最新ニュース
40%引きでご購読 0
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください 40%割引で開始

エクソンモービル対シェブロン、貿易戦争下ではどちらが良い?

執筆: ハリス アンワル株式市場2019年08月21日 19:28
jp.investing.com/analysis/article-200197410
エクソンモービル対シェブロン、貿易戦争下ではどちらが良い?
執筆: ハリス アンワル   |  2019年08月21日 19:28
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
 
CVX
+0.54%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
XOM
+1.21%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
OXY
+1.22%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
XOP
+1.36%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

ボラティリティの高い原油市場に伴って、石油メジャーの株価も激しいボラティリティに晒されている。エクソン・モービル (NYSE:XOM)は4月末までに22%高となった後、下落に転じている。シェブロン (NYSE:CVX)も同様の値動きを見せている。

現在の米中貿易戦争を受けて、原油需要は鈍化し、原油市場は下押しされている。

この弱い需要見通しの中、SPDR S&P石油・ガス探鉱生産ETF (NYSE:XOP)は過去10年間で最低水準まで値を下げている。進展の遅い通商協議やそれに伴う不確実性を考慮すると、同ETFがすぐに回復するとは考えにくい。その一方で、貿易戦争における勝者の原油メジャーを見極めるのに最適なタイミングであると考えられる。

巨大なバランスシートや多角化した事業を有する石油メジャーは、貿易戦争において小規模な同業他社をアウトパフォームするはずである。以下ではスーパーメジャーであるエクソンモービルとシェブロンに焦点を当てる。

1.エクソンモービル

米国のスーパーメジャーの中で、エクソンモービルは最も投資家からの人気がない。同株は過去5年間での短期・長期的な上昇局面において競合をアンダーパフォームしていた。同社の純利益は他社と比べて変動が激しい。第1四半期には精製事業の不調によって低い利益を記録した。一方、第2四半期は化学部門の利益が前年同期比約80%減となり、足を引っ張っていた。しかし、同社はこのような状況を一時的な問題であるとしている。

エクソンモービル
エクソンモービル

しかし、エクソンモービルもただ静観しているわけではない。同社は長期的な成長戦略を描いている。同社はパーミアン盆地における産油量を5倍に増やし、その他にも世界中で25のプロジェクトを始動させる見込みである。これらの取組みによって、同社の産油量は日量100万バレル以上増加すると予想されている。この計画が全て実現し、原油価格が1バレルあたり約60ドルで推移する場合、同社は2025年までに利益を倍増させられると見ている。同社の四半期配当は0.87ドルであり、配当利回りは4.9%となっている。

2.シェブロン

同社は投資を抑え、既存事業の収益性を高めることを計画している。同社の経営陣によると、2018年から2020年に渡って設備投資を年間180億ドルから200億ドルに抑える予定である。

同社は産油量が2017年から2020年に渡って年間4~7%増になると見ている。実際、第2四半期決算では、強い産油量の増加を示した。

年初来、同株は他のスーパーメジャー5社に対してアウトパフォームしている。同社は、米アナダルコ・ペトロリアム(NYSE:APC)に対する380億ドル(約4兆1800億円)規模の買収計画から撤退し、競合していた米オキシデンタル・ペトロリアム(NYSE:OXY)に敗れた。アナダルコは同社に買収契約に対する10億ドルの違約金を支払い、同社は自社株買いの規模を25%増額した。

シェブロン
シェブロン

シェブロンはパーミアン盆地からの産油量を増加させ、カザフスタンのテンギス油田を拡大させる予定である。しかし、アナリストは同社が2023年以降も成長を続けていけるかどうかについて疑問を呈している。

同社の四半期配当は1.99ドル、配当利回りは3.99%となっている。同社は自社株買いを行う場合、さらに2%の利回りを獲得できる。

総括

エクソンモービルとシェブロンを株価で比較すると、明らかにシェブロンの方が良いと言える。2017年にダレン・ウッズ氏がエクソンモービルのCEOに就任して以来、同株は22%安となっている。一方、シェブロンはほとんど下落していない。

とは言え、この2社は確実な配当収入が望める銘柄である。石油銘柄への投資を考えている長期投資家にとって、この2社は投資する価値がある銘柄である。健全なバランスシートを有する両社は、不況時においても安定的と言えるだろう。

エクソンモービル対シェブロン、貿易戦争下ではどちらが良い?
 

関連記事

エクソンモービル対シェブロン、貿易戦争下ではどちらが良い?

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleアカウントを使用シヨウ
または
メールで登録する