最新ニュース
Investing Pro 0
サイバーマンデー期間延長セール、最大60%引きでInvestingPro+ 特典の請求

金が2,000ドル?強気筋が予想する景気後退の恐れ

執筆: Investing.com (バラーニ クリシュナン/Investing.com)商品分析2022年04月19日 18:56
jp.investing.com/analysis/article-200203814
金が2,000ドル?強気筋が予想する景気後退の恐れ
執筆: Investing.com (バラーニ クリシュナン/Investing.com)   |  2022年04月19日 18:56
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
 
XAU/USD
+0.56%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
US500
-1.79%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
DX
-0.16%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
Gold
+0.52%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
TYZ2
+0.25%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 

の強気筋は、わずか2週間で、当初は不利と思われた市場で、堅調なパフォーマンスをあげている。主な原因は、ある一つの言葉に集約される。「不況」である。

この2週間の間に、トレーダーは株式と債券の両方から資金を引き上げている。

また、ウクライナ戦争による地政学的緊張が日増しに高まり、ロシアに対する新たな制裁措置の話も出ている。安全資産に乏しい投資家は突然、貴金属やその他のコモディティを買いあさり、ここ一世代で最大の市場不安から自身を守ろうと躍起になっている。

金スポット 日次チャート
金スポット 日次チャート

すべてのチャートはskcharting.comから取得

その結果、月曜日には金が6週間ぶりに2,000ドルの高値に戻った。

ニューヨークのCOMEX先物6月限は25ドル以上(1.3%)上昇し、1オンス=2,000.55ドルでピークに達し、その後1,986.40ドルで引け、短期的な上昇にとどまった。これは、聖金曜日の祝日前の木曜日の終値から11.50ドル(1.2%)高い水準である。

火曜日のアジアの取引時間では、金先物6月限は前日から反落し、シンガポールの午後2時には1,976.70ドルとほぼ10ドル(0.5%)の下落で取引を終えた。

現状では、金は2020年8月につけたCOMEXの史上最高値2,121.70ドルから約145ドル(7%)離れたところにある。

しかし、月曜日の急騰はいくつかの理由で重要な動きであった。

COMEX金が2,000ドルを超えて取引されたのは、市場全体のリスクを高めたウクライナ侵攻から2週間経った3月11日以来のことだった。

また月曜日の上昇は、米国債のベンチマークである10年債利回りが2.884%とピークに達し、3.050%であった2018年12月以来の水準となったタイミングである。ウクライナ戦争の前は、米国債利回りの急騰は、金にとってネガティブなものであった。しかし、2022年は利回りが上昇しても金の魅力は減退せず、ここ数日はインフレ・景気後退懸念からともに上昇している。

3月に金が2,000ドルを超えてからは、3月29日にCOMEXで1,888.30まで下落するなど、不安定な動きもみせている。

さらに興味深いことに、月曜日の金の上昇は、ドル・インデックスが2020年5月以来初めて100を超えたときに起こったもので、コロナ禍発生初期に他の通貨に対して米ドルが持ち直したときだ。

債券利回りと同様に、ドルは通常、金と逆相関の関係にある。その負の相関が切れたかどうかは今のところすぐには分からず、この2つの今後の推移に注目したい。 

シカゴのBlue Line Futuresの貴金属ストラテジスト、Phillip Streible氏は、「ドルと金の逆相関は確実なものではない」と述べた。

「より重要なのは、投資家がどれだけ事態を懸念しているかであり、現在の焦点は景気後退を避けられるかどうかだ。FRBの積極的な対応が米国経済をリセッションに追い込むのではないかという懸念よりも、インフレが治まるかどうかに注目している。」

Daily FXプラットフォームでブログを書いている金のシニア・ストラテジスト、James Stanley氏も同意見だ。

同氏は、月曜日の市場終了後のコメントで、「弱気筋が1900ドルのレベルを下回ることを利用できなかった後、金の強気筋は過去2週間で戻ってきた」と書いている。

「売り手にチャンスがあり、米国金利の急上昇で金にとって一見不利な状況であったにもかかわらず、金の強気筋は、形成された上昇トライアングルの上辺ブレイクし、1オンスあたり2000ドルの心理レベルを再び試した。」

金スポット 週次チャート
金スポット 週次チャート

FRBがインフレについてますます厳しくなるにつれ、景気後退への懸念が日に日に高まっていることは明らかだ。

例えば、中央銀行で最もタカ派の政策立案者であるセントルイス連銀のBullard総裁は月曜日、暴走するインフレに対抗するため、1ヶ月で75bp、つまり0.75%の金利引き上げを示唆した。

