最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

変調の兆しを感じた6月【20年6月振り返り】

執筆: YUTA マーケット・オーバービュー2020年07月01日 12:15
jp.investing.com/analysis/article-200199097
変調の兆しを感じた6月【20年6月振り返り】
執筆: YUTA   |  2020年07月01日 12:15
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

6月上旬までは上昇する株価をのんびりと見ていたのですが、6月の半ばにかけて環境に変化が見られました。

主な環境の変化は2つです。1つ目は「FRBの資産増加の伸びが止まったこと」、2つ目は「アメリカで新型コロナウイルスの感染再拡大の傾向が鮮明になったこと」です。

この2つの変化は重要です。

FRBの資金供給は今まで株価上昇の大きな理由の1つでしたが、今はそれを失いました。また、新型コロナウイルスは4月のピークを超えて再拡大したことで、景気の大きな底はまだ来てない恐れも浮上しました。

これに合わせて、私の投資もほんの少しだけリスクを回避するために一部の株を利益確定させて、普段よりも多めに現金を待機させています。

株価が上昇してくれるなら良し、下落して安く買えるチャンスが来るならそれもまた良しというスタンスです。

この記事のポイント

  • 6月中旬にFRBの資産増加が止まった。2020年3月以降、FRBから大量な資金が供給されて米国株は上昇してきたが、その力は弱まった。
  • 6月中旬から、アメリカで新型コロナウイルスの感染再拡大の傾向が鮮明になった。4月が感染者も景気も最悪期かと思われていたが、感染者は既に4月のピークを超えて上昇を続けている。
  • 感染再拡大とともに景気の最悪期が訪れることも想定して、株の一部を利益確定した。

上昇理由を失いつつある米国株


今まで市場を下支えしていたFRBがしれっと、支援の手を緩めていることは6月の大きな変化だと思います。

FRBが債権や国債などの資産を購入して資金を供給している場合、FRBの資産額は増えていくはずですが、6月中旬からFRBの資産額は減少傾向にあります。

FRB資産額
FRB資産額

以前からFRBや米政府の支援が続く限りは米国株に強気と話をしてきましたが、少し気がかりな変化です。

アメリカでの新型コロナウイルス感染再拡大

そして、もう一つ大きな気がかりな変化がアメリカには起こっていると思っています。

4月後半以降に経済活動を再開した州で、新型コロナウイルスの感染再拡大の兆候が見られます。アメリカ全土での感染者数の推移を見ても、既に4月のピーク時を上回っています。

米感染者数
米感染者数

上のグラフの陽性率(青線)を見ても6月の中旬以降に上昇傾向が見られるので、検査数を増やしたから感染者数が増えたように見えるのではなく、実際に感染者は増えているのだと思います。

今まで4月がアメリカでの感染と景気の最悪期かと思われていましたが、最悪期はまだこれから訪れるのかも知れません。そうなると米経済は少し厄介なことになります。

米国株保有比率を引き下げ


アメリカの新型コロナウイルスの感染再拡大の傾向がはっきりと見えるまでは、私も景気の最悪期は4月だと思っていたので、株に強気な姿勢でいました。

今でも長期的には米国株に強気ですが、新型コロナウイルスの最悪期がこれからアメリカで訪れるなら、今後株価が下げる局面もあると思っています。

6月には全体の資産の5%程度の株を利益確定させて、一時的な下落にも備えました。株の下落は来ないことが一番ですが、来たとしても対処できるように株以外の余裕資金を普段より多めにしています。

また、おそらくFRBは新型コロナウイルスの再拡大で景気が低迷した場合の次の手も準備しているはずで、株が下落してもすぐにFRBの一手で株価が急回復することも考えられます。

また、ワクチン開発で良いニュースがあれば、株価が一気に上昇する可能性もあります。

株の下落がきても、正直あまり安値で買える気はしないので、今月の売却規模はかなり控えめにしています。安値で買えるチャンスが来たら幸運だったと考えることにします。

6月30日時点の保有資産


毎月の振り返りの記事の最後に、月末の保有資産の状況を書き残しておきます。

2020年6月30日時点の資産額は294,925ドルで、3187万円でした。(株は20%、ビットコインは55%分の売却益に対する税金がかかることを考慮して資産額を計算しています。)

20年6月末の資産構成

資産構成
資産構成

2014年からの資産推移額

資産額
資産額

銘柄 シンボル 評価額($)
ビットコイン BTCUSD 90096
iShareゴールドトラスト IAU 51285
ノボノルディスク NVO 34063
米ドル USD 27047
アマゾン AMZN 13672
マイクロソフト MSFT 9298
マクドナルド MCD 7924
マスターカード MA 7644
アルファベット GOOGL 7164
ビザ V 7082
ジョンソン&ジョンソン JNJ 6572
アドビ ADBE 6475
ウォルト・ディズニー DIS 6164
ネットフリックス NFLX 4121
ペイコム PAYC 3126
P&G PG 2911
ウォルマート WMT 2406
リフト LYFT 2296
コカ・コーラ KO 2233
3M MMM 2131
アメリカンエキスプレス AXP 955
ウェルスファーゴ WFC 261
変調の兆しを感じた6月【20年6月振り返り】
 

関連記事

杉田 勝
中国株が暴騰!どうして? 執筆: 杉田 勝 - 2020年07月06日 3

金曜日は雇用統計を受けて東京は0.6~7%の上昇、上海や深セン株、さらに香港株まで急騰 して週を終えました。欧州は1%前後下がって引けています。 上海/深セン株は先週だけで10%以...

変調の兆しを感じた6月【20年6月振り返り】

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する