🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

グロース株ETFの積極的な運用は、最近の調整後の正しい動きか

発行済 2022-03-22 20:53
US500
-
DIA
-
SPY
-
QQQ
-
GOOGL
-
AMZN
-
MA
-
STZ
-
V
-
TSLA
-
IXIC
-
DJA
-
GOOG
-
OKTA
-
BILL
-
FDG
-

株式市場はここ数カ月間売り圧力を受けており、投資家は今年の残りのリターンについて神経質になっている。2022年の今のところ、S&P500はおよそ6.4%、NASDAQは11.5%それぞれ下がっている。この傾向は、2021年の強気相場から大きく変化したことを意味している。

しかし先週は多くの銘柄、特にグロース株にとって好材料となった。その結果、投資家はすでに、米国の主要指数に連動する有力な上場投資信託(ETF)を長期ポートフォリオに加え始めている。それらは以下の通りである。

  • SPDR® Dow Jones Industrial Average ETF Trust (NYSE:DIA)、Dow Jonesに連動;

  • SPDR® S&P 500 (NYSE:SPY)、S&P 500に連動;

  • Invesco QQQ Trust (NASDAQ:QQQ)、 NASDAQ 100に連動

多くの個人投資家にとって、これらのETFは調整後に最初に購入するETFの一つであろう。しかし、これから紹介するように、足元には他にも魅力的な選択肢は他にたくさんあるのだ。

そこでこの記事では、市場全体のポジティブなセンチメントが今後数週間で勢いを増すと考える人たちにアピールできるETFを紹介しよう。

American Century Focused Dynamic Growth ETF

  • 現在価格:69.91ドル

  • 52週間のレンジ:61.88ドル~89.96ドル

  • 経費率:年率0.45%

FDG 週次チャート

グロース株投資家にとって、2021年は素晴らしい年であった。しかし、2022年の第1四半期には、多くの著名なグロース株が乱高下を繰り返した。その結果、かつてウォール街の寵児であったいくつかの銘柄で、大きな下落がみられた。

投資家の中には、今後数ヶ月間、グロース株のパフォーマンスが上がらず、投資環境が弱気相場に変化するのではないかと考える人もいる。今後、景気後退期が訪れるという話もある。

しかし、最近のグロース株の下落を安く買う絶好のチャンスと考える投資家もいる。本日ご紹介するAmerican Century Focused Dynamic Growth ETF (NYSE:FDG) は、割安銘柄を求める市場参加者にとって魅力的なETFと言えるかもしれない。このETFは、主に大・中型株の急成長と競争優位性を持つ収益性の高い企業に投資している。

またこれらの企業は、各分野のリーダーである可能性が高い。このETFは2020年3月末から運用を開始し、純資産は1億6610万ドルとなっている。

FDGは、アクティブ運用の非透明型ETF(ANT)である。米国証券取引委員会(SEC)は、2019年11月に初めてANTを承認した。その際、ジャクソン委員とリー委員が発言している。

「他のETFとは異なり、これらのETFは、そのポートフォリオに何が入っているかを毎日完全に透明化することはできない。」

ほとんどのETFは、保有銘柄を毎日開示している。しかし、非透明型ETFは、四半期ごとにしか開示しない。その代わり、(代理)プロキシ・ポートフォリオを公表している。

2021年12月31日現在、FDGの上位10銘柄がポートフォリオの約半分を占め、37銘柄に投資している。セクター配分では、事業の約3分の1が情報技術である。次いで、一般消費財(22%)、通信サービス(14%)、ヘルスケア(11%)と続く。

代表的な保有銘柄としては、Tesla (NASDAQ:TSLA)、Amazon (NASDAQ:AMZN)、 Alphabet (NASDAQ:GOOGL)、ID・アクセス管理会社の Okta (NASDAQ:OKTA)、飲料グループのConstellation Brands (NYSE:STZ)、バックオフィス業務用ソフトウェアを提供するBill.Com Holdings (NYSE:BILL)、 決済技術大手の Visa (NYSE:V) と Mastercard (NYSE:MA)などがある。

同ETFは2022年の累計で13.7%、過去12カ月で5%下落している。2021年11月に過去最高値を記録した。そして52週目の安値は最近3月中旬につけた。同ETFの株価収益率(PER)は48.05倍、株価純資産倍率(PBR)は13.54倍となっている。

このところ当ETFの保有銘柄の多くで価格は下落していることから、これらの堅調な銘柄への適切なエントリー・ポイントが生まれたと考えている。4月もボラティリティは続くと思われるが、長期投資家は、FDGの「買い」ボタンを押すことも選択の一つかもしれない。

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます