最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

不況時に買うべき高配当2銘柄

執筆: ハリス アンワル/Investing.com株式市場2019年08月16日 19:08
jp.investing.com/analysis/article-200197381
不況時に買うべき高配当2銘柄
執筆: ハリス アンワル/Investing.com   |  2019年08月16日 19:08
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

不況が訪れ、株価が下落し始めた際、多くの人は保有している株式を売却しようとする。

14日の米国株式市場は大幅に下落した。S&P500は約3%安、ダウ平均株価は800ポイント安となった。

株価が下落した主な理由は、米10年国債利回りと2年国債利回りが逆転したことであった。

通常、「逆イールド」は景気後退の先行指標として考えられている。投資家にとっての最大の懸念は、不況なのだ。

しかし、不況が到来した場合、全てのセクターが下落するわけではない。投資家は不況からポートフォリオを守ることができるのだ。

来たるべき景気後退に備えて、以下の高配当な2銘柄がお勧めである。

1.デューク・エナジー

景気後退時においても消費者はガスや電気を必要とするため、公益事業セクターは安定性が高いと言える。また、公益事業セクターの企業は安定的にキャッシュを生み出しており、高配当であることも特徴的である。

DUK Weekly 2017-2019
DUK Weekly 2017-2019

その中でも特に、高い配当利回りや多角化された事業を有する、デューク・エナジー(NYSE:DUK)がお勧めである。

同社はインフレ率を上回る配当成長率を達成するために、2022年までに370億ドルの開発計画を立てている。電力やガスなどの多角化された事業を通じて、4%から6%の年間配当成長率を達成する予定だ。

過去12ヶ月で約10%高となっている同株は、配当利回りが4.24%となっている。四半期配当は1株当たり0.945ドルとなっている。

低金利環境において、この配当利回りは非常に魅力的である。

2.プロクター&ギャンブル(P&G)

景気後退時においても消費者は洗剤や歯磨き粉などの消費財を必要とするため、消費財セクターもまた安定性が高いと言える。

PG Weekly 2017-2019
PG Weekly 2017-2019

市場のボラティリティが高い中で安定的な配当収入を望む場合、P&G(NYSE:PG)は非常にお勧めだ。

過去12ヶ月間で同株は44%高となっている。また、同社の予想PERは5年ぶりの高水準となっている。しかし、同社の成長モメンタムを考慮すると、更に株価は上昇することが予想される。

7月の決算発表では、既存事業売上高が約10年以来で最高の水準となった。M&Aや為替の影響を排除した既存事業売上高は7%増となり、目標の4%増を上回った。

同社の配当利回りは2.58%となっており、四半期配当は0.745ドルとなっている。

総括

不況時には、間違いなく株式への投資を控えるべきである。しかし、長期的な視点に立てば、不況は安定的な高配当銘柄を購入する最適なエントリーポイントである。その際は、公益事業や消費財セクターがお勧めである。

不況時に買うべき高配当2銘柄
 

関連記事

不況時に買うべき高配当2銘柄

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する