40%引きでご購読
🚨 市場は下げています。割安株の出番です今すぐ株式を見つける

今週のトピック:株式市場はポジティブなセンチメントを維持するも、引き続きリスクやボラティリティに注意

発行済 2022-04-03 21:23
更新済 2020-09-02 15:05
  • 4月の株式市場は一般的には安定的に推移

  • 直近のヘッドラインに伴う、ボラティリティの上昇は続く見通し

  • ロシア・ウクライナ情勢、FRBの金融政策に注目

過去を振り返ると、季節的には4月は株式市場にとって最良の月であるが、今年は引き続き逆風が強く、市場のボラティリティが高止まりする可能性が高い。

ウクライナ軍はキエフ周辺の全地域を奪還したと発表しているが、それでもなお株式市場は引き続き、ロシア・ウクライナ情勢を注意深く見守ることになるであろう。また、当該2カ国間の紛争によって、原油を含む様々なコモディティ価格は押し上げられており、世界的な供給不足を引き起こしたコロナ禍によるロックダウンの間に始まったインフレに拍車をかけている。

また、欧米で新型インフルエンザの流行が懸念される中、中国最大の都市である上海では、コロナ禍によるロックダウン期間が延長され、流行が拡大しつつある。米国では、パンデミック対策としての景気刺激策を撤廃してきたことのつけが回ってきたようだ。さらに米国史上最も緩和的な政策を終了した後、金融政策はより積極的に引き締める方向に転換し、米連邦準備制度理事会(FRB)は数年ぶりに利上げを行った。これだけでは不十分であるかのように、米国2年債10年債の利回りが逆転する逆イールド状態がみられ、来るべき景気後退の可能性が高まっているという話も出てきている。米国債の長短金利差は縮小し、一時は反転した。

株式市場:2022年第1四半期は下落して終了。第2四半期は上昇してスタート

投資家が重大なリスクを無視しているとしても、事実として米国の主要株価指数は2022年第1四半期に低調なパフォーマンスに転じ、パンデミック開始以来最悪となった。ダウ工業株30種平均は3ヶ月間で4.6%下落し、S&P500は5%値下がりした。

しかし、3月は乱高下しながらも、投資家は株価を上昇させることができた。第二次世界大戦以降、S&P500における4月の平均上昇率は1.7%であり、ウクライナ情勢や米国の金融政策転換が下落圧力となる可能性はあるものの、4月はプラスに転じる可能性があるかもしれない。

SPX 日次チャート

テクニカルな観点からみると、S&P500は過去4四半期にわたって横ばいで推移している。ピークと谷を繰り返す下降トレンドを形成した後、3月のピークは2月のピークを上回った。同時に、50日移動平均線(50DMA)はより長めの移動平均線を下回り、デスクロスを誘発した後、200DMAを上抜けた。

大型株のダウ・ジョーンズのチャートは、この四半期、完全に一方的な状況を示している。

DJIA 日次チャート

S&Pとは対照的に、ダウの山と谷は明らかに下降する形であり、価格は200DMAを下回るようになった。そしてついに、モメンタム・ベースのROC(変化率)が頂点に達した。ROCチャートでこの現象が起こるたびに、価格は下落している。

しかし、この3ヶ月で最も大きな打撃を受けた指数は、ハイテク銘柄の組入が多いNASDAQ 100であり、9.1%下落した。また小型株中心のRussell 2000も約10%下落している。パンデミック時には、NASDAQがアウトパフォームで、Russellは出遅れていた。

パンデミックの第一波が収まった後、この2つの指数は交互に先行と出遅れの役割を果たしてきた。インフレが注目されるようになってからは、両指数は連動して動くようになっている。投資家がコスト上昇を恐れるようになると、ハイテク株は高すぎるバリュエーションから売られ、中小型株はインフレと金利上昇の環境を乗り切るリソースがないため、変化を容易に乗り切れる大企業とは異なり、不利になるとして売り圧力が強まる。

NDX 日次チャート

NDXはSPXと同様、3月のピークが2月のピークを上回った後、方向感を見失っている。しかし、ダウと同様、200DMAを割り込んでいる。NASDAQ100は、前回のピークから20%以上下落し、弱気相場が続いている。

RUT 日次チャート

Russell 2000でも同じような横ばいの動きがみられる。2月24日の安値圏を広げる一方、3月29日のピークは2月10日のそれを上回った。しかし、移動平均の形状は弱気のままであり、200DMAを超えようともせず、100DMAがレジスタンスになっている。NASDAQ100と同様に、Russell2000も弱気相場が続いている。

米国債は、インフレの見通しとFRBの金利上昇への道筋を示すものである。米国10年債利回りは先週2.55%に達し、この四半期を1.51%でスタートしたことを考えると、信じられない上昇スピードである。

