最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

今年のダウ上昇を牽引する超大型株4銘柄

執筆: Investing.com (ジェシー コーエン/Investing.com)株式市場2019年07月05日 12:25
jp.investing.com/analysis/article-200197128
今年のダウ上昇を牽引する超大型株4銘柄
執筆: Investing.com (ジェシー コーエン/Investing.com)   |  2019年07月05日 12:25
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

今年のダウ平均株価は激しい展開が続いている。

5月には米中貿易摩擦の激化により世界経済の減速が懸念され、不安定な展開が続いた。しかし、FRBによる利下げ観測が高まり、6月としては1938年以来最高のパフォーマンスとなっている。

DJIA Chart
DJIA Chart

同指数は年初来約15%高となり、以下で紹介するようなトップパフォーマー銘柄が上昇を牽引している。

1. マイクロソフト 年初来34.4%高

マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)株は年初来34.4%高となっており、2019年のダウ構成銘柄の中で最も高いパフォーマンスを上げている。

7月2日の終値は136.58ドルで、6月24日に記録した最高値の138.40ドルに迫っている。同社の時価総額は1兆500億円で世界トップとなっている。

MSFT Chart
MSFT Chart

同社株価の継続的な上昇は、AzureインフラストラクチャやOffice365等に代表されるクラウドサービスの急速な成長に支えられている。

クラウドサービスの売上高は、直近の四半期決算で前年同期比41%増の96億ドルとなっており、中でもAzureサービスの売上高は73%増加している。

「プロジェクトスカーレット」という名を冠したXboxの次世代機も好感されている。

加えて業界をリードしているクラウドサービスの需要拡大を踏まえ、今後も伸びが期待できると言える。

2. Visa 年初来32.8%高

Visa(NYSE:V)は年初来32.8%高となっており、ダウ構成銘柄の内今年2番目に高いパフォーマンスを上げている。

7月2日の終値は175.29ドルとなっており、7月1日に記録した175.29ドルの最高値に迫っている。同社の時価総額は現在3830億8000万ドルで世界第7位となっている。

V Chart
V Chart

米国内外でのクレジットカード使用率が上昇していることを受け同社収益は成長している。

クレジットカードは世界中で約33億人が利用しており、毎日何億件もの決済が行われている。

Visaはそうした決済市場で世界最大の規模を誇り、世界200カ国での運営を行っていることから、同株の上昇トレンドは続くと見られる。

3. アメリカン・エキスプレス 年初来31.2%高

アメリカン・エキスプレス(NYSE:AXP)は年初来31.2%高となっており、ダウ構成銘柄の内今年3番目に高いパフォーマンスを上げている。

7月1日に126.40ドルという最高値を記録した後、7月2日の終値は125.11ドル、時価総額は1044.8億ドルとなっている。

AXP Chart
AXP Chart

同社は個人・法人のEコマースへのシフトにより決済事業において成長を遂げてている。

同社はVisaとは異なりカード発行と共に決済処理も行うため、中間コストを削減できる。そのため、好調なパフォーマンスの維持が期待できる。

4. ディズニー:年初来30%高

ウォルト・ディズニー・カンパニー(NYSE:DIS)は2019年30%高となり、ダウ構成銘柄の中で今年4番目に高いパフォーマンスを上げている。

7月2日の終値は142.55ドルで、6月18日に記録した143.51ドルとの最高値に迫る勢いとなっている。時価総額は2565.5億ドルで、世界第15位となっている。

DIS Chart
DIS Chart

動画配信サービス「ディズニー・プラス」の発表が好感され、同株は大幅高となった。

ディズニー映画・番組を始めとして、ピクサー、マーベル、スターウォーズなどのコンテンツへのアクセスが可能になるこのサービスは、月額6.99ドルで11月に開始する予定だ。

同社は2024年末までに6000万から9000万のユーザーを獲得できると見込んでおり、業界リーダーのネットフリックス(NASDAQ:NFLX)にとって脅威となっている。

米国映画市場における興行収入も株価上昇の要因となっており、アベンジャーシリーズ最新作の「アベンジャーズ/エンドゲーム」は2019年最大の興行収入を誇っている。

第2位、第3位もディズニー映画となっており、それぞれ「キャプテン・マーベル」とリメイク版の「アラジン」という結果になっている。これらすべてを踏まえ、同社はエンターテイメント業界で安定的な地位を維持すると見られる。

今年のダウ上昇を牽引する超大型株4銘柄
 

関連記事

Yosuke Shimizu
先物・オプション戦略週報 執筆: Yosuke Shimizu - 2021年06月21日

先物・オプション戦略週報☆ 日本株式市場 先週の日本市場は買われすぎ銘柄の修正安一服や景気敏感株が買われて上値を試す動きも見られたのだが、週末にかけては手仕舞い売りに押され冴えない...

今年のダウ上昇を牽引する超大型株4銘柄

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する