株式会社大冷 (2883)

東京
1,863.0
-2.0(-0.11%)
  • 出来高:
    5,700
  • 売値/買値:
    1,858.0/1,864.0
  • 日中安値/高値:
    1,858.0 - 1,867.0

2883 概要

前日終値
1,865
日中安値/高値
1,858-1,867
売上
23.75B
始値
1,865
52週高値/安値
1,846-1,950
1株当たり利益
139.6
出来高
5,700
時価総額
11.01B
配当
65.00
(3.49%)
平均出来高 (3か月)
7,074
PER (株価収益率)
13.10
ベータ
-
1年の変動
-3.42%
発行済株式
5,909,673
次の決算日
2022年11月02日
大冷の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社大冷 ニュース

株式会社大冷 企業情報

株式会社大冷 企業情報

産業
食品
セクター
生活必需品
従業員数
150
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3500150002

大冷グループは国内の医療食、弁当仕出し、外食等のエンドユーザー向けに業務用冷凍食品の企画及び販売を主な事業として取り組む。【事業内容】骨なし魚事業においては、同社は「医療食・介護食用に魚の骨をすべて取り除いた商品を開発してほしい」というエンドユーザーからの要望に応えるため「骨なし魚」の開発に着手し、エンドユーザーのところに開発担当者が自ら訪問し、真の要望を的確にとらえて試作を繰り返すなど同社の強みである商品開発力を生かして「骨なし魚」の開発を行う。その後、その加工技術について更なる改良開発を重ねた結果、「冷凍骨抜き魚身及びその加工方法」「加熱処理した魚の製造方法」「凍ったまま調理できる冷凍魚の製造方法および冷凍魚」「湯せん・蒸し調理用魚介類包装冷凍食品及びその製造方法」「施設調理用冷凍揚物の製造方法及び施設調理用冷凍揚物」の5つの製造特許を取得する。ミート事業は、匠味シリーズのほか「弁当ミニドック」や「粗挽串ざしフランク」「アメリカンドック」などの商品も取り扱って、医療食ルートの開拓や国産豚肉や内臓系を使用した新商品の開発など、開発、販売の取り組みを強化する。その他事業では、従来より、製造委託先からの提案を受けて商品開発をして販売してきた惣菜等の調理冷食と冷凍野菜、魚フライ、練り製品、水産品などを主に取り扱う。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い買い中立売り売り
テクニカル指標強い買い強い買い買い強い売り強い売り
サマリー強い買い強い買い中立強い売り強い売り