株式会社協和エクシオ (1951)

東京
2,091.0
-40.0(-1.88%)
  • 出来高:
    399,900
  • 売値/買値:
    2,091.0/2,095.0
  • 日中安値/高値:
    2,091.0 - 2,131.0
高配当利回り

配当利回りは株主に投資額に対して配当を1年にいくら支払うかを示しています。これは投資家が株式のキャピタルゲインを除いていくら稼ぐのかを示します。

1951 概要

前日終値
2,131
日中安値/高値
2,091-2,131
売上
595.47B
始値
2,125
52週高値/安値
2,034-2,733
1株当たり利益
227.65
出来高
399,900
時価総額
228.31B
配当
103.00
(4.93%)
平均出来高 (3か月)
364,703
PER (株価収益率)
9.60
ベータ
0.683
1年の変動
-23.94%
発行済株式
109,189,112
次の決算日
2023年2月08日
協和エクシオの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社協和エクシオ ニュース

株式会社協和エクシオ 企業情報

株式会社協和エクシオ 企業情報

セクター
製造業
従業員数
14374
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3254200003

エクシオグループ(旧名:協和エクシオ)は、主にエンジニアリングソリューション事業及びシステムソリューション事業を行う。【事業内容】協和エクシオグループ、シーキューブグループ、西部電気工業グループ、日本電通グループの4つの事業セグメントで構成される。各セグメントにおける企業グループは、それぞれの施工エリアを中心に、通信キャリア向け設備及び都市インフラの構築、ネットワークインテグレーション、システムインテグレーションを主な事業として行う。エンジニアリングソリューション事業は通信インフラ設備の構築・保守を行う通信キャリア、及び自治体、官公庁、鉄道会社、民間企業等向けの各種通信インフラ設備の構築・保守等を行う都市インフラを含む。システムソリューション事業は通信キャリアと金融業、製造業をはじめとする各種企業向けのシステム構築、システムインテグレーションの提供等を行う。また、プラント、空調、給排水衛生などの管工事も行う。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り
テクニカル指標強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り
サマリー強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り