いちご株式会社 (2337)

東京
295.0
-4.0(-1.34%)
  • 出来高:
    1,331,500
  • 売値/買値:
    294.0/295.0
  • 日中安値/高値:
    292.0 - 300.0
決算発表は15日後の予定です

いちごは四半期の決算を日後に発表します。トレーダーはこれを考慮に入れるべきです。株価はこの期間近辺で変動することがよくあるからです。

2337 概要

前日終値
299
日中安値/高値
292-300
売上
44.26B
始値
299
52週高値/安値
243-377
1株当たり利益
13.81
出来高
1,331,500
時価総額
136.37B
配当
7.00
(2.37%)
平均出来高 (3か月)
994,144
PER (株価収益率)
22.51
ベータ
0.95
1年の変動
-18.9%
発行済株式
462,270,718
次の決算日
2022年10月12日
いちごの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

いちご株式会社 ニュース

いちご株式会社 企業情報

いちご株式会社 企業情報

セクター
不動産
従業員数
389
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3120010008

いちごグループはオフィス、ホテル、商業施設等不動産以外に、太陽光発電所の開発と運営を全国で行う。【事業内容】同社は主として4つの事業セグメントを運営する。アセット・マネジメントセグメントは、投資対象不動産の発掘(ソーシング)、資金調達、運用期間中の運営、プロパティマネジメント、ファシリティマネジメント、保有不動産の売却による利益実現、物件調達支援等の不動産サービスに至るまでの事業を展開する。心築セグメントは、不動産の保有期間中の賃料収入を享受しつつ、いちごの不動産技術、ノウハウを最大限に活かすことで資産価値の向上を図り、不動産の価値向上が完了後、売却益の獲得等による高い収益を実現する。クリーンエネルギーセグメントは、不動産の新たな有効活用、または日本のエネルギー自給率向上への太陽光発電を主軸とした事業を展開する。その他のセグメントは、同社が保有する営業投資有価証券の売却、配当、並びに他の金融関連事業に関与する。

詳細を読む

アナリストの価格ターゲット

平均345.0 (+16.95% 上昇余地)
高値430
安値270
価格295
分析の数4
強い売り
売り
中立
買い
強い買い
中立
アナリスト12か月価格ターゲット

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均買い中立売り強い売り強い売り
テクニカル指標強い買い強い買い強い売り強い売り売り
サマリー強い買い買い強い売り強い売り強い売り