最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

今週の強気銘柄と弱気銘柄:Tesla、Exxon Mobil

執筆: Investing.com (ジェシー コーエン/Investing.com)株式市場2022年06月26日 22:04
jp.investing.com/analysis/article-200204254
今週の強気銘柄と弱気銘柄:Tesla、Exxon Mobil
執筆: Investing.com (ジェシー コーエン/Investing.com)   |  2022年06月26日 22:04
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

米国株式市場は先週上昇し、ベンチマークであるS&P500は、経済成長鈍化の兆候を背景に、投資家が連邦準備制度理事会(FRB)の積極的な利上げへの見通しを弱めたため、116.01ポイント(3.06%)と2020年5月から最大の1日上昇を記録し、3,911.74で引けた。

また、ダウ工業株30種平均も823.32ポイント上昇し、31,500.68(2.68%増)となり、NASDAQも値上がりがみられた。NASDAQ総合は375.43ポイント上昇し、3.34%増の11,607.62に達し、先週金曜の取引を終えた。

Investing.comのFed Rate Monitor Toolによると、政策金利の先物トレーダーは現在、政策金利が2022年末までに約3.5%に上昇すると予想しており、以前の4%程度に上昇するという予想からは下方修正している。

市場は今年後半のFRBの金融引き締め計画を引き続き注視しているため、今週も波乱含みの展開となることが予想される。

今週発表を控える主要経済指標の中で、最も重要なのは木曜日の個人消費支出データで、FRBの好ましいインフレ指標である個人消費支出物価指数に注目したい。

一方、決算発表を予定する企業は少ないが以下の企業が挙げられる。ナイキ (NYSE:NKE)、マイクロン (NASDAQ:MU)、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス (NASDAQ:WBA)、General Mills (NYSE:GIS)、Constellation Brands (NYSE:STZ)、Bed Bath & Beyond (NASDAQ:BBBY)などだ。

市場の方向性に関わらず、需要がありそうな銘柄と、さらに下降する可能性のある銘柄を以下に紹介する。

ただし、この有効期間はあくまで今後1週間のものであることをお忘れなく。

今週の強気銘柄:Tesla

テスラ (NASDAQ:TSLA) の株価は、第2四半期の売上高を発表を控える中、今後数日間、上昇を続けるだろう。

同社は重要な内容は毎四半期の2日目(週末であっても)に行うが、7月4日が独立記念日で休みであることを勘案すると、金曜日の時点で何らかの発表を行う可能性もある。

アナリストは、テスラが第2四半期に27万3000台を出荷し、前四半期から12%減少すると予想している。これは中国におけるコロナ禍によるシャットダウンで上海工場での生産を阻害されたためだ。

EVのパイオニアである同社は、サプライ・チェーンの問題や世界的な半導体不足に悩まされながらも、第1四半期に約31万台を出荷し、四半期ベースで過去最高を記録した。

さらに、チャート・テクニカルは、テスラ株が重要な水準を回復した後、最近の取引レンジを脱する準備が整ったことを示唆しており、有望視されている。

TSLA株は、最近の暴落の中で5月の安値の上方を維持することに成功し、現在10日および21日移動平均線の上に戻っており、これは通常、近いうちにさらに上昇することを示唆するものだ。

TSLA DMA  チャート
TSLA DMA チャート

TSLAは先週13.3%急騰し、金曜日は737.12ドルで終了した。現在の水準で、テスラの時価総額は763.9億ドルである。 トヨタ自動車(NYSE:TM)、フォルクスワーゲン(OTC:VLKAF)、ダイムラー(OTC:DDAIF)、ゼネラルモーターズ(NYSE:GM)、フォードモーター(NYSE:F、ホンダ(NYSE:HMC)といった有名自動車メーカーの名を上回る世界一価値ある自動車メーカーになっているのだ。

先週の上昇にもかかわらず、テスラ株は年初来で30%下落し、11月4日につけた史上最高値の1,243.49ドルを約41%下回っている。

TSLA 日次チャート
TSLA 日次チャート

今週の弱気銘柄:Exxon Mobil

過去数ヶ月間、エクソン・モービル (NYSE:XOM) の株を何度も強気銘柄として取り上げてきたが、拡大する景気後退懸念の中で、投資家はエネルギー・セクターから逃げ出し始めていることから、厳しい一週間となりそうだ。

原油先物は、4月以来となる2週連続の下落に見舞われ、米国のWTI価格は、金利上昇が世界経済を後退させるのではないかという懸念から、一時1バレル101ドル付近の6週間ぶりの安値に下落した。

2週間前には120ドルを超えていたWTI原油は、小幅な反発をみせ、107ドルで週明けを迎えた。

6月末まであと数日となったが、バイデン大統領が価格引き下げへの取り組みを強化し、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ計画が景気減速を脅かす中、原油先物は11月以来の初めてとなる月次ベースでの下落となる勢いである。

WTI 日次チャート
WTI 日次チャート

6月8日に史上最高値105.57ドルを記録した後、XOM株は急速に下落し、6月23日には5月12日以来の低水準となる83.52ドルに落ち込んだ。金曜日にやや回復したものの、エクソン・モービルの株価は最近のピークから約18%低い86.90ドルで週を終えた。

現在の水準で、テキサス州アービングを拠点とする同社の時価総額はおよそ3661億ドルであり、世界最大の石油・天然ガス企業の1つとなっている。

また、このような状況下でも、エクソン株は年初来で42%上昇し、市場全体のパフォーマンスと比べると抜きんでている。

XOM 日次チャート
XOM 日次チャート

バイデン大統領は以前、米国の石油業界、特にエクソンが現在の供給不足を利用して利益を上げていることを指摘し、今年「神よりも多くの金を稼いだ」と述べた。

***

次の素晴らしいアイデアをみつけることに興味はおありだろうか?Investing Pro+では、135,000以上の銘柄をスクリーニングし、専門的なデータ、ツール、洞察を用いて、世界で最も急成長している銘柄や最も割安な銘柄をみつけるチャンスを秘めている。詳細はこちら

今週の強気銘柄と弱気銘柄:Tesla、Exxon Mobil
 

関連記事

今週の強気銘柄と弱気銘柄:Tesla、Exxon Mobil

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する