株式会社シャノン (3976)

東京
1,130.0
-9.0(-0.79%)
  • 出来高:
    3,800
  • 売値/買値:
    1,124.0/1,130.0
  • 日中安値/高値:
    1,124.0 - 1,149.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3359750001

3976 概要

前日終値
1,139
日中安値/高値
1,124-1,149
売上
1.96B
始値
1,133
52週高値/安値
1,050-3,440
1株当たり利益
37.34
出来高
3,800
時価総額
3.34B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
25,825
PER (株価収益率)
30.50
ベータ
2.69
1年の変動
-49.52%
発行済株式
2,928,546
次の決算日
-
株式会社シャノンの相場を予想しよう!
または
投票してコミュニティの結果を見ましょう。

株式会社シャノン ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り売り売り売り売り
テクニカル指標強い売り強い売り強い売り強い買い買い
サマリー強い売り強い売り強い売り中立中立

株式会社シャノン 企業情報

株式会社シャノン 企業情報

シャノングループは、ミッションとして「テクノロジーとサイエンスにもとづくマーケティングによって、顧客の市場拡大化と利益最大化を実現し、企業のより創造的な活動に貢献します」を掲げ、またビジョンとしては「企業のマーケティング課題を解決するマーケティングクラウドのリーディングカンパニーとなり、顧客から最も信頼される企業」を目指して事業運営を行う。【事業内容】同社グループは、クラウド製品である統合型マーケティング支援サービス『シャノンマーケティングプラットフォーム』の開発・販売及び関連するマーケティングコンサルティングサービスの提供を行う。また、連結子会社である想能信息科技(上海)では、『シャノンマーケティングプラットフォーム』の開発の一部を行う。同社グループの事業は、「シャノンマーケティングプラットフォーム」による「マーケティングプラットフォーム事業」の単一セグメントとして、同該事業は、「マーケティングオートメーション」、「イベントマーケティング」の2つのサービスから構成される。マーケティングオートメーションサービスでは、主に企業間取引(BtoB)企業に対して、『シャノンマーケティングプラットフォーム』のクラウドでの提供を軸に顧客企業のマーケティング業務の効率化・自動化等の支援、同サービス利用顧客企業のマーケティング戦略の立案・支援、メール・Webサイト等のマーケティングコンテンツの作成、効果分析、運用代行等のコンサルティングサービスを提供する。同サービスの中心となる『シャノンマーケティングプラットフォーム』は、クラウド上で豊富な業務支援機能を搭載し、オンライン・オフラインを問わず多岐にわたるマーケティング施策の運用効率化から、マーケティングデータの取得管理・活用、マーケティングの見える化までワンストップで実現する。イベントマーケティングサービスでは、多くの出展企業を集めた大規模なイベントや展示会、企業によるプライベートショーにおいて、「シャノンマーケティングプラットフォーム」を使った申込受付管理やバーコード・キューアール(QR)コード来場者認証、アフターフォローのメール運用等をワンストップで効率的に実現するクラウドサービスの提供に加えて、iPadでのアンケート、イベント用モバイルアプリ等、各種デジタルデバイスを活用したイベント・展示会等の開催・運営支援を行う。同サービスの対象顧客は、展示会主催者、中・大規模のプライベートショーを主催する企業、プライベートショー・イベント・展示会のプロデュースを行う広告代理店になる。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。