プレミアムデータをご提供:最大 50% 引きでInvestingPro特別セールを請求する

底堅い消費者心理がFRBに難題を突きつける

編集者Brando Bricchi
発行済 2024-05-30 04:39
© Reuters.
USD/JPY
-
NDX
-
US500
-
NVDA
-
US10YT=X
-

火曜の世界市場は、ストイックな米消費者心理と、エヌビディアを中心とするハイテク株の急騰により、連邦準備制度理事会(FRB)にとって複雑な状況を呈し、激震に見舞われた。指標となる10年物国債利回りは5月3日以来の高水準に達し、市場のボラティリティを示すVIXも約4週間ぶりの高水準に上昇した。2970億ドルという大幅な国債・短期証券の売却が投資家から低評価を受けたことを受け、ドルは特に人民元とユーロに対して強含みとなった。

コンファレンス・ボードが発表した5月の消費者信頼感指数は予想外の上昇を示し、米国の家計が依然として底堅いことを示している。景気後退の可能性を懸念する声もあったが、失業率が26ヵ月連続で4%を下回っている好調な雇用市場と、好調な株式市場が楽観的な見方を後押しした。今回の調査では、今後1年間の株価上昇に対する純期待が2018年以降で最も高いことが示され、これが個人金融の認識や支出意向に影響を与えている可能性がある。

この楽観論はシカゴ連銀の全国金融情勢指数にも反映されており、FRBが2022年3月に政策引き締めを開始する数ヵ月前の2021年後半以降で最も緩和している。S&P500種株価指数は、FRBが引き締め策を開始する前の水準を約10%上回り、先物は水曜日の市場オープンを前にやや戻している。

ハイテク株はこの上昇の最前線にあり、エヌビディアの株価は火曜日にさらに6%上昇し、ナスダックを初めて17,000の大台に乗せた。エヌビディアの時価総額は2兆8000億ドルに迫り、アップルの評価額に迫る勢いだ。

連邦準備制度理事会(FRB)は現在、堅調な株式市場が信用市場の引き締め努力を打ち消しているのではないかという疑問に直面している。株価上昇によって消費者がより豊かになったと感じている可能性がある中、FRBが目標とするインフレ率2%への抑制という課題は、特にOPEC総会を控えた原油価格の上昇によって、より難しくなっている。

国際的にもインフレ懸念は存在し、オーストラリアでは4月の消費者物価が3.6%と5ヵ月ぶりの高水準に上昇した。一方、欧州中央銀行は、ドイツのインフレ率が5月に上昇したものの、月次金利はほぼ横ばいで推移していることから、早ければ6月にも利下げに踏み切ると予想されている。

アジアでは、日本が利上げの可能性を示唆し円相場を下支えしたが、中国人民元と株価は伸び悩んだ。国際通貨基金(IMF)は、中国経済の今年の成長率を5%と予測し、北京の目標と一致させたが、今後の成長は鈍化すると予想した。

南アフリカでは水曜日から選挙が始まり、アフリカ民族会議が30年ぶりに過半数を失う可能性が出ている。

企業関連ニュースでは、BHPがアングロ・アメリカンに対する490億ドルの買収提案の正式提示期限延長を求めた。コノコフィリップスは150億ドルの時価総額を上回る可能性のある取引でマラソン・オイルの買収を協議中であり、ヘスの株主はシェブロンとの530億ドルの巨額合併を承認した。

今後の米国市場は、ダラス連銀のサービス業景況調査とリッチモンド連銀の5月企業景況調査に注目する。米連邦準備制度理事会(FRB)はベージュブック(経済状況報告書)を公表する予定で、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁とアトランタ連銀のボスティック総裁による講演も予定されている。また、米国財務省は7年債と2年物変動利付債を販売する。また、セールスフォース、HP、アジレント・テクノロジーズの企業決算報告も市場の方向性を示すと予想される。

この記事はロイターの寄稿によるものです。

この記事は一部自動翻訳機を活用して翻訳されております。詳細は利用規約をご参照ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます