😎 サマーセールだけ - 最大50%引きでAIの力による株式選択をInvestingProで特別セールを請求する

バイナンスの成長とともに、取引所は暗号資産以外にもその力を発揮

発行済 2022-02-24 22:23
更新済 2023-07-09 19:31
BTC/USD
-
USDT/USD
-
ETH/USD
-
BNB/USD
-
USDC/USD
-
BUSD/USD
-

この記事はInvesting.comの独占記事

  • バイナンス:暗号資産取引所

  • バイナンス・コイン:暗号資産の4番手

  • バイナンス・ドル:ステーブルコイン

  • バイナンス、Forbesに2億ドル投資

  • メディアおよびテクノロジーの力

Changpeng Zhaoは、取引高で世界最大の暗号資産取引所であるBinance(バイナンス)の創設者だ。CZとして知られる彼は、同社のCEOでもあり、純資産が約1000億ドルの世界で最も裕福な暗号資産起業家でもある。

CZは2017年7月、イニシャル・コイン・オファリングで1500万ドルを調達した後、中国でバイナンスを立ち上げた。しかし、中国の暗号資産に対する規制がだんだんと厳しくなったため、アジアを離れ、同社は現在ケイマン諸島に登録されている。CZは2018年に億万長者となった。

バイナンスとCZは、欧州と米国の規制当局や政府との問題に直面している。2021年5月、ブルームバーグは、暗号資産の交換が米国司法省とIRSによって調査されていると報じた。この調査は、マネー・ロンダリングと脱税の犯罪に関与していると伝えられている。それでも、同社とCZの純資産は膨らみ続けている。

今月初めバイナンスは、ビジネス・投資・テクノロジー・起業・リーダーシップ・ライフスタイルに焦点を当てたグローバル・メディア企業であるForbes(フォーブス)に2億ドルを投資すると発表した。フォーブスは、1917年9月15日に創刊され、1世紀以上の歴史がある。

一見すると、明らかにデジタル通貨に焦点を当てたビジネスを中核とするCZとバイナンスにとって、奇妙な分岐点のように思える。なぜ同社は、暗号資産のポートフォリオと全く関連がないようにみえるメディア・ブランドの買収に乗り出したのだろうか。

バイナンス:暗号資産取引所

Binanceのサイトには、「世界最大の暗号資産取引所」と記載されている。しかし米国の暗号資産ユーザーにはサービスを提供できないとも書かれている。その代わりに、米国の市場参加者を、米国の管理下にある暗号資産取引プラットフォームであるBinance.US(BAM Trading Services)に誘導し、50以上の暗号資産の取引サービスを「低位な手数料」で提供している。

バイナンスは、毎日平均20億ドルの暗号資産を取引し、毎秒140万以上の取引を処理し、24時間体制のカスタマー・サポートを提供している。バイナンス・コイン (BNB)は、バイナンスとそのコミュニティによって開発されたブロックチェーン・ソフトウェア・システムである。

バイナンス・コイン:暗号資産の4番手

BNBは複数の形態を持ち、バイナンスのエコシステムを動かす基礎となる「ガス」として作用している。2月24日現在、BNBは時価総額ベースで4番目に大きな暗号資産だ。1トークンあたり339.09ドルで、BNBの総価値は561億5000万ドル以上となっている。

この記事を書いている時点では、このトークンはランキングで2つの安定コインに挟まれており、Tetherが3位、USD Coinが5位にランクインしている。

純粋な非ステーブルコインの暗号資産だけでみると、BNBはBitcoinEthereumに次いで高い時価総額を誇っている。

BNB/USD チャート

出所:CoinMarketCap

上のチャートをみると、BNBは2017年7月に0.11ドル台で、2020年3月20~21日に678ドルの高値まで上昇したことがわかる。2月24日に339ドル台となったBNBは、過去数ヶ月間、他の資産クラスとともに下落しているが、2017年7月の水準と比較すると、依然として高い成果を上げている。

バイナンス・ドル:ステーブルコイン

Binance USD (BUSD) は、ニューヨーク州金融サービス局から承認された米ドル建てのステーブルコインである。BUSDは、バイナンスとニューヨークの金融・テクノロジー企業であるPaxos Trust Companyが提携している。

Binance USDから米ドル チャート

出所:CoinMarketCap

チャートをみると、BUSDは2019年9月以降、1ドル前後で取引されていることがわかる。2020年3月には一時、対米ドルで高値1.0524ドル、安値97.0セントまで動いたものの、BUSDはTether(USDT)やUSD Coin(USDC)と競合するステーブルコインとして有効な存在であった。しかしUSDTの総時価総額で3位、USDCが5位であるのに対し、BUSDの順位は全暗号資産の中で10位で、2月24日の1トークン0.9997ドルで、時価総額は183億ドルであった。

バイナンス、Forbesに2億ドル投資

バイナンスの暗号資産取引所が高位な収益性をこれまで実現してきたことで、最近フォーブスに2億ドルの投資を行い、同社を「象徴的なビジネス情報ブランド」と呼んで、バイナンスの事業拡大をを可能にした。

この投資は、フォーブスが特別目的買収会社(SPAC)と合併することによって上場することができるように用意された4億ドルの民間投資の一部である。

バイナンスのCEOは、出資の理由を述べる際、直接的な表現で次のように述べた。

「Web3とブロックチェーン技術が前進し、暗号資産市場が成熟するにつれて、我々はメディアが広く顧客の理解と教育を構築するために不可欠な要素であることを知っている。」

この投資は、暗号資産とブロックチェーンを主流にするためのステップとなるかもしれない。

メディアおよびテクノロジーの力

報道は世論や行動を形成するものであり、強力な力を持っている。報道は、過去何世紀にもわたって印刷された新聞から、技術の進歩を経て、現在は無数の形態のメディアへと移行している。100年以上の歴史を持つメディア・ブランドであるフォーブスは、バイナンスにその成長と増幅のためのプラットフォームを提供している。

近年では、他の企業やビジネスリーダーも、確立された報道機関に投資している。2013年、電子商取引大手アマゾンの創業者兼CEOのジェフ・ベゾスは、ワシントン・ポスト紙を買収した。同紙は3年以内にウェブ・トラフィックを倍増させ、黒字化させた。それまで同社は、2008年の世界金融危機の影響で存続するだけでも苦労していたほどだったのに。

報道機関は、政府の管理下であろうと独立系であろうと、常に強力な力を持っている。バイナンスのフォーブスへの投資は、ブロックチェーンと暗号技術またはフィンテックをメディアにもたらす一方で、大手暗号資産取引所に非常に認知度の高い、象徴的ですらある流通チャネルを付与するものとなるだろう。この投資は今後数年にわたり両者に利益をもたらす相乗効果を生み出す可能性がある。

最新のコメント

次の記事を読み込み中です
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます