40%引きでご購読
🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

経済の先行き不透明感と景気後退懸念が債券市場を支配

発行済 2022-02-02 00:18
DE10YT=RR
-
US2YT=X
-
US10YT=X
-
IT10YT=RR
-
DE10IT10=RR
-
US2US10=RR
-

米連邦準備制度理事会(FRB)が3月に利上げを開始する計画(利上げ幅はおそらく0.5%)により、債券市場のアナリストは窮地に立たされている。

US 2-Year Weekly Chart

フェデラル・ファンド・レート(政策金利)の利上げによる影響を最も受けるとみられる米国2年債利回りは、1.2%に向かって上昇しており、1.5%に達すると予想するアナリストもいる。長期ゾーンの利回りが依然として低いままであるため、イールド・カーブがフラット化することを意味する。

このイールドカーブのフラット化は、投資家が長期的な経済成長を懸念していることを示す可能性がある。あるいは投資家はただ混乱し、不安を感じているだけかもしれない。

米国10年債利回り は月曜日に1.78%を上回ったが、インフレを考慮した実質利回りは依然としてマイナスであることを意味する。米国2年債の利回り格差は、60bpsと3ヶ月前の水準から半減している。

10-2 Year Yield Spread Weekly Chart

”R”から始まるキーワード

現時点で唯一確かなことは、FRBがパウエル議長の言葉を借りれば、より「謙虚で軽快」になることを決意したため、当分の間、不確実な状態が続くということである。

政策当局が機敏に動く必要があるのは、インフレの行く末が誰にも分からないからだ。インフレは「粘着性」、つまりすぐには収まらず、経済成長と投資家心理の両方を蝕むという懸念が高まっている。

キーワードは”R”から始まる。Recession(景気後退)である。パウエル議長はFRBにはインフレに対抗する手段があると自信満々に主張しているが、投資家はサプライ・チェーンの混乱や労働力不足が物価上昇率を悪化させている状況で、これらの手段が有効かどうか懐疑的である。

FRBが現行の資産購入プログラムを3月に終了させるだけではなく、債券ポートフォリオをスリム化するために、今年後半に導入される満期償還債券の再投資削減も、現在の先行き不透明感を強める要因となっている。FRBの債券購入は米国債市場を下支えし、利回りを抑えてきたのだろうか。誰も確信が持てていない。

労働市場も不透明が強く、アナリストは今週、JOLTS求人ADP雇用週間新規失業保険申請件数、そして1月の雇用統計といった発表を控える大量の経済指標で未来を占うことになるだろう。前例のない状況では過去の実績が将来を予想するのに十分に信頼できる指針を与えないため、経済指標も強弱入り混じったものになる傾向が強い。

ドイツ、イタリアのベンチマークはECBによる将来的な利上げや政治リスクに反応

German 10-year Weekly Chart

欧州ではドイツの金利指標となるドイツ国債10年債利回りが月曜日にようやくプラス圏に入り、0.01%に達した。物価上昇が続く中、欧州中央銀行による今年の利上げ期待から投資家が債券を売っているためだ。

例外はイタリアで、週末に80歳のセルジオ・マタレラ大統領が引退の計画を撤回し、2期目を受け入れることを決めたため、マリオ・ドラギ首相が政権を担当することになり、イタリア国債の需要が急増している。

イタリア国債の10年債利回りは、取引開始直後に1.28%以下になった後、小幅に低下したが取引終盤に1.365%にまで上昇した。イタリア議員による大統領選投票が不透明な中、ドイツ国債に対するプレミアムは先週の150bpsから約135bpsに縮小した。

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます