最新ニュース
閉じる
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 今すぐアップグレード

金利上昇を利用する2つの金融ETF

執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )ETF2022年04月20日 18:57
jp.investing.com/analysis/article-200203823
金利上昇を利用する2つの金融ETF
執筆: Investing.com (Tezcan Gecgil/Investing.com )   |  2022年04月20日 18:57
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

今期の決算は、金利上昇を背景に、銀行などの金融株が市場の注目を浴びている。これらの銘柄の動向は、当然、金融株を対象とした上場投資信託(ETF)の価格に影響を与える。

JPMorgan Chase (NYSE:JPM)が先週発表した、第1四半期の決算内容は予想を下回り、投資家の眉をひそめさせた。利益は82億8000万ドルで、前年同期比42%減となった。Charles Schwab (NYSE:SCHW) とSierra Bancorp (NASDAQ:BSRR) の2行も、アナリストの予想EPSを下回った。

一方、 Bank of America (NYSE:BAC)の株価 は、4月18日に予想を上回る第1四半期決算を発表し、4%以上急騰した。EPSは80セントとアナリストの予想を上回った。

EPSが市場のコンセンサスを上回ったその他の銀行には、 Citigroup (NYSE:C)、 Goldman Sachs (NYSE:GS)、 Morgan Stanley (NYSE:MS)、State Street (NYSE:STT)が含まれている。そして最近では Bank of New York Mellon (NYSE:BKも加わった。

ベンチマークである米国10年債利回りは3%に迫り、数年来の高水準で推移している。このような環境下では、金融株が注目される。これらの金融機関は、イールド・カーブの短期ゾーンで資金を借り、長期ゾーンで融資を行う。利回りが上昇してイールド・カーブがスティープ化すると、預金と貸付金の金利スプレッドは通常、銀行に有利となり、純利鞘が改善される。

したがって、多くの投資家は、まちまちの業績内容にもかかわらず、金融株に対して楽観的な見方をしている。先日iShares U.S. Financial Services ETF (NYSE:IYG) を紹介したが、このETFは今年に入ってから8.7%の下落を記録している。

IYG 週次チャート
IYG 週次チャート

この記事では、金融株に幅広くアクセスできるETFを他に2つ紹介しよう。ただし、 イールド・カーブがフラット化した場合、銀行に対する見通しも変わる可能性があることを読者にお伝えしておこう。従って、金融株に投資する前に、さらなるデュー・デリジェンスが必要となるだろう。

1. SPDR S&P Bank ETF

  • 現在価格:51.07ドル

  • 52週間のレンジ:46.86ドル~60.60ドル

  • 配当利回り:2.43%

  • 経費率:年率0.35%

SPDR® S&P® Bank ETF (NYSE:KBE)は、幅広い金融株に投資している。このETFは、2005年11月に取引を開始した。

KBE 週次チャート
KBE 週次チャート

100銘柄を保有するKBEは、 S&P Banks Select Industry Indexという均等加重インデックスのリターンに連動している。サブ・セクターでは、地方銀行(77.72%)、貯蓄貸付組合(13.38%)、複合金融(6.09%)などが挙げられる。

ポートフォリオの上位10銘柄は、純資産26億7000万ドルのうち13%近くを占めている。その中には、Jackson Financial (NYSE:JXN)、Voya Financial (NYSE:VOYA)、Northern Trust (NASDAQ:NTRS)、AXA Equitable Holdings (NYSE:EQH)、Essent Group (NYSE:ESNT)などが名を連ねている。

KBEは1月上旬に数年ぶりの高値を付けた。しかし、同ETFは年初来で6.4%下落している。株価収益率(PER)は10.28倍、株価純資産倍率(PBR)は1.17倍である。金融機関に対する下落圧力が弱まることを期待する読者は、押し目買いすることを検討しても良いだろう。

2. First Trust Financials AlphaDEX Fund

  • 現在価格: 45.39ドル

  • 52週間のレンジ:41.13ドル~48.99ドル

  • 配当利回り:1.98%

  • 経費率:年率0.61%

次にご紹介するのは、First Trust Financials AlphaDEX® Fund (NYSE:FXO) である。このETFは、いくつかのグロースとバリューの金融株に投資している。このETFは2007年5月に取引を開始し、純資産は14億ドルとなっている。

FXO 週次チャート
FXO 週次チャート

StrataQuant® Financials Indexに連動するFXOは、100銘柄を保有している。投資銀行および証券会社の株式は、ETFの約3分の1を占めている。以下、損害保険(29.33%)、銀行(21.80%)、金融・クレジットサービス(7.23%)と続く。

ポートフォリオの5分の1近くが組入上位10銘柄で占められている。 LPL Financial (NASDAQ:LPLA)、Cincinnati Financial (NASDAQ:CINF)、Raymond James Financial (NYSE:RJF)、やAlleghany (NYSE:Y) などの名前が挙げられる。

FXOは読者の注目に値すると考える。このETFは2022年に入ってから約1.9%下がっているが、それでも過去12ヶ月で4.8%上昇している。KBE ETFと同様に、FXOも1月中旬以降、下落圧力を受けている。過去の実績株価収益率(PER)は8.42倍、株価純資産倍率(PBR)は1.33倍となっている。

金利上昇を利用する2つの金融ETF
 

関連記事

大川 正吾
投資信託の基礎 特徴や種類、必要な諸費用等 執筆: 大川 正吾 - 2014年07月28日

 皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から...

金利上昇を利用する2つの金融ETF

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Investing.comのアプリ
ダウンロードするApp store
Investing.com
© 2007-2022 Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
  • 無料で登録して手に入れよう:
  • リアルタイムアラート
  • 上級ポートフォリオの機能
  • チャートも自由自在
  • 完全に同期化したアプリ
Googleから登録する
または
メールで登録する