青木あすなろ建設株式会社 (1865)

東京
1,208.0
0.0(0.00%)
  • 出来高:
    0
  • 売値/買値:
    1,207.0/1,208.0
  • 日中安値/高値:
    1,207.0 - 1,209.0

1865 概要

前日終値
1,208
日中安値/高値
1,207-1,209
売上
-
始値
1,208
52週高値/安値
0-0
1株当たり利益
82.02
出来高
0
時価総額
65.89B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
18,433
PER (株価収益率)
14.73
ベータ
0.09
1年の変動
0%
発行済株式
54,542,252
次の決算日
-
青木あすなろ建設の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

青木あすなろ建設株式会社 ニュース

青木あすなろ建設株式会社 企業情報

青木あすなろ建設株式会社 企業情報

セクター
製造業
従業員数
1822
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3303400000

青木あすなろ建設グループは、主に建設事業及び不動産事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントを通じて運営する。土木事業は、ダイス・ロッド式摩擦ダンパー、ダイス・ロッド式摩擦サイドブロック、太陽光発電事業の技術支援・工事(環境技術)、風力発電事業の技術支援・工事(環境技術)、無人化施工システム、水陸両用ブルドーザ出来形管理システム、バックホウモニタシステム、無線遠隔操縦式水陸両用バックホウ3.1m³級、高濃度真空吸引浚渫圧送工法システム、シールド工事支援システムASTOS、無線周波数識別(RFID)式バッテリーロコ運行・入坑管理システム、推進工事における裏込め注入検知手法、パルテム・フローリング工法、排気排水・注入ホース、コンクリート充填感知システム、三次元造成計画システム、地盤沈下計測システムを利用して、工事を行う。建築事業は、制震ブレースの耐震補強技術、折返しブレース、耐震天井工法「AA-TEC工法」、TAS工法型枠支保工の早期解体工法、柱鉄筋コンクリート(RC)梁鉄骨(S)ハイブリッド構法、杭頭半剛接構法、拡頭杭免震構法、レンズダンパー、複合型露出柱脚、コンクリート充填鋼管(CFT)造、滑り基礎構法、危機分析重要管理点(HACCP)対応技術、ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング(ZEB)評価ツールを有する。不動産事業は、用地取得・企画/設計・施工・販売・アフターサービス・管理まで統括するアビダス事業を行う。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均
テクニカル指標
サマリー