最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

原油上昇、本当に100ドルまで上がるのだろうか?

執筆: エレン ワルド商品分析2018年09月28日 19:13
jp.investing.com/analysis/article-200196141
原油上昇、本当に100ドルまで上がるのだろうか?
執筆: エレン ワルド   |  2018年09月28日 19:13
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

※この記事は9月27日9時30分(GMT)に投稿されたものです。

ブレント原油は今週はじめ、80ドルを超え大台に乗った。それから82ドルの高値をつけている。

ブレント原油 日足チャート
ブレント原油 日足チャート

一部のアナリストは100ドルになると予想

トランプ米大統領は原油価格の上昇について訴えてきた。しかしながら、石油輸出国機構(OPEC)は原油価格を下げるほどの原油増産は行わない方針だ。

先週日曜日、数ヶ月に一度定期的に行われているOPEC加盟国と非加盟国による共同閣僚監視委員会(JMMC)が開かれ、公式に原油増産を推薦しない方針を固めた。しかし、この声明は本当は増産が行われると解釈できるという。OPEC加盟国/非加盟国は、100%のコンプライアンス(石油供給削減契約)水準をめざしているが、現在は129%の水準であり、過剰削減しているので中には増産する国もあると考えられる。ロシア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦は10月に増産する情報がある。来月市場にさらに原油が供給される見込みはあるが、投資は引き続き原油価格を1バレル80ドル以上に押し上げている。

ブレント原油価格の上昇は、米国のイラン原油制裁によって市場から多くの原油が消えるという見通しから来ている。制裁によって、1日あたり100万~150万バレルが市場から消えると予測されている。イラン原油が市場から消えれば、何かしらの原油供給に対する危機が起こるとすぐに原油供給不足に繋がる恐れがある。

これらの懸念は、今週はじめに行われたシンガポールのエネルギー会議で主要な取引所のアナリストによって議題に上がった。一部のアナリストによると、原油価格は2018年以内に3桁台(100ドル以上)に突入すると言及している。

しかし、これらの予想は一日あたり200万バレルのイラン原油がなくなることや、起こり得る原油危機のシナリオを基になされている。要するに、イラン原油輸出がゼロになる、もしくは、悪材料が立て続けにおこれば原油は1バレルあたり100ドルになるということである。

悪材料として、イランが世界の原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡を閉鎖すると警告しており、もし閉鎖されれば、中東情勢やエネルギー価格に多大な影響がでると考えられる。その他、ベネズエラの原油輸出が1日あたり100万バレルになることや、ハリケーンによるメキシコ湾岸にある米国石油企業への打撃、テロによるリビアやナイジェリアの影響の可能性などがある。

GSは原油の高騰の見通しに対し「NO

Mercuria Energy Group Ltd. やTrafigura Groupなどが2019年前に原油価格が100ドルになるような強気な見通しに対して、 ゴールドマン・サックスは賛同しない。ゴールドマン・サックスは原油価格が高騰する可能性は非常に低いという見通しを立てている。

ゴールドマンが急騰予測を否定しているが、実際に特にアメリカで引き続き原油価格を抑える要因は存在する。

ブレンド原油は80ドルから少し上昇するかもしれないが、一方WTI原油はブレント原油と比べて少なくとも10ドル低く、カナダのWCSはWTI原油より40ドル以下低い。

これらの価格差の主な理由は、北アメリカは交通インフラが整っておらず原油の運輸コストが高くなってしまうため、アメリカとカナダの石油企業はバイヤーにディスカウントをしなければいけないという理由だ。

このような運輸問題は、少なくとも2019年まで北アメリカの原油に影響を与えるだろう。トレーダーは年末にかけて投機的にブレント原油価格を数ドル程度押し上げるだろうが、市場の情勢によってブレント原油が3桁になる可能はとても低いだろう。北アメリカの原油は引き続きさらなるディスカウントをし、市場を引きつけると考えられる。

原油上昇、本当に100ドルまで上がるのだろうか?
 

関連記事

杉田 勝
ここからのWTI原油の値動き   執筆: 杉田 勝 - 2020年07月02日 1

ナイメックスWTI原油の2nd monthつなぎ足にエリオットとタイムサイクル分析を適用して予測します。原油価格は上昇B波のa波が終了してここから調整の下げがしばらく続く形です。い...

エレン ワルド
米国の原油生産量は頭打ちか? 執筆: エレン ワルド - 2019年11月15日

原油価格を予測するにあたって投資家を悩ませているのが、2020年に米国がどれほどの原油を生産するかという問題である。シェール革命以来、米国の原油生産量は毎年増加しており、遂には日量...

原油上昇、本当に100ドルまで上がるのだろうか?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する