😎 サマーセールだけ - 最大50%引きでAIの力による株式選択をInvestingProで特別セールを請求する

東証グロース市場250指数先物概況:売り優勢も引けにかけて下げ幅縮小

発行済 2024-07-10 16:30
更新済 2024-07-10 16:45
JP225
-
TOPX
-
*16:30JST 東証グロース市場250指数先物概況:売り優勢も引けにかけて下げ幅縮小 7月10日の東証グロース市場250指数先物は前営業日比1pt安の649pt。
なお、高値は654pt、安値は642pt、日中取引高は5143枚。
前日9日の米国市場のダウ平均は続落。

パウエルFRB議長の議会証言を控えて様子見気配が強まり、寄り付き後、まちまち。

議長が証言で最近のデータで経済や労働市場の減速が見られると言及したため警戒感からダウは下落に転じた。
ナスダックはハイテクの買いが継続するなど底堅く推移し、6日連続で過去最高値を更新した。
本日の東証グロース市場250指数先物は、前営業日比2 pt高の652ptからスタートした。
寄り付き直後こそプラス圏で推移したものの、すぐに売り優勢の展開。
主力株の伸び悩みにより短期的な売り圧力が高まったものの、75日移動平均線を下回る場面では押し目買いも入るなど新興市場は方向感の乏しい値動きとなった。
米国でのパウエルFRB議長の下院金融委員会証言への関心が高まる中、日経平均株価とTOPIXが揃って終値ベースで史上最高値を更新したことを確認すると、引けにかけて値を戻し、649ptで取引を終了した。
東証グロ-ス市場の主力株では、トライアル (TYO:141A)やインテグラル (TYO:5842)などが下落した。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます