40%引きでご購読
🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

Exxon Mobilが今年61%上昇した後、利益確定の時が来たか

発行済 2022-06-07 20:06
US500
-
XOM
-
LCO
-
  • エクソン株は、パンデミック後の景気回復における最優良銘柄の一つ

  • 原油市場の上昇が続く中、アナリストは現在の高水準でエクソン株を買いと評価することに神経質になりつつある

  • エネルギーは景気循環セクターであり、ピーク後には必ず急激な下降を伴う

  • 新しい投資アイデアの検索をアップグレードしたい場合は、InvestingPro+をチェックしてください。

  • 米エネルギー大手エクソンモービル(NYSE:XOM)の株価は過去2年間、目覚ましい上昇を続けている。2021年に67%急騰した後、テキサス州アービングに拠点を置く同社は今年さらに61.2%上昇し、この株をパンデミック後の環境における最高の取引の1つにしている。X月曜日は98.84ドルで取引を終えた。

    エクソン株 週次チャート

    この上昇の主な要因は、極めて逼迫した原油市場にある。今年、ブレント原油先物は1バレル120ドル前後まで50%以上上昇した。これは主に、エネルギー需要の急増と世界の原油供給の逼迫が重なったためで、この傾向はロシアのウクライナ侵攻後、加速した。

    しかし、この上昇が続く中、アナリストはエクソン株を現在の水準では買いと評価することに神経質になりつつあり、ここからの上昇はほとんどなく、上昇はすでに一巡したとの見方を示している。

    Investing.comが29人のアナリストに行った調査では、18人が中立と評価、1人が売りと評価し、買いとしているのはわずか10人であった。

    コンセンサス予想

    出所:Investing.com

    12ヶ月の予想最適株価は足元の水準から2%以上の下落を示唆しており、ほとんどのアナリストがより多くの上昇を予想していた以前のコンセンサスから急反転している。

    この心変わりの大きな理由の一つは、インフレの急上昇とFRBの積極的な金融引き締めの動きによって、世界経済がゆっくりと不況に向かっているという懸念が高まっていることだと思われる。

    J.P. Morganの予測によると、米国と欧州の株式市場は、近いうちに経済が不況に陥る可能性を70%と見積もっている。ウクライナ戦争、中国でのコロナウイルスに伴う都市封鎖、タカ派的なFRBなどを背景に、今年に入ってから景気後退への警告が数ヶ月間湧き上がっている。

    このような予測はエネルギー産業に直接影響を与える。エネルギー産業は非常に景気感応度が高く、ピークが来るたびにその後急落する。価格が高い時期のあとには、掘削が進むか、コモディティ価格が下落するまで需要が減退する。

    エクソン株を再評価する

    2020年秋のパンデミックによる需要破壊の絶頂期には原油先物が一時マイナスになった。直近の谷から2年余り経過し、エクソンの株価はその低迷期から約3倍になっている。

    エネルギー市場がいつ好転するかを予測するのはほぼ不可能だが、エクソンは大幅なリストラを経て、長期的にはるかに優れた銘柄になり、投資家にとって魅力的な企業になったことを示唆する強い兆候がある。

    エクソンはコスト削減を続け、配当金を賄うためのより大きな利益率を確保している。現在、配当利回りは4.06%で、株主は年間3.56ドルを受け取る。これは、S&P 500に上場している銘柄の中で3番目に高い利回りである。

    この石油メジャーは、株主還元に努め、原油価格の高騰を利用するため、来年末までに30億ドルの追加コスト削減を計画している。

    新たな削減策により、1バレルあたり10ドルのコスト削減が見込まれる。これは同社の配当の60%を支払うのに十分な額だ。エクソンによると、この削減策により、リターンを高めつつ、2027年までに利益とキャッシュ・フローの「向上余地」を2倍にすることができるという。

    先週の分析メモで、J.P. Morganはエクソン株をオーバーウェイトとし、エクソンは「再上昇ストーリー」であり「まだ上昇余地がある」と述べた。

    「我々は、エクソン株には、当時の重厚なコミットメント型設備投資とバランス・シートをめぐる懸念に起因していた2020年の景気後退における評価引き下げのあと、評価を改善させる余地がまだあると考えている。」

    また、同社の充実した精製事業やパーミアン・ベースンでの存在感は、将来的に利益を超大化させる可能性を秘めている。

    モルガン・スタンレーのアナリスト、Devin McDermott氏によると、ジェット燃料やガソリンなどの製品需要が回復している中、世界的に精製品の在庫水準が低いため、精製マージンが急増しているとのことだ。特に、世界がロシアからの精製品輸入を敬遠し続ければ、マージンは今後も好調を維持する可能性が高い。

    結論

    エクソン株は、過去2年間の強力な上昇の後、すでに熟した果実のようにみえるかもしれない。しかし、長期的な投資目的であれば、この上昇基調にはまだ燃料が残っていると信じるに足る理由がたくさんある。

    ***

    次の素晴らしいアイデアをみつけることに興味はおありだろうか?Investing Pro+では、135,000以上の銘柄をスクリーニングし、専門的なデータ、ツール、洞察を用いて、世界で最も急成長している銘柄や最も割安な銘柄をみつけるチャンスを秘めている。詳細はこちら

最新のコメント

もっと早くに推奨出来たのでは?笑
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます