最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

資金繰り改善のデルタ航空は買いか否か【20年7-9月期決算】

執筆: YUTA 株式市場2020年10月20日 14:14
jp.investing.com/analysis/article-200199966
資金繰り改善のデルタ航空は買いか否か【20年7-9月期決算】
執筆: YUTA   |  2020年10月20日 14:14
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

航空業界は新型コロナウイルスで最も打撃を受けた業界だと思います。

今はどの企業も業績も株価も低迷していますが、いずれ新型コロナウイルスを克服できると信じるなら、今は航空株を安く買えるチャンスなのかもしれません。

この記事ではデルタ航空 (NYSE:DAL)の2020年7-9月期を決算を見て、投資の可能性を探ってみます。

結論から言うと、デルタ航空はコストカットと現金のかき集めに成功してすぐに倒産するリスクがだいぶ減ってきたので、「少額なら保有しても良い銘柄に変わってきたかも知れない」と思い始めました。

しかし、売上がコロナ前に戻るのは2年以上かかるかも知れないとデルタ航空自身が発表しているので、この銘柄はリターンが出るまでかなりの長期戦を強いられる恐れもあります。

この記事のポイント

  • 2020年7-9月期はコスト削減で利益は予想を上回ったものの、収益は予想を下回った。回復の兆しが見えない国際線の低迷が大きく響いた。
  • 7-9月期のデルタ航空の一番の功績は、(1)現金を積み上げたこと、(2)コストカットで現金流出ペースを抑えたこと。この2点で現金枯渇までの寿命を伸ばすことに成功し、倒産するリスクは減ったように見える。
  • 倒産リスクが減ったことで、個人的には保有しても良い銘柄に変わりつつある。しかし、コロナ前の売上に回復するには2年以上かかるかも知れないとデルタ航空が発言している通り、この銘柄への投資は報われるまでに長い時間がかかる恐れがある。

大きな低迷が続くデルタ航空の業績

2020年7-9月期のデルタ航空の業績を見ていきます。

  • 調整後一株利益:マイナス$2.65で、予想を$0.26上回る。
  • 収益:$3.06Bで、予想を$0.06B下回る。(前年比-75.6%)

コストカットを中心に進めた結果、一株利益は予想よりも良い数字が出たようです。

とは言え、コロナのダメージはやはり甚大なようで、売上は前年比でマイナス76%、営業利益はマイナス150%と、目も当てられない悲惨な状況が続いています。

わずかな改善にとどまったデルタ航空の収益
わずかな改善にとどまったデルタ航空の収益

 

営業利益も大きなマイナス成長に沈むデルタ航空
営業利益も大きなマイナス成長に沈むデルタ航空

新型コロナウイルスのダメージを受けたという背景がなければ、この株に手を出そうとは決して思えない業績です。

現金流出のペースは減少

これだけの大きな赤字と売上不振なので、真っ先に心配するのは「この会社は潰れないのか?」という点です。

その観点でデルタ航空の決算をよく見てみると、しばらくは潰れずに持ちこたえられそうです。

(1)前期から手元資金を増やしたこと、(2)さらにコストカットを進めて日々の現金流出ペースを落としたことで、現金が底をつくまでの寿命をかなり伸ばしたように見えます。

現金寿命を伸ばしたデルタ航空

  • (1)手元現金:前期157億ドルから、今期は216億ドルへと現金を積み上げた。
  • (2)現金流出ペース:前期は平均0.43億ドル/日から、今期は0.24億ドル/日へとコスト削減。9月だけみると現金流出ペースは平均0.18億ドル/日にまで改善。

単純計算ですが、9月の現金消費ペースを保てば、手元の現金は$216億 ÷ $0.18ドル/日 = 1,200日分会社を維持できる分を確保できているようです。

収益の回復には2年以上かかる

じゃあ、この銘柄は買いなのかです。

業績で見たようにかなり悲惨な状況には変わりないので、あまりオススメはできませんが、余裕資金があるならコロナからの回復を見込んで少額投資するのもありだと思います。

今回の決算では一番問題だった当面の現金の課題が改善されているので、個人的には買っても良い企業になったと感じています。

しかし、デルタ航空の決算発表資料を見る限り、収益は2年以上もコロナ前の状態には戻らないという悲観的な見方を示していたので、この銘柄の投資は長期戦を覚悟したほうが良さそうです。

デルタ航空の決算資料の抜粋

With a slow and steady build in demand, we are restoring flying to meet our customers’ needs, while staying nimble with our capacity in light of COVID-19. While it may be two years or more until we see a normalized revenue environment, by restoring customer confidence in travel and building customer loyalty now, we are creating the foundation for sustainable future revenue growth.

ゆっくりと着実に需要が高まっているので、新型コロナウイルスの状況に対応しながら、運行を再開させています。収益が正常化するまで2年上かかるかも知れませんが、今はお客様の信頼を取り戻してブランド価値を高めて、将来の持続的な収益成長のための基礎を作っているところです。

旅客収入の売り分けを見てみると、案の定、国内線とラテンアメリカ路線では回復兆しが見られるのですが、その他の路線はまだまだ壊滅的なダメージを負っています。

デルタ航空の売上前年比(路線別)
デルタ航空の売上前年比(路線別)

20Q3 売上 前年比
米国内路線 $1.6B -79%
大西洋路線 $0.13B -94%
ラテンアメリカ $0.10B -86%
太平洋路線 $0.06B -91%

上のグラフをみるに、デルタ航空よりも国内線重視している航空会社(例えば、サウスウエスト航空など)のほうが、わずかに安全な投資先にも見えます。

いずれにしろ、デルタ航空は投資するにしても、余裕資金で少額にとどめたほうが良さそうです。

資金繰り改善のデルタ航空は買いか否か【20年7-9月期決算】
 

関連記事

Yosuke Shimizu
先物・オプション戦略週報 執筆: Yosuke Shimizu - 2021年06月21日

先物・オプション戦略週報☆ 日本株式市場 先週の日本市場は買われすぎ銘柄の修正安一服や景気敏感株が買われて上値を試す動きも見られたのだが、週末にかけては手仕舞い売りに押され冴えない...

資金繰り改善のデルタ航空は買いか否か【20年7-9月期決算】

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する