🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

個人投資家・有限亭玉介:注目テーマ株を一挙公開!好業績への期待に光る銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】

発行済 2023-07-08 10:00
更新済 2023-07-08 10:15
© Reuters.
9101
-
9104
-
5949
-
6140
-
1514
-
5970
-
9763
-
7018
-
8046
-
8104
-
3491
-
2978
-
2980
-
2998
-
7794
-
*10:00JST 個人投資家・有限亭玉介:注目テーマ株を一挙公開!好業績への期待に光る銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】 以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。
フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。


-----------

※2023年7月3日10時に執筆

日本株が好調の理由にはマクロ経済などの外部環境の激変が挙げられますが、アフターコロナで業績改善への期待が高まっているとの見方もあります。
どのような業界が業績拡大していく可能性があるのか…細かく精査していきたいですな。


改めまして株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。


いくら日本株が強いと言っても、日経平均が大きく調整すると不安がよぎりますな。
その為にも自分が自信を持って投資した銘柄の将来性や業績、物色されやすいテーマか否かなど多角的に検討して参りましょう。


米FRBパウエル議長は年内に2回の利上げをする可能性を示唆していますので、その先は見据えておきたいもんですな。
米国が利上げをすれば、ハイテク株が売られて低PBRを含むバリュー株が買われるというパターンを、あたくし達は幾たびも経験してきました。
ただ今後は日本のインフレ率が急伸すれば、日銀の植田総裁も利上げを匂わすかもしれませんねぇ。


6月29日、米商務省が発表した米国の1-3月(第1四半期)の実質GDPは、年率換算で前期比2%増加という結果になりました。
大幅に上方修正された事からも、予想以上に米国経済の復調が進んでいるようです。
この結果を受けて、7月25日・26日のFOMCでパウエル議長がどのような発言をするのかしっかり注視する必要がありますねぇ。


米国の景気の先行きがつい先日まで懸念されていましたが、景気回復のリバウンドは予想以上に早いかもしれません。
個人投資家としてはニュース速報に一喜一憂せず、外部環境に左右されないテーマ株で乗り切るのも手です。
その際には、こんな銘柄を狙ってみるのはどうでしょうか…とばかりに、今回は直近でブログやLINEで取り上げた銘柄を、テーマ別にまとめてご紹介致します。


まずは成長セクターとして矢野経済研究所が市場拡大を予想している不動産テック関連をチェックですな。
資産運用プラットフォーム事業のクリアル (TYO:2998)、中古リノベーション住宅サイト「カウカモ」を運営するツクルバ (TYO:2978)、不動産投資ポータルサービス「リノシー」を運営するGA TECH (TYO:3491)、不動産関連のAIクラウドを幅広く提供するSREホールディングス (TYO:2980)など、金利や不動産市況と併せて注視したいです。


製造業からはトヨタ・デンソーの合弁会社であるミライズテクノロジーズの報道で、究極の技術として期待されるダイヤモンド半導体関連も物色されていましたね。
ダイヤモンド工具大手の旭ダイヤモンド工業 (TYO:6140)、井村俊哉氏が大量保有している石炭大手で人工ダイヤにも思惑がある住石HD (TYO:1514)、研究用ダイヤモンド基盤を手掛けるイーディーピー (TYO:7794)などダイヤモンド半導体が実用化されれば、需要拡大する可能性もありますねぇ。


バリュー株物色となれば、東証の働きかけを狙って低PBR関連を見逃すわけにはいきませんな。
自動車部材関連として自動車用プレス部品最大手のユニプレス (TYO:5949)や、自動車骨格部品メーカーであるジーテクト (TYO:5970)を注視したいですねぇ。
そして建設資材関連からは建設仮設材リース大手の丸紅建材リース (TYO:9763)や北海道地盤の建設資材商社であるクワザワHD (TYO:8104)、建設仮設材の販売・リースを手掛ける丸藤シートパイル (TYO:8046)などもチャートはしっかり上昇トレンドに入っています。


さらに海運株も低PBRに加えて、鉄鉱石や石炭、穀物などの乾貨物(ドライカーゴ)を運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック指数の底入れで買われているようですな。
コロナ禍で目覚ましい上昇をした後、現在も高値圏である商船三井 (TYO:9104)と日本郵船 (TYO:9101)、75日線上で下値を切り上げている内海造船 (TYO:7018)も人気化している模様。
3社ともPBR1倍割れ銘柄で、まだまだバリュー株として投資家の思惑買いを誘っております。
7月末から8月に発表される決算も注視しております。


さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。
お暇があれば覗いてみてやってください。
愛猫「アル」と共にお待ち申し上げております。


----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます