目標組入価格は、アナリストのコンセンサス予想である73.75ドルとなるだろう。

あるいは、投資家は、SNAPを保有するExchange Traded Fund(ETF)の購入を検討することもできる。例としては、以下のようなものがある。

  • Simplify Volt Pop Culture Disruption ETF (NYSE:VPOP)

  • Global X Social Media ETF (NASDAQ:SOCL)

  • Invesco Dynamic Software ETF (NYSE:PSJ)

  • Roundhill Ball Metaverse ETF (NYSE:META)

最後に、SNAP株が年初に新高値を更新する可能性があると考える投資家は、同社株のキャッシュ・セキュアード・プット・オプションを売ることを検討してみてはいかがだろうか。この{{art-200604076||投資戦略}はオプション取引を伴うため、すべての投資家に適しているわけではない。

キャッシュ・セキュアード・プット・オプションの売り

このような強気の取引は、(プット売りによる)プレミアムを受け取りたい人や、水曜日の日中の執筆時点での現在の市場価格42.70ドルよりも安い価格でSNAP株に投資したい人にとって、特に魅力的なものとなるだろう。

SNAP株のプット・オプション契約は、同社株を100株を売るオプションのことだ。

ある投資家がSNAP株を買いたいが、1株あたり42.70ドルの満額は払いたくないと仮定する。その代わりに、この投資家は今後数ヶ月の間に株を安く買いたいと考えている。

1つの可能性は、株価が下がるのを待つことだが、下がるかどうかはわからない。もう1つの方法は、同社株のキャッシュ・セキュアード・プット・オプションを1契約売ることだ。

したがって投資家は通常、アット・ザ・マネー(ATM)またはアウト・オブ・ザ・マネー(OTM)のプット・オプションを組成し、同時に100株の株式を購入できるだけの現金を確保します(そのため、「キャッシュ・セキュアード(現金確保)」と呼ぶ)。

この投資家が、オプションの有効期限である3月18日までこの取引を行うと仮定する。この記事を書いている時点で株価は42.70ドルなので、OTMのプット・オプションの権利行使価格は40ドルだ。

つまり、オプションの買い手が権利を行使した場合、売り手は行使価格40ドルでSNAP株を100株買わなければならない。

現在、SNAP株の3月18日期限の権利行使価格40ドルのプット・オプションは、3.25ドルの価格(またはプレミアム)で取引されている。オプションの買い手は、3.25ドル×100、つまり325ドルのプレミアムをオプションの売り手に支払わなければならない。このプレミアム額は、将来何が起こっても、オプションの売りてが保持することができる。プット・オプションは、3月18日(金)に失効する。

投資家が現在42.70ドルでこのキャッシュ・セキュアード・プット・オプション取引を行うと仮定すると、3月18日の満期時には、売り手の最大リターンは取引手数料やコストを除いて325ドルとなる。

売り手の最大の利益は、SNAPの株価が権利行使価格の40ドルを超えて満期を迎えた場合で、最大利益はこのプレミアム額である。そうなれば、このオプションは無価値で失効するからだ。

3 月 18 日の満期前または満期時に、このプット・オプションがイン・ザ・マネー(SNAP株の市場価格が権利行使価格の 40 ドルを下回ること)となった場合、このプット・オプションを行使することができる。この場合、売り手はプット・オプションの行使価格である40ドルで、SNAPの株式を100株購入する義務を負うことになる(つまり、合計4,000ドル支払う)。

この例での損益分岐点は、権利行使価格(40ドル)から受け取ったオプション・プレミアム(3.25ドル)を差し引いた36.75ドルとなる。この水準以下となれば、売り手が損失を被ることになる。

キャッシュ・セキュアード・プット・オプションの売りは、現在の市場価格で企業の株式を買うよりも適度に保守的な戦略である。この方法は、今後数週間、特に決算発表の前後に同社の株価が不安定になることを有効に利用することができる。

プット・オプションを売った結果、SNAPの株式を保有することになった投資家は、株式の潜在的なリターンを高めるためにカバード・コールを設定することをさらに検討することができる。このように、キャッシュ・セキュアード・プット・オプションの売りは、株式保有の第一歩ともいえる。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます