40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

金は1,800ドルを下回るのか?チャートは下落を示唆も急反発の可能性大

発行済 2022-05-11 20:34
更新済 2020-09-02 15:05

は1オンス=1800ドルのサポートを下回るのだろうか?チャートは下落を示唆するも、強気筋は短期的な上昇を期待している。

このような状況下、「金」は4週連続で下落しており、本稿執筆時点では、このサポート・ラインまで1オンス=約40ドルというところである。それ以前の3取引日では、1,700ドル台に達する可能性に迫っていた。

米ドルが20年来の高値となったことで、ドル建てのコモディティ価格が軒並み上昇し、金も4月18日に2,000ドルの大台まで上昇していたものの、その後は下落へと転じている。3月8日には、ロシア・ウクライナ危機を契機にコモディティ全般の上昇につられ金も2,079ドルまで値上がっていた。

金スポット 日次チャート
すべてのチャートはskcharting.comから取得

もし、金が最高の価値貯蔵品であり、物価上昇圧力に対するヘッジであるという主張の通りであるならば、1980年代以降、米国で最も大きなインフレの波に乗っているはずである。

連邦準備制度理事会(FRB)が過去一世代で最も積極的な利上げを行ったことで、ドルが急騰し、株式や債券は下落したものの、金や原油は上昇した。

ドル・インデックスは、米ドルを6つの主要通貨と比較したものだが、今週は2000年のピークである104.21まで急騰した。米連邦公開市場委員会(FOMC)は、5月と3月の会合でそれぞれ50bps、25bpsの利上げを行ったが、6月14~15日に開催される次回の会合では75bpsの利上げの可能性が議論され、ドル指数はさらに勢いを増した。

もしFRBが次に75bpsの利上げに踏み切れば、中央銀行としては1994年以来最大の利上げ幅となる。それは間違いなく、1,900ドル台以上への値上がりを期待する金の強気筋に対して、大きな打撃を与えることになるだろう。金融市場のトレーダーは、FRBがこのような大幅な利上げに同意する確率を既に83%としている。

シカゴのブローカー、Blue Line Capitalのチーフ・マーケット・ストラテジスト、Phillip Streible氏は、「75bpsの引き上げの憶測が続く限り、ドルは強気のままである一方、金は現在の弱気なまま、1,800ドルのサポートからもう1つへ滑り落ちるだろう」と述べた。

「そこまでいかなくても、FRBは中立金利の目標に到達するために、すでに今年7回の利上げと2023年のさらなる利上げを計画している。それがそのまますでに金の首を絞めることにつながる。」

FRBのいわゆる中立金利は、金利を現在の0.75%~1.0%から2.0%~2.5%まで高くすることを要求している。

コロナウイルスの大流行により2020年に3.5%縮小した米国経済は、2021年には5.7%と、1982年以来最も速いペースで成長した。

しかし、インフレ率はさらに速く成長した。FRBが注視する米国のインフレ指標である個人消費支出 指数は、12月までの1年間で5.8%、3月までの12カ月間で6.6%の上昇となった。また、両指標とも1980年代以降で最も速い伸びを示している。

米国の消費者物価指数(CPI)は、もう一つの重要な指標である。こちらは3月までの1年間に8.5%上昇した。エコノミストは、消費者物価指数は4月に減速し、本日発表される4月の測定値は年間8.1%の上昇にとどまるとみているが、この数値が上方修正される可能性は十分にある。

FRBのインフレ許容度は年率2%に過ぎず、そのため中立金利の目標は2.0%~2.5%である。

CPIが下振れすれば、「FRBの利上げ幅は今後縮小していくことが織り込まれるだろう。株式や債券には有利だが、米ドルには不利だ」と、オンライン取引プラットフォームOANDAでアジア太平洋地域の調査を担当するJeffrey Halley氏は言う。

「インフレ率の高止まりとなれば、FRBは金融引き締めをさらに強化する。株式と債券には悪いが、米ドルにとってはポジティブだ。」

金スポット 週次チャート

いずれにせよ、金は2月上旬にブレイクアウトしたところから2060ドルまでのトライアングルの頂点である1835ドルのすぐ上に位置している、と同氏は言う。

「1835.00ドルを下回る日足での終値は、不吉なテクニカルな展開となる。」

「1835ドルを下回れば、1820ドル、そして潜在的には1780ドルのサポートを試すことになるかもしれない。これよりも更に下落した場合、1700ドルへのより深い調整を示唆する。金には1850ドルと100日移動平均の1882ドルがレジスタンスとなっている。今後数日間、より多くの細かな取引レンジを予想している。」

DailyFXのプラットフォームでブログを書いている金ストラテジストのMichael Boutros氏も同様の見解を持っている。

「ここから下にブレイクすると、1,818/28ドルに注目が集まる。この閾値を超えた下落は、テクニカルな観点から非常に有害であり、そのようなシナリオは、1,791とそれ以降の年初来安値週の終値へと近づくことになる。」と警戒する。

金スポット 月次チャート

しかし、skcharting.comのチーフ・テクニカル・ストラテジストであるSunil Kumar Dixit氏は、たとえ弱気が暫定的に維持されても、金は1885ドルに向けて引き上げることが可能であると考えている。

金のスポット価格をベースに、「金はまだ1820ドルまで下落する余地があり、これが短期的な底値として働き、1850ドルと100日単純移動平均の1885ドルまで短期的に回復を開始するかもしれない」と同氏は述べている。

「日次ストキャスティクスの5/3という数値も、1850ドル〜1880ドルへの短期的な反転を引き起こすかもしれない。」

それでも、金の広範なトレンドは下を向いていると、同氏は認めている。

「中期トレンドが弱気に転じているため、1850~1885ドルまで回復すれば、1800ドルまで押し下げようとする売りが出てくるだろう」とみる。

「センチメントが脆弱なままであれば、今後数週間で1760~1700ドルまでさらに下落することが予想される。そうなれば、短期的には上下ともにあり得る勢いのあるジェットコースターのような展開になるだろう。」

免責事項:Barani Krishnanは、あらゆる市場の分析に多様性を持たせるために、自身以外の様々な見解を用いている。中立性を保つために、時に逆張りの見解や市場の変数を提示する。同氏は執筆している商品および証券のポジションを保有していない。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます