最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

ドルが下がらないため、金の取引レンジは70ドルまで拡大する可能性

執筆: Investing.com (バラーニ クリシュナン/Investing.com)商品分析2022年05月19日 11:57
jp.investing.com/analysis/article-200204007
ドルが下がらないため、金の取引レンジは70ドルまで拡大する可能性
執筆: Investing.com (バラーニ クリシュナン/Investing.com)   |  2022年05月19日 11:57
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

ドルが20年来の高値から下がろうとしないため、政治・経済リスクに対するヘッジとしての金の地位が投資家にますます不確かなものとなり、金先物の取引レンジは現在の1オンス50ドルから70ドルへと拡大する可能性があります。

金先物はウクライナ侵攻後2週間で2,000ドルの大台に乗り、3月8日には19カ月ぶりの高値となる2,079ドルをつけたが、その水準には5日しかとどまらず、ピークから3週間で1,900ドルを割り込んでいる。

その後、あちこちで揺れ動き、4月18日に2,000ドルを回復した後、今週は4ヶ月半ぶりの安値となる1,786ドル割れまで低迷している。

金 日次チャート
金 日次チャート

すべてのチャートはSkcharting,comより取得

ストラテジストの Christopher Vecchio氏は、金は常に変動しやすく、ドルや債券よりもその変動から利益を得る能力が高いと述べている。しかし、最近の世界と市場の出来事は、金のロングとショートの両方にとってほとんど役に立っていない。

同氏は月曜日に掲載されたDaily FXのブログで、「金価格は意味のある買いを維持できていない」と書いている。

「特に週次のモメンタム指標がより深い下向きになるにつれ、今後より深い後退の可能性が高まっているようにみえる」とみている。 

つまり、金はドルに対するヘッジとして認識されているが、実際はそうではないということだ。連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な利上げの中で、現在のドルの動きは、事実上、地金よりも大きな避難所となっている。

金の方向性を決めるもう一つの大きな変数である米国10年債利回りは、高水準からは下がったもののそれほど下落幅は大きくはなく、金は依然としてドルの気まぐれに左右されるままだ。

このため、金には、株価や景気後退の可能性などに関するFRBの発言に同調して上昇する機会が時々ある。

FXStreetは今週発表した金の見通しの中で、「FRBが一挙手一投足に指示を出す中、今週のFRBの発言は、特に弱気心理が高まり、ポジションが圧迫され続ける中で、ますます重要になるだろう」と述べている。

また、次のように付け加えた。

「そして、流動性が乏しい中、金に大きな売りの流れがあることを引き続き予想している。最近の取引を考慮しても、ポジション分析では、金はさらなる下落を受ける可能性があることを主張している。

オンライン取引プラットフォームOANDAのアナリスト、Craig Erlam氏もその見解に同意している。

「中央銀行が信頼回復を試みる中、インフレ懸念が続いているにもかかわらず、金の人気は著しく低下している」という。

「リスク回避の動きが広がっても、金には何の役にも立っておらず、ドル高が金にとって非常に厳しい状況になっている。これまで2回の防衛に成功したにもかかわらず、1,800ドルを再び割ることになるもしれない。」

金先物の週次見見通し

skcharting.comのチーフ・テクニカル・ストラテジスト、Sunil Kumar Dixit氏によると、今週、金の50ドル近いギャップ(月曜日のピークである1834ドル84セントと金曜日のボトムである1785ドル40セントとの間)は、最終的に70ドルまで拡大する可能性があると、チャートは示している。

「今のところ、金の値動きは、重要なトレンド・レベルのブレークを待つ強気派と弱気派の両方の熱意のなさを反映している」と述べた。

「市場参加者は、金が現在の市場環境家においてどのような位置づけにあるかを見極めようとしている。」

4月18日の高値1998ドルから下落して以来、金は50週指数移動平均1848ドルと100週単純移動平均1840ドルを下回り、5週連続で弱気路線を継続していると同氏は述べている。

 

 

金 月次チャート
金 月次チャート

金が1,786ドルまで下落し、その後1,836ドルまで反発し、今週は再び弱気派が現れるまで、長期の調整で始まった。

「強気筋は1850ドル以上を目指し、1880ドルから1900ドルへの行進に十分な勢いをつけようとしている」とDixit氏は述べている。

「一方、弱気筋は1780-1750ドルを目標に冷静だ」と付け加えた。

金の週次ストキャスティクスの数値が売られすぎの領域に近づいていると述べ、これは、1850ドルに向けて新たな上昇を開始し、1880ドルから1900ドルの上昇を拡大させる可能性がある。

その時点で、ボラティリティが戻る可能性があると、同氏は注意を促している。

「現在のトレンドは弱気であるため、売り手は再び1,800-1,750ドルを目指して大量のショートに参加する可能性が非常に高い。」

免責事項:Barani Krishnanは、あらゆる市場の分析に多様性を持たせるため、自身以外のさまざまな見解を用いている。中立性を保つため、時に逆張りの見解や市場の変数を提示することがある。同氏は執筆しているコモディティおよび証券のポジションを保有していない。

ドルが下がらないため、金の取引レンジは70ドルまで拡大する可能性
 

関連記事

杉田 勝
ここからのWTI原油の値動き   執筆: 杉田 勝 - 2020年07月02日 1

ナイメックスWTI原油の2nd monthつなぎ足にエリオットとタイムサイクル分析を適用して予測します。原油価格は上昇B波のa波が終了してここから調整の下げがしばらく続く形です。い...

エレン ワルド
米国の原油生産量は頭打ちか? 執筆: エレン ワルド - 2019年11月15日

原油価格を予測するにあたって投資家を悩ませているのが、2020年に米国がどれほどの原油を生産するかという問題である。シェール革命以来、米国の原油生産量は毎年増加しており、遂には日量...

ドルが下がらないため、金の取引レンジは70ドルまで拡大する可能性

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する