🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

株式会社菊池製作所 (3444)

東京
通貨 JPY
免責条項
364.0
+1.0(+0.28%)
終了
3444スコア
詳細分析
キャッシュフローが不調で急速に売られています
適正価格
日中安値/高値
361.0364.0
52週高値/安値
326.0516.0
売値/買値
363.00 / 365.00
前日終値
363
始値
364
日中安値/高値
361-364
52週高値/安値
326-516
出来高
4,900
平均出来高 (3か月)
12,624
1年の変動
-6.67%
フェアバリュー
見る
フェアバリュー上昇/下落余地
見る
3444スコアpro icon
企業の健全性
pro lock見る
フェアバリュー
pro lock開放価格
適正価格pro lock
上昇余地pro lock
テクニカル
強い売り
アナリストのセンチメント
現在サポートされていません。
メンバーのセンチメント
弱気
強気
Proのヒント
低い株価ボラティリティで取引される株

株式会社菊池製作所 企業情報

菊池製作所グループは、創業以来培ってきた金型の設計・製作、板金加工、機械加工、成形加工、プレス加工等の諸技術を駆使し、試作製品及び量産製品の製造、金型製作、介護用ならびに産業用ロボット製造等を主な事業とする。【事業内容】試作・金型事業は、主に精密機器、電気機器及び自動車部品等のメーカーを顧客とし、顧客の新製品開発における試作製品、もしくは顧客の新製品開発において使用される金型を、同社グループが受注し、設計・製造を行う。同社及び海外連結子会社において、様々な業種の研究開発活動に使用される多種多様な試作製品を、同社グループ独自の一括一貫された設計工程、金型製作工程、成形工程、加工工程の各製造工程を通じて製作する異。急速な技術革新、ハイテク機器等の製品ライフサイクルの短期化など、産業全般の動向に対応するため、自社製造技術の向上を常時志向し、微細化加工、樹脂や金属などの多様な材料の加工、顧客への納期短縮に資する工程間調整等、これらを充たしうる事業体制をもって運営。量産事業は、主に精密機器、電気機器及び自動車部品等のメーカーを顧客とし、量産製品の製造を行う。同社及び海外子会社において、試作・金型事業で培ったノウハウを活用し、精密プレス加工をはじめとした様々な技術を用いた生産体制を駆使して、携帯電話、腕時計とデジタルカメラの機構部品などを製造する。ロボット・装置などは、装着型筋力補助具マッスルスーツを始めとする介護用ならびに産業用ロボットやドローン、歩行支援ロボット等をはじめとした各種ロボットの開発を行う。その他・ガンマカメラ関連等は、東日本大震災を起因とする東京電力福島第一原子力発電所および福島第二原子力発電所の事故に伴う、放射線量測定サービスならびに医療関係機関及び一般消費者を顧客として、酸素濃縮機や血中酸素濃度測定器等のヘルスケア関連機器の販売を行っている。同社保有の技術は、金型製作技術、マグネシウム成形技術、金属射出成形技術、プラスチック成形技術、機械加工技術、精密・微細板金加工技術、精密プレス加工、及びアルミホットダイカスト(鋳造)技術を含む。

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます