最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

東京外為市場・正午=ドル89円後半、期末は波乱なく通過

外国為替2009年10月01日 12:48
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

       ドル/円   ユーロ/ドル  ユーロ/円

正午現在   89.84/86  1.4636/37  131.49/54

午前9時現在 89.89/95  1.4652/56  131.70/79

NY17時現在 89.71/75  1.4632/37  131.25/35

--------------------------------------------------------------------------------

 [東京 1日 ロイター] 正午現在のドル/円は、ニューヨーク市場の午後5時時点

とほぼ変わらずの89円後半。日本の中間期末・海外の四半期末を波乱なく通過したこと

で、この日のアジア時間は鈍い値動きが続いた。市場では、新四半期入り後の実需・投資

家動向に関心を寄せる声が上がっている。

 アジア時間の主要通貨は一進一退。下期入り初の仲値公示では、一部輸出企業が断続的

な売りに動いたものの、目立ったドルの過不足はなかったという。ドル/円は89円後半、

ユーロは1.46ドル台の狭いレンジ内を上下するにとどまった。

 新四半期入り後の需給に関心が集まる市場では、緩やかなピッチながら着実に進むドル

安/円高を受けて「戻りがあると読んでいた輸出企業の売り遅れが目立っている」(都銀)

との声が多数上がっている。輸出企業が実勢に合わせてドル売り水準を切り下げてくれば、

ドル/円の上値の重さがさらに目立つようになるためだが、景気の伸び悩みが続く中

「売上見通しも不透明な状況で、(為替の手当てに)積極姿勢になりづらいのでは」(邦

銀)との見方もあった。

 オセアニア市場の取引では、豪ドル/米ドルが一時0.8860ドルまで上昇。

海外市場の高値を小幅に上抜け、昨年8月下旬以来1年1カ月ぶり高値を更新した。

 日本時間午前10時前に中国物流購買連合会が発表した9月の購買担当者指数(PMI)

は54.3と前月の54.0を小幅に上回った。景気判断の分かれ目となる50を上回る

のは7カ月連続。ほぼ事前予想通りだったとして目立った反応はなかったものの、豪ドル

は資源高などによる景気下支えで利上げ期待が強まっており、前日海外の豪ドル上昇/

米ドル下落も、グローバル投資家がポートフォリオの持ち高調整に伴って米ドルから

豪ドルへ資金をシフトさせたのではないかとの見方が出ている。

 <スイスフランは急落後切り返す、ドルの重さ再確認との見方>

 前日海外の取引ではスイスフランが急落。日本時間午後9時過ぎから1時間程度の間に、

ユーロ/スイスフランが1.50スイスフラン後半から1.52スイスフラン

半ばへ160ポイント程度、ドル/スイスフランも1.02スイスフラン後半

から1.04スイスフラン半ばへ160ポイント程度大きく上昇。スイスフラン/円

も87円前半から85円後半へ下落した。

 市場では、スイス国立銀行(中央銀行)がスイスフランの押し下げ介入を実施したとの

声が複数出ている。スイス中銀のNicolas Haymoz報道官は30日、「それについてはコメ

ントすることがない」と介入観測に発言を控えたが、これまでにも中銀は特に対ユーロで

のスイスフラン上昇に強い懸念を示し続けており、市場では介入が実施された可能性が濃

厚との見方が大勢だ。

 しかし、ドル/スイスフランは海外時間終盤にかけて1.03スイスフラン半ばへじり

じりと反落。急伸した際の上げ幅の半分程度下落したことで、市場では「最初は驚きだっ

た介入も効果が次第に低下してきたようだ。やはり、ドル安が進む中でスイスフランだけ

を止めるのは無理な話。ドル全般の上値が重いことも再確認できた」(外銀)とする声が

出ている。

 <南アフリカランドが軟調、携帯電話大手の統合交渉が破談>

 前日海外市場の取引で、南アフリカランドが下落。ドル/南アランド

7.37ランド前半から7.62ランド前半まで上昇し、アジア時間も7.52ランド付

近で底堅い動きが続いた。

 海外市場では、インドの携帯電話最大手のバーティ・エアテルと南アフリカ

の同業最大手MTNが行っていた統合交渉が期限の30日に破談となったことが

ランド売りのきっかけになったとの声が出ている。統合が実現すれば世界3位の携帯電話

会社が発足するとあって「事前に(統合の)期待感で南アランドを買う動きがあっただけ

に、(破談で)失望感が強まるとの見方」(外銀)から南アランドが売られたという。ド

ル/南アランドはドル全般安の流れと相まって前月17日、7.29ランド前半と1年ぶ

り安値を更新していた。 南アランド/円は11円後半のもみあい。

 (ロイター日本語ニュース 基太村真司記者)

(shinji.kitamura@thomsonreuters.com;03―6441―1791;ロイターメッ

セージング:shinji.kitamura.reuters.com@reuters.net)

 全スポットレート(ロイターデータ)

 アジアスポットレート(同)

 欧州スポットレート(同)

 クロス円レート(同)

 クロス円の時系列レート(同)

 通貨オプション

 スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

 スポットレート(RTFX)

 スポットレート(日銀公表)

 為替関連ニュース [FRX]

 外為市場リポート[JPY/J]

 外為マーケットアイ[JPY/JU]

 焦点・アングル・特集 [FRX-FES]

 クロスマーケットアイ[.JPCM]

 主要国の経済指標発表予定と予想一覧<0#JECON>

 主要国の政策金利一覧・中銀関連情報[BOX-CEN]

 きょうの予定[MI/DIARY][JPY/DIARY]

 速報ニュース[AA][AA-RS]

 財政・金融政策の当局者発言ニュース[RSS-PLCY]

 規制・監督関連ニュース[RSS-REGS]

 ファンド関連ニュース[RSS-FUND]

 欧州市場サマリー[NNJ/EU]

 NY市場サマリー[NNJ/NY]

 世界の主要株価指数

 外国為替・マネー総合メニュー

東京外為市場・正午=ドル89円後半、期末は波乱なく通過
 

関連記事

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する