最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

加速する市場リスク、安全性と安定性を高める2つのブルー・チップ(優良株)ETF

執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )ETF2022年06月13日 21:29
jp.investing.com/analysis/article-200204165
加速する市場リスク、安全性と安定性を高める2つのブルー・チップ(優良株)ETF
執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )   |  2022年06月13日 21:29
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

5月の米消費者物価指数(CPI)が予想を上回るペースで上昇し、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のためにどの程度利上げを行うかという議論が加速したため、先週の市場は全面安に転じた。

消費者物価指数は、前年比8.6%増と予想以上に高い伸びを示した。これは1981年12月以来の高水準である。

高止まりするインフレに加え、投資家は世界経済の状況をますます懸念している。世界銀行FRBも最近、景気見通しを引き下げた。

ドイツの大手金融サービス会社のAllianzが最近行った調査によると、43%の米国人が市場での投資に比較的神経質になっており、60%近くがポートフォリオの保護を望んでいるとのことである。このような変動が激しい時代には、優良株、つまり長期的に安定した業績を上げている大企業の株が大きな注目を集めることになる。

優良企業は通常、長期にわたって堅実な利益をもたらし、その多くは定期的に増配している。また、その多くは各業界のリーダーであり、一貫したキャッシュ・フローの成長を示し、経営が健全であること示している。

個人投資家は、優良銘柄を手放さないのが普通である。そのため、多くのポートフォリオの根幹をなすものと考えられている。

そこで、今年後半に有力銘柄の上昇を狙う読者にとって魅力的な優良上場投資信託(ETF)を2本紹介する。

1. SPDR® Dow Jones Industrial Average ETF Trust

  • 現在価格:314.37ドル

  • 過去52週間のレンジ:306.28ドル~369.50ドル

  • 配当利回り:1.89%

  • 経費率:年率0.16%

最初のETFは、市場の 「優良株」30銘柄に投資するSPDR® Dow Jones Industrial Average ETF Trust (NYSE:DIA)である。このETFは1998年1月に上場され、純資産は280億5000万ドルとなっている。別の言い方をすれば、ウォール街で最も古く、最も重要なETFの一つである。

DIA 週次チャート
DIA 週次チャート

DIA は、1896 年にチャールズ・ダウが初めて作成したDow Jones Industrial Average (DJIA)に連動するように設計されている。このように、米国株式の健全性を示す最も古い継続的な指標であり、米国および世界の投資家に広く支持されている。

現在、最もシェアが高いのは情報技術(IT)とヘルスケア銘柄で、それぞれ20%を超えている。次いで金融(15.56%)、産業(14.16%)、一般消費財(13.49%)の順となっている。

DJIAは価格加重型の指数で、価格が高い株ほど指数値に影響を与える。したがって、株価の高い銘柄は、株価の低い銘柄よりも指数の値に影響を及ぼすことになる。当然ながら、株価が変動すれば、指数内でのウェイトも変動する。

この組入れ上位10銘柄がポートフォリオの半分以上を占めている。その中には、United Health Group (NYSE:UNH)、Goldman Sachs (NYSE:GS)、Home Depot (NYSE:HD)、Microsoft (NASDAQ:MSFT)、McDonald’s (NYSE:MCD) 、Amgen (NASDAQ:AMGN)が名を連ねている。

1月5日、DIAは過去最高値を更新した。しかし、年初来で約13.5%下落し、5月20日には数年来の安値を記録している。

これに対し、S&P500指数のリターンに連動するSPDR® S&P 500 ETF (NYSE:SPY) は、1月以降、約18%下落している。

DIAの株価収益率(PER)は16.46倍、株価純資産倍率(PBR)は3.65倍となっている。現在の市場のリスク・オフ環境を考えると、今後数週間で安値を更新する可能性がある。しかし、長期投資家は、さらなる下落をDIAへの投資機会と考えるかもしれない。

2. Fidelity® Blue Chip Growth ETF

  • 現在の価格:23.09ドル

  • 過去52週間のレンジ: 22.18ドル~36.73ドル

  • 経費率:年率0.59%

2つ目のETFは、Fidelity® Blue Chip Growth ETF (NYSE:FBCG)である。このETFは250社近くの企業に投資しており、保有銘柄の80%以上は優良企業である。

FBCG 週次チャート
FBCG 週次チャート

FBCGは、2020年6月に新規上場したアクティブ型のETFであるが、保有銘柄は非公開だ。つまり他のETFと異なり、保有銘柄を毎日報告する必要がない。

ETFの直近の第1四半期報告書によると、3月末時点でポートフォリオの55%以上が上位10銘柄に投資されていた。さらに、80%以上が上位50社に属していた。このように、FBCGは組み入れ上位銘柄ほど組入比率が大きいETFなのである。

セクター別では、IT(40.38%)、一般消費財(27.98%)、通信サービス(14.18%)、ヘルスケア(6.22%)、産業(5.56%)が挙げられている。

前四半期は、Apple (NASDAQ:AAPL)が11.27%で最大の切り口だった。その後、Microsoft (NASDAQ:MSFT)、Amazon.com (NASDAQ:AMZN)、Alphabet Class A (NASDAQ:GOOGL)、NVIDIA (NASDAQ:NVDA) 、Tesla (NASDAQ:TSLA)などが続く。

2022年のこれまでのところ、FBCGはその価値の3分の1を失っている。言い換えれば、市場のストレスは、このETFが保有する高成長銘柄の大幅なドローダウンを意味している。それでも、これらの優良銘柄がまもなく上昇に転じると予想されている読者は、この水準で投資を検討することもできるだろう。

加速する市場リスク、安全性と安定性を高める2つのブルー・チップ(優良株)ETF
 

関連記事

大川 正吾
投資信託の基礎 特徴や種類、必要な諸費用等 執筆: 大川 正吾 - 2014年07月28日

 皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から...

加速する市場リスク、安全性と安定性を高める2つのブルー・チップ(優良株)ETF

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する