同氏は、ライブ配信されたイベントで、「75bpsの引き上げを排除するつもりはないが、それはベース・シナリオではない」とコメントした。

コロナ禍の大流行時に米国金利をほぼゼロに切り下げた後、FRBの政策決定機関である連邦公開市場委員会(FOMC)は3月16日にパンデミック時代の最初の利上げを承認し、25bp、つまり0.25%の利上げを実施した。

多くのFOMCメンバーは、40年来の高水準で推移するインフレを抑制するには、この利上げだけでは不十分だと結論付けている。FRBは、今年中に7回もの利上げを検討している。

Bullard総裁やFRB幹部は、中央銀行が物価上昇圧力に対抗するための手立てとして、短期間に50bpの引き上げを「1~2回」行うよう求めており、5月4~5日のFOMCでは、そうした引き上げの第1弾が行われると予想されている。

しかし、75bpsの引き上げは新境地であり、経済成長が完全に抑制され景気後退に陥ると考える保守的なエコノミストの反発を招く可能性がある。

金スポット 月次チャート
金スポット 月次チャート

米国経済が最後にリセッション(厳密には2四半期連続のマイナス成長)を経験したのは、2020年3月から9月にかけてのコロナ禍最盛期である。

米国の大手銀行ゴールドマン・サックスは月曜日、次の米国リセッションが2年以内に起こる確率は35%と評価した。

オンライン取引プラットフォームOANDAの豪州およびアジア太平洋地域のシニア・マーケット・アナリスト、Jeffrey Halley氏は、「Bullard氏のコメントは、世界の多くの中央銀行が陥っている苦境を如実に表している」と述べた。

「一過性のインフレなのか長期的なインフレなのかの見極めを完全に外したため、納得のいく解決策がないのだ。」

Bullard氏は、FRBがインフレに積極的に対処することで、経済成長が減退するのではないかという懸念を払拭しようとした。「不況になることはない」と宣言し、こう付け加えた。

「インフレは快適さを保つには高すぎるが、FRBは良い計画を立てている」。

コロナ禍による混乱から2020年に3.5%縮小した米国経済は、2021年には5.7%拡大し、1982年以来最も速いペースで成長している。

しかし、インフレ率はさらに速く成長した。個人消費支出 はFRBが注視する米国のインフレ指標であるが、12月までの1年間で5.8%、2月までの12カ月間で6.4%拡大し、いずれも過去40年で最速の水準となった。

FOMC関係者は、2022年末から2023年末のどこかでインフレ率をFRBの目標範囲である年2%に戻すと宣言している。

Bullard氏は、FRBはインフレとの戦いから大きく遅れているため、年末までにさらに3%ポイントの利上げが必要だと述べた。

では、2,000ドルの新高値に向けた競争において、金はテクニカル的にどのような状況にあるのだろうか。

skcharting.comのチーフ・テクニカル・ストラテジストであるSunil Kumar Dixit氏は、「金が1,988ドルを維持する限り、2,005ドルから2,025ドルまでさらに上昇する」と話す。

「下値でも、強気筋が1973ドル以上に留まることができれば、金は上昇を再開し、まず1988ドル、最終的には2000ドルを回復しようとした後、2010ドルを超えて上昇する可能性が高い」と述べた。

しかし、トレーダーは月曜日の安値1,971ドルには特に注意しなければならず、「これ以下では売り手が主導権を握るだろう」と警告している。

「1,958ドルを下回ると、リテールやマージン・トレーダーの弱いロングの巻き戻しを誘発し、1,932ドルの調整につながるだろう。」

免責事項:Barani Krishnanは、あらゆる市場の分析に多様性を持たせるため、自身以外のさまざまな見解を用いている。中立性を保つため、時に逆張りの見解や市場の変数を提示することがあります。同氏は執筆しているコモディティおよび証券のポジションを保有していない。

金が2,000ドル?強気筋が予想する景気後退の恐れ
 

関連記事

杉田 勝
ここからのWTI原油の値動き   執筆: 杉田 勝 - 2020年07月02日 1

ナイメックスWTI原油の2nd monthつなぎ足にエリオットとタイムサイクル分析を適用して予測します。原油価格は上昇B波のa波が終了してここから調整の下げがしばらく続く形です。い...

エレン ワルド
米国の原油生産量は頭打ちか? 執筆: エレン ワルド - 2019年11月15日

原油価格を予測するにあたって投資家を悩ませているのが、2020年に米国がどれほどの原油を生産するかという問題である。シェール革命以来、米国の原油生産量は毎年増加しており、遂には日量...

金が2,000ドル?強気筋が予想する景気後退の恐れ

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する