最新ニュース
Investing Pro 0
サイバーマンデーセール、最大54%引きでInvestingPro+ 特典の請求

バイオテクノロジー株はリスクが高すぎるか?ボラティリティを安全に回避するETF

執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )ETF2022年04月12日 21:28
jp.investing.com/analysis/article-200203782
バイオテクノロジー株はリスクが高すぎるか?ボラティリティを安全に回避するETF
執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )   |  2022年04月12日 21:28
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
 
SNY
+0.78%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
IDNA
-0.47%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
BBP
-0.11%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
FGEN
-0.93%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
TAK
+1.53%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
OPHLY
-0.23%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

バイオテクノロジー関連銘柄は、ヘルスケア関連の治療法や製品を研究、開発、販売する企業の株のことを指し、通常、その技術は生物、生物学的システム、またはその派生物に使用する。

2021年の市場規模は約8000億ドルで、世界のバイオテクノロジー産業は、ゲノム、医療、医薬品、農業、食品など、さまざまな分野に影響を与えている。今後10年間でバイオテクノロジー市場は倍増すると期待されている。

そのため、市場はそこに注目している。しかし、いくら将来性があるとはいえ、バイオテクノロジー株が「安全な」投資先であることはまずない。開発段階での失敗はよくあることだ。実際、経常的に収益を上げられるほど成功したバイオ企業はほんの一握りである。ほとんどの企業は収益が十分ではない。

また、バイオテクノロジー企業の株価は変動しやすい。例えば、米国食品医薬品局(FDA)による申請の承認という報道があると、数時間で株価は2桁%の跳ね上がりをみせることがある。一方、試験データが満足のいく結果を得られなかった場合、株価は一夜にして大きく下落することもある。

過去12ヶ月では、NASDAQバイオテクノロジー・インデックスは10.4%下落している。一方、S&P500は約6.8%、NASDAQ100は約1%のプラス・リターンとなった。

NASDAQ Biotechnology Index 週次チャート
NASDAQ Biotechnology Index 週次チャート

そのため、逆張り投資家は、このようなバイオテクノロジー株の下落を、このセクターへの買いの好機とみなすことができる。

バイオテクノロジー関連銘柄の一例

InvestingProのサイトでは、さまざまなタイプのバイオテクノロジー銘柄を紹介している(例1例2例3)。まず、時価総額別に事業をみると、大型株ではバイオファーマの重鎮であるAbbott Laboratories (NYSE:ABT)やBristol-Myers Squibb (NYSE:BMY)、がん治療薬に力を入れるSeagen (NASDAQ:SGEN)、イスラエルのTeva Pharmaceutical (NYSE:TEVA)などが挙げられる。

市場の目標株価に注目している読者は、いくつかのバイオテクノロジー銘柄が現在の株価水準から大幅に上昇する可能性があることを知りたいと思うかもしれない。例えば、アボット・ラボラトリーズ、アイルランドに拠点を置くジェネリック医薬品専門のEndo International (NASDAQ:ENDP)、がん専門の検査機関グループのNeoGenomics (NASDAQ:NEO)、がん研究会社のMacroGenics (NASDAQ:MGNX)、イスラエル拠点のTaro Pharmaceutical Industries (NYSE:TARO)が挙げられる。

このセグメントの中で最も割安な銘柄をみると、放射線治療会社のAccuray (NASDAQ:ARAY)、バイオファーマの重鎮 Biogen (NASDAQ:BIIB)、抗がん剤専門のFibroGen (NASDAQ:FGEN)、インドの後発医薬品会社Dr. Reddy’s Laboratories (NYSE:RDY)が名を連ねている。

高成長バイオテクノロジー銘柄の株価は、通常、プレミアムが付く。がん診断会社のExact Sciences (NASDAQ:EXAS)、広く支持されているバイオテクノロジー企業 Regeneron Pharmaceuticals (NASDAQ:REGN)、 生命科学グループの Repligen (NASDAQ:RGEN)、そして臨床段階のバイオ医薬品企業 Xencor (NASDAQ:XNCR)などが魅力的な銘柄といえるだろう。

最後に、パッシブ・インカム投資家は、バイオ医薬品治療開発企業のGilead Sciences (NASDAQ:GILD) が現在4.8%の配当利回りを誇り、ヒト治療薬企業のAmgen (NASDAQ:AMGN)は3.1%の高額配当利回りであることも特筆すべき点だ。

当然ながら、個々のポートフォリオの目的に合ったバイオテクノロジー株を選ぶには、かなりのデューデリジェンスが必要となる。個人投資家は、定期的に取り上げているバイオテクノロジー業界への幅広いエクスポージャーを提供する上場投資信託(ETF)への投資も検討することができるだろう。

以前取り上げたETFには下記のものがある。

  • First Trust NYSE Arca Biotechnology Index Fund (NYSE:FBT)—年初来 6.3%下落

  • SPDR S&P Biotech ETF (NYSE:XBI)—年初来22%下落

  • VanEck Biotech ETF (NASDAQ:BBH)—年初来13.6%下落

  • Virtus LifeSci Biotech Products ETF (NYSE:BBP)—年初来11.3%下落

この記事では、これまでの議論を踏まえ、バイオテクノロジー関連銘柄へのエクスポージャーを求める投資家にとって魅力的な他のETFを紹介しよう。

iShares Genomics Immunology and Healthcare ETF

  • 現在価格:33.76ドル

  • 52週間のレンジ:31.03ドル~55.55ドル

  • 配当利回り:0.90%

  • 経費率:年率0.47%

iShares Genomics Immunology and Healthcare ETF (NYSE:IDNA)は、ゲノミクス、免疫学、バイオエンジニアリングの長期的成長と革新から恩恵を受けると思われるグローバル企業に投資する。これらの銘柄の多くは、重要な研究開発の中心となっている。当ETFは、2019年6月に取引を開始した。

IDNA 週次チャート
IDNA 週次チャート

NYSE FactSet Global Genomics and Immuno Biopharma Indexに連動するIDNAは、現在50銘柄を保有している。ポートフォリオの上位10銘柄は、純資産2億3570万ドルの半分以上を占めている。

このうち約3分の2が米国の企業である。次いで、ドイツ、日本、フランス、デンマーク、スイスの企業となっている。

主な保有銘柄は、 Exelixis (NASDAQ:EXEL)、Sanofi (NASDAQ:SNY)、Regeneron Pharmaceuticals、 Ono Pharmaceutical (OTC:OPHLY)、Takeda Pharmaceutical (NYSE:TAK)である。

同ETFは今年22.9%、過去12カ月で24.2%まで低下している。株価収益率(PER)は15.41倍、株価純資産倍率(PBR)は3.05倍となっている。興味のある読者は、現在のレベルでIDNAのバリエーションは魅力的に映るであろう。

バイオテクノロジー株はリスクが高すぎるか?ボラティリティを安全に回避するETF
 

関連記事

大川 正吾
投資信託の基礎 特徴や種類、必要な諸費用等 執筆: 大川 正吾 - 2014年07月28日

 皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から...

バイオテクノロジー株はリスクが高すぎるか?ボラティリティを安全に回避するETF

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する