🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

地政学的な要因による半導体供給の混乱により、米国の生産者は恩恵を受ける可能性

発行済 2022-04-05 20:29
更新済 2023-07-09 19:31
INTC
-
AAPL
-
NVDA
-
CL
-
NG
-
ZW
-
ZC
-
TSM
-
SSNLF
-
NICKEL
-

当記事はInvesting.comの独占記事

  • 半導体の不足

  • ロシアのウクライナ侵攻は、中国、台湾にも影響

  • 台湾半導体:大手半導体メーカー

  • 制裁が果たす警告としての役割

  • Intelなど半導体メーカーは、対応を迫られる

半導体製造用の材料は、銅のような金属導体と、ガラスのような絶縁体の中間の電気伝導度を有している。電気抵抗は温度が上がると低下し、金属とは逆の反応を示す。

コンピューターや電波を使うものはすべて半導体に依存している。半導体はコンピューター・チップ、ダイオード、トランジスタ、集積回路など、電子機器に必要な部品である。この半導体によって、コンピューター、スマートフォン、家電製品、ゲーム機、医療機器などが動いている。また自動車においても、センサー、安全機能、電力管理、ディスプレイ、車両制御など、重要な部品にこれらの半導体が必ず使われている。

半導体の原料は、高温で安定し、自然界に多く存在するシリコンが最も一般的である。つまり、半導体は一般消費者や企業が使用するさまざまな製品に不可欠なコモディティなのだ。

半導体の不足

世界的なパンデミックにより、サプライ・チェーンが混乱し、半導体不足が様々な分野で問題化した。半導体価格は上昇し、電子機器のコストを押し上げた。Apple (NASDAQ:AAPL)、Samsung (OTC:SSNLF)などの大手企業が早期に半導体の備蓄を始めた一方で、多くの自動車メーカーが生産の遅れに直面した。半導体不足により、2021年には米国に2500億ドル弱の経済的打撃を与えた

ロシアのウクライナ侵攻は、中国、台湾にも影響

この2年間、世界は度重なる危機に見舞われた。2020年のコロナ禍や足元の欧州では第二次世界大戦以来の大規模な戦争が挙げられる。2月4日、北京オリンピックの開会式で、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は「無制限」の支援協定を結び、2月24日のウクライナ侵攻への下地を整えた。

この協定は、2月24日のロシアのウクライナ侵攻をもたらし、中国の台湾統一にもつながる恐れがある。ロシアがウクライナをロシア西部とみなしているように、中国は台湾を中国の一部とみなしているが、米国と欧州は両国を主権国家と考えている。

この無制限の支援協定は、今後数ヶ月から数年にわたり、地政学的に広範囲な影響を及ぼすおそれがある。

台湾半導体:大手半導体メーカー

ロシアのウクライナ侵攻は、エネルギーと農産物の両市場に影響を与えている。ウクライナでの戦争とそれに対する制裁は、原油天然ガス、石炭、小麦トウモロコシニッケルなどのコモディティに大きな価格変動をもたらしている。

半導体はそれ自体がコモディティの一種である。台湾新竹市に本社を置く台湾積体電路製造(NYSE:TSM)は世界有数の半導体メーカーであることから、中国の台湾に対する攻撃は半導体分野でも同様の影響を及ぼす可能性がある。

出所:Companiesmarketcap.com

このグラフが示すように、台湾積体電路製造(TSM)は時価総額で世界第2位の半導体企業である。時価総額世界一の Appleは、TSMの最大顧客であり、同社収益の大きな割合を占めている。

またTSMは世界の半導体市場の51%を占めているため、台湾は世界で最も多くの半導体を生産している国といえる。

制裁が果たす警告としての役割

ウクライナ戦争で農地が戦場となり、世界の食糧供給が危ぶまれている。ロシアへの制裁措置により、欧州などのエネルギー不足が懸念される。

中国政府が台湾への侵攻を決定した場合、半導体の生産は減速、あるいは停止する可能性が高い。経済制裁が課される場合には、コロナ禍のときよりもより深刻な半導体不足に陥るかもしれない。

また米中関係の悪化により、半導体輸出が禁止され、価格が高騰し、さらに供給が制限される可能性も想定される。

Intelなど半導体メーカーは、対応を迫られる

NVIDIA (NASDAQ:NVDA)やIntel (NASDAQ:INTC)を含む米国の半導体企業は、地政学的リスクによる将来の不足を回避するために、半導体生産を増やす必要がある。

TSM 日次チャート

出所:Barchart

2021年末以降、TSMの株価は12月31日の120.31ドルから4月4日の終値104.79ドルまで下落し、下落率は約13%となっている。

Nvidia 日次チャート

出所:Barchart

同時に、NVDAの株価は294.11ドルから7%下落し、4月4日の終値は273.60ドルだった。

Intel 日次チャート

出所:Barchart

INTCの株価は12月31日の51.50ドルから4.5%下落し、4月4日の終値は49.20ドルだった。

TSMは2021年末以降、競合する半導体メーカーをアンダーパフォームしている。台湾の地政学的混乱の可能性が、株価の重しになっているようだ。

半導体市場の供給リスクが高まっているため、米国の半導体メーカーや世界の同業他社は増産を余儀なくされる可能性がある。

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます