最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

 天然ガスと石油の価格高騰で注目されるクリーン・エネルギーETF2銘柄

執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )ETF2022年03月08日 23:22
jp.investing.com/analysis/article-200203576
 天然ガスと石油の価格高騰で注目されるクリーン・エネルギーETF2銘柄
執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )   |  2022年03月08日 23:22
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

エネルギー価格の高騰は、ここ1年以上、市場の注目の的となっている。したがって、読者の多くは、世界の石油ベンチマークであるブレント原油、米国の石油ベンチマークであるウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)、および天然ガス先物に注目していることだろう。

しかし、2月下旬のロシアのウクライナ侵攻は、世界のエネルギー市場に新たな圧力をもたらし、紛争そのものと、米国と西側同盟国によるロシアへの前例のない経済制裁が、欧州の主要エネルギー・チェーンの一部を混乱させ、価格をさらに押し上げることになった。ダウ・ジョーンズ石油・天然ガス指数は、今年に入ってから約34.9%上昇している。

月曜日には、バイデン政権が米国からのロシア産原油の輸入を禁止する意向であると指摘した後、ブレントは1バレルあたり130ドルを超えて急騰し、その後やや後退して120ドル台で推移している。

ドイツは最近、ノルドストリーム2パイプライン計画も凍結した。これらのツイン・パイプラインは、天然ガス輸入の半分以上をロシアに依存しているドイツに、ロシアの天然ガスを直接もたらすと期待されていた。

西側諸国がロシアのエネルギー源への依存度を下げ、世界が従来のエネルギー供給に代わるものを探さざるを得なくなった場合、株価はどう反応するか、アナリストたちは今、議論している。

そのため、クリーン・エネルギー事業者の注目度が高まっている。この記事では、再生可能エネルギー関連銘柄に関心のある読者にとって魅力的な2つの上場投資信託(ETF)を紹介しよう。

1. Invesco MSCI Sustainable Future ETF

  • 現在価格:57.31ドル

  • 52週間のレンジ:54.61ドル ~78.31ドル

  • 配当利回り:0.75%

  • 経費率:年率0.55%

最初の Invesco MSCI Sustainable Future ETF (NYSE:ERTH)は、地球資源の有効活用を考える企業に投資するETFである。これは、MSCIグローバル環境セレクト・インデックスに連動するように設計されており、一部、持続可能な農業、代替エネルギー、グリーン・ビルディング、持続可能な水、エネルギー効率、汚染防止など、いくつかの基準に基づいて銘柄が選択されている。

ERTH 週次チャート
ERTH 週次チャート

2006年10月に取引を開始した当ETFは、現在155銘柄を保有している。組入上位10銘柄で純資産額4億200万ドルの38%近くを占めている。

サブ・セクターでは、産業(29.87%)、不動産(18.38%)、一般消費財(15.90%)などがみられる。銘柄の約3分の1は米国からで、中国、日本、デンマーク、スペイン、フランスと続く。

このETFの主要な保有銘柄には、風力発電グループのVestas Wind Systems (OTC:VWDRY)、不動産投資信託(REIT)のDigital Realty Trust (NYSE:DLR)、Tesla (NASDAQ:TSLA)、ソーラー技術の大手Enphase Energy (NASDAQ:ENPH)や、中国の電気自動車(EV)企業Nio (NYSE:NIO)がある。

当ETFは、過去1年間で約21%下落し、年初来では14%下落している。

とはいえ、約1年前の2021年3月25日に78.31ドルの史上最高値を記録していた。つまり、テクニカル分析、特に価格と時間のサイクルを追う投資家は、もしかしたら、そろそろ価格の底がみえてくるかもしれない。

株価収益率(PER)は28.22倍、株価純資産倍率(PBR)は2.42倍となっている。代替エネルギー関連銘柄の買いを期待する長期投資家は、55ドル台をより良いエントリー・ポイントとみなすことができるだろう。

2. SPDR S&P Kensho Clean Power ETF

  • 現在価格:82.80ドル

  • 52週間のレンジ:70.94ドル~122.33ドル

  • 配当利回り:1.48%

  • 経費率:年率0.45%

SPDR® Kensho Clean Power ETF (NYSE:CNRG)も、クリーン・エネルギーをリードする企業の株式に投資している。これらの企業は、通常、風力、太陽光、地熱、水力発電に焦点を当てている。

CNRG 週次チャート
CNRG 週次チャート

2018年10月に取引を開始したCNRGは、S&P建材クリーン・パワー指数に連動するよう設計されており、45社を保有している。組入上位10銘柄で純資産額2億6960万ドルの約3分の1を構成する。

セクター別では、電気事業(16.69%)、電気部品・機器(14.94%)、半導体(12.32%)などがある。

カナダに拠点を置くエネルギー輸送・配給グループのEnbridge (NYSE:ENB)、配当貴族である天然ガス事業のNew Jersey Resources (NYSE:NJR)、連結エジソンConsolidated Edison (NYSE:ED) 、中国の大手高純度ポリシリコンメーカーDaqo New Energy (NYSE:DQ)や、世界最大の太陽光パネルメーカー JinkoSolar (NYSE:JKS)などがある。

CNRGは過去12ヶ月で22%以上、2022年には8%以上下落している。株価収益率(PER)は16.44倍、株価純資産倍率(PBR)は1.41倍である。

CNRGも前回のETFと同様、2021年3月に史上最高値(ATH)を更新している。80ドル以下まで下落した場合には、長期的にみてさらなる下落余地は限定的であろう。

 天然ガスと石油の価格高騰で注目されるクリーン・エネルギーETF2銘柄
 

関連記事

大川 正吾
投資信託の基礎 特徴や種類、必要な諸費用等 執筆: 大川 正吾 - 2014年07月28日

 皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から...

 天然ガスと石油の価格高騰で注目されるクリーン・エネルギーETF2銘柄

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する