最新ニュース
Investing Pro 0
💎 すべての市場で隠れている割安株をお示しします 完了

経済の先行き不透明感と景気後退懸念が債券市場を支配

執筆: Investing.com (ダレル デラメイド/Investing.com)債権2022年02月02日 00:18
jp.investing.com/analysis/article-200203363
経済の先行き不透明感と景気後退懸念が債券市場を支配
執筆: Investing.com (ダレル デラメイド/Investing.com)   |  2022年02月02日 00:18
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
 
DE10Y...
+0.92%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
US2YT=X
-0.27%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
US10Y...
-0.16%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
IT10Y...
-0.06%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
DE10I...
+0.59%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
US2US...
+-4.05%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

米連邦準備制度理事会(FRB)が3月に利上げを開始する計画(利上げ幅はおそらく0.5%)により、債券市場のアナリストは窮地に立たされている。

US 2-Year Weekly Chart
US 2-Year Weekly Chart

フェデラル・ファンド・レート(政策金利)の利上げによる影響を最も受けるとみられる米国2年債利回りは、1.2%に向かって上昇しており、1.5%に達すると予想するアナリストもいる。長期ゾーンの利回りが依然として低いままであるため、イールド・カーブがフラット化することを意味する。

このイールドカーブのフラット化は、投資家が長期的な経済成長を懸念していることを示す可能性がある。あるいは投資家はただ混乱し、不安を感じているだけかもしれない。

米国10年債利回り は月曜日に1.78%を上回ったが、インフレを考慮した実質利回りは依然としてマイナスであることを意味する。米国2年債の利回り格差は、60bpsと3ヶ月前の水準から半減している。

10-2 Year Yield Spread Weekly Chart
10-2 Year Yield Spread Weekly Chart

”R”から始まるキーワード

現時点で唯一確かなことは、FRBがパウエル議長の言葉を借りれば、より「謙虚で軽快」になることを決意したため、当分の間、不確実な状態が続くということである。

政策当局が機敏に動く必要があるのは、インフレの行く末が誰にも分からないからだ。インフレは「粘着性」、つまりすぐには収まらず、経済成長と投資家心理の両方を蝕むという懸念が高まっている。

キーワードは”R”から始まる。Recession(景気後退)である。パウエル議長はFRBにはインフレに対抗する手段があると自信満々に主張しているが、投資家はサプライ・チェーンの混乱や労働力不足が物価上昇率を悪化させている状況で、これらの手段が有効かどうか懐疑的である。

FRBが現行の資産購入プログラムを3月に終了させるだけではなく、債券ポートフォリオをスリム化するために、今年後半に導入される満期償還債券の再投資削減も、現在の先行き不透明感を強める要因となっている。FRBの債券購入は米国債市場を下支えし、利回りを抑えてきたのだろうか。誰も確信が持てていない。

労働市場も不透明が強く、アナリストは今週、JOLTS求人ADP雇用週間新規失業保険申請件数、そして1月の雇用統計といった発表を控える大量の経済指標で未来を占うことになるだろう。前例のない状況では過去の実績が将来を予想するのに十分に信頼できる指針を与えないため、経済指標も強弱入り混じったものになる傾向が強い。

ドイツ、イタリアのベンチマークはECBによる将来的な利上げや政治リスクに反応

German 10-year Weekly Chart
German 10-year Weekly Chart

欧州ではドイツの金利指標となるドイツ国債10年債利回りが月曜日にようやくプラス圏に入り、0.01%に達した。物価上昇が続く中、欧州中央銀行による今年の利上げ期待から投資家が債券を売っているためだ。

例外はイタリアで、週末に80歳のセルジオ・マタレラ大統領が引退の計画を撤回し、2期目を受け入れることを決めたため、マリオ・ドラギ首相が政権を担当することになり、イタリア国債の需要が急増している。

イタリア国債の10年債利回りは、取引開始直後に1.28%以下になった後、小幅に低下したが取引終盤に1.365%にまで上昇した。イタリア議員による大統領選投票が不透明な中、ドイツ国債に対するプレミアムは先週の150bpsから約135bpsに縮小した。

経済の先行き不透明感と景気後退懸念が債券市場を支配
 
経済の先行き不透明感と景気後退懸念が債券市場を支配

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleアカウントを使用シヨウ
または
メールで登録する