米国10年債 4時間チャート

米国10年債利回りは、4時間足チャートでみると、ヘッド・アンド・ショルダー(H&S)トップに従って取引されている。ROCは、下落チャネルの頂点に到達した。同指標がチャネルの底に戻れば、反転パターンの完成に向けた価格フォロースルーのシグナルとなる。

米ドルは、先週末の2日間は上昇したが、週を通してみると下落した。

米ドル 日次チャート

米ドルは3月初めにH&S継続パターンを完成させてレンジに入って以来、週ごとに交互に高値と安値を更新している。現在はまだレンジをフラッグとみなすことができるだろう。

しかしいずれにせよ、次のブレイクアウトの方向が、米ドルの今後のトレンドを決定する。前回のH&Sと上昇トレンド・ラインを考慮すると、ブレイクアウトはより高い方向になると思われる。

は、金曜日にドル高が進行し、下落した。しかし同じ期間にドルが弱含んだにもかかわらず、金は週次ベースでも下落している。また同時期のS&P500は横ばいであり、リスク選好が強かったために安全資産である金が軟調に推移したというわけでもなさそうだ。おそらく、需給要因によるものだろう。

金 日次チャート

金は1年半におよぶシンメトリカル・トライアングルの上辺をブレイクし、インプライド・ターゲットに到達したため、レンジ内での取引となっている。ブレイクした後、フラッグが形成されており、これをH&Sのトップとみることができる。

しかし、指標はこのパターンがシンメトリカル・トライアングルであることを示唆し、上方ブレイクアウトの確率を高めている。モメンタム・ベースのRSIと価格ベースのMACDは共に弱気だ。RSIは下落トレンドの中での山と谷に加え、継続的なH&Sを展開している可能性がある。

ビットコインは2月以来の3週連騰となった。

BTC/USD 日次チャート

ビットコインは、2021年8月から2022年1月にかけてH&Sトップを完成させた後、1月24日の安値以降、上昇レンジで推移している。

このパターンのネックラインは、8月の安値から続く、左肩全体を含む最も長い黒線であると解釈できる。一部の読者からは、ネックラインは右肩の右側と左肩の日中価格(赤線)のみであるべきとのご意見もいただいた。しかし、テクニカル分析は科学であると同時に芸術でもあることを忘れないでほしい。

個人的な経験に基づく主観的な理解に基づいてラインを引いた。もし赤線が正しいネックラインであれば、H&Sトップが疑われる。しかし、ネックラインがよりよく需給を表している場合、価格はレジスタンスを維持したため、H&Sトップはそのまま残っている。一方、当初H&S(青線のネックライン)のボトムと思われたレンジは、現在ではライジング・ウェッジ(黒太線)の可能性が高く、H&Sのトップを補完して、基本的な下落トレンドの中で弱気であるように思われる。

原油は金曜日そして、週を通しても下落した。しかし、この原油は、3月初旬に急騰して以来、レンジ内での取引が続いている。

原油 日次チャート

WTIは、シンメトリカル・トライアングルの中で取引されている。定義によれば、これは買い手と売り手の両方が熱心であることを意味する。従って、ブレイクアウトが発生した場合、どちらの方向にも動きうる。しかし価格は基本的なトレンド、この場合は上昇を再開することが期待される。

最後にこのパターンは10月の高値のレジスタンスを破った後に形成され、その後原油のサポートとなっており、上方ブレイクアウトの見通しを強めている。

今週の予定

すべて米国東部時間で記載

日曜日

21:30: 豪州 – 小売売上高: 1.6%から1.8%への上昇を予想

月曜日

中国市場は清明節のため休場

5:05: 英国 – イングランドのBailey総裁の声明

火曜日

中国および香港市場は清明節のため休場

00:30: 豪州 – 豪州準備銀行 政策金利発表: 0.10%の据え置きを予想

4:30: 英国 – サービス業PMI: 61.0での横ばいを予想

10:00: 米国 – ISM非製造業PMI: 56.5から58.0への上昇を予想

水曜日

4:30: 英国 – 建設業PMI: 59.1から57.3への低下を予想.

10:00: カナダ – Ivey購買部協会指数: 前回は60.6

10:30: 米国 – 原油在庫: 先週は3.449Mの引き出し

14:00: 米国 – FOMC会合 議事要旨公表

木曜日

7:30: ユーロ圏 – 欧州中央銀行理事会議事要旨

8:30: 米国 – 新規失業保険申請件数: 202千件から200千件への低下を予想

金曜日

8:30: カナダ – 新規雇用者数: 336.6千件から80.0千件への低下を予想

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます