最新ニュース
0

8月に暴落した3つの仮想通貨:NEM、イーサリアム、NEO

執筆: Investing.com (ジェシー コーエン)仮想通貨2018年09月05日 11:21
jp.investing.com/analysis/article-200196082
8月に暴落した3つの仮想通貨:NEM、イーサリアム、NEO
執筆: Investing.com (ジェシー コーエン)   |  2018年09月05日 11:21
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

仮想通貨市場はほとんどのメジャーコインが暴落し、8月もそのトレンドは続いた。全体の仮想通貨のマーケットキャップは、8月14日の時点で1910億ドルとなっており、これは去年の11月初旬以来最も低い水準である。最も高かった1月8日のマーケットキャップである8280億ドルと比べると、6000億ドルも少ない。

先月の仮想通貨への売り圧力は、米国証券取引委員会(SEC)がVanEckとSolidXのビットコインETF申請に対して審査可否を持ち越ししたことが挙げられる。買い目線の投資家にとってETFが認可されれば仮想通貨市場が大きくなることが期待されていた。仮想通貨に熱狂的な人は、これから数週間落ち着かないだろう。SECの審査可否は9月30日に発表される。

仮想通貨市場は今年、アジアで最も大きな仮想通貨取引所のひとつである韓国の Bithumbを始めとして、相次ぐ仮想通貨取引所のハッキングにより仮想通貨の価格は一方的に下落していった。特に韓国や中国において、新しい技術である仮想通貨の規制が進んでいる。

7月~8月仮想通貨マーケットキャップ
7月~8月仮想通貨マーケットキャップ

出展:コインマーケットキャップ

8月のビットコインの価格は、月次で10%の下落し7000ドル台で取引されている。ビットコインは、世界的に規制当局の介入や政府の金融政策によって、年初から50%下落している。

ビットコインアメリカドル8月 300分足チャート
ビットコインアメリカドル8月 300分足チャート

ほとんどの通貨はテクニカル的には、200日の移動平均線を超えて下降トレンドに打ち勝つことに失敗している。200日移動平均を考慮すると、まだ売り手が相場をコントロールしているということだろう。

8月の仮想通貨市場を振り返ると、7月の時点では19の仮想通貨がマーケットキャップで10億ドルを超えていたのにもかかわらず、8月では15まで減ってしまった。またこれらの通貨は7月の取引最終日よりすべて下落している。

先月において、最大の下落を記録した主要通貨を下に記した。

8月の3つの負け通貨

1. NEM (XEM/USD): 35.2%の下落 

NEM はピアツーピアの仮想通貨で、ブロックチェーンプラットフォームを2015年3月31日にローンチした。NEMのブロックチェーンはビジネスを念頭に置いて構築され、取引台帳を維持するための合理化を提供するためにつくられた。

8月1日の時点で、1NEMあたり0.16241ドルであり、その後、8月22日に0.09375ドルまで下落した。31日、NEMは0.10529ドルで終値を迎えた。その時点で、NEMは15番目に大きな仮想通貨であり、マーケットキャップは約10億ドルである。

前年比で見ると、NEMは89%下落し、2018年でもっとも下落した通貨の一つだろう。

ネム米ドル300分足チャート
ネム米ドル300分足チャート

8月にNEMはトップ15の通貨と同じような値動きをしている中で、NEMはとりわけ理由がなく下落している。テクニカルの視点から見ると、同通貨は短期的な底だと判断できるだろう。100日間の移動平均線は0.10500の水準であり、NEM価格はその水準よりなんとか上に保っている。

2. イーサリアム(ETH/USD): 34.7%の下落

イーサリアムはブロックチェーン技術をベースとしたオープンソフトウェアプラットフォームだ。開発者はスマートコントラクトを使用する分散型アプリケーションを開発できる。Vitalik Buteirn氏をはじめとして、仮想通貨の研究者やプログラマーによって2013年に考案され、2015年にローンチされた。

イーサリアムの価格は8月はじめ432.17ドルだったが、8月14日に250.80ドルまで下落し、これは2017年の9月17日以来の低水準だ。イーサリアムは281.87ドルで8月を終えた。

一年を通して見てみると、イーサリアムは約61%下落した。2018年は737.77ドルで年を迎え、1月13日に1423.20ドルとなった。現時点で、イーサリアムのマーケットキャップは約297億ドルであり、ビットコインに続き2番目に大きな時価総額である。

イーサリアムドル8月 300分足チャート
イーサリアムドル8月 300分足チャート

8月の下落はイーサリアムを使うICOを行ったスタートアップが法定通貨に換金したことにより拡大したと考えられている。テクニカル的な視点では、8月の最終日、ETH/USDは100日間の移動平均線である285ドルを上抜けした。しかし、売り圧はなくなったことを証明するためには、しばらくの間はこの水準を保つことが必要だろう。

3. NEO (NEO/USD): 32.2%下落

NEOは、「中国版イーサリアム」と言われているブロックチェーンプラットフォームであり、スマートコントラクトを使った開発ができる。8月1日のNEOの価格は29.66ドルであり、月末までに32.2%下落し20.09ドルとなった。仮想通貨は8月14日に過去最低水準である13.80ドルの水準まで下落した。

現在NEOはマーケットキャップは14億円であり、仮想通貨の中で13番目の時価総額である。一年を通して見ると、現在のところ72%の下落であり、2018年の仮想通貨の中で最も暴落した仮想通貨の一つである。

ネオアメリカドル8月 300分足チャート
ネオアメリカドル8月 300分足チャート

他の仮想通貨と同様に、NEOはここ数週間下降トレンドのスパイラルの中にあり、これに特質するべきなファンダメンタルはない。8月の終わりから徐々に回復しているのを考慮すると、NEOは底固めをしているという見方もできる。

テクニカル的な視点からみると、NEOの価格は50日間と100日間の移動平均を上回っている限り、まだ良いといえる位置にある。

8月に下落した他の通貨

上記にあげた3つの仮想通貨以外に、ビットコイン、XRPBitcoin CashEOSStellarLitecoin,、CardanoIOTAMoneroなどマーケットキャップで10位に入るような主要通貨も同様に8月に下落した。

8月に下落した主要仮想通貨一覧表
8月に下落した主要仮想通貨一覧表

8月に暴落した3つの仮想通貨:NEM、イーサリアム、NEO
 

関連記事

8月に暴落した3つの仮想通貨:NEM、イーサリアム、NEO

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する