明和産業株式会社 (8103)

東京
731.0
-29.0(-3.82%)
  • 出来高:
    291,000
  • 売値/買値:
    729.0/731.0
  • 日中安値/高値:
    727.0 - 767.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3920600008

8103 概要

前日終値
760
日中安値/高値
727-767
売上
143.03B
始値
760
52週高値/安値
459-1,400
1株当たり利益
57.63
出来高
291,000
時価総額
30.53B
配当
119.00
(16.28%)
平均出来高 (3か月)
243,267
PER (株価収益率)
12.68
ベータ
1.09
1年の変動
55.2%
発行済株式
41,763,131
次の決算日
2022年8月09日
明和産業の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

明和産業株式会社 ニュース

  • 物語コーポ
    • 執筆:Fisco-

    [来週の買い需要(表)]コード;銘柄;株価インパクト;買い需要;信用倍率;終値;前日比コード;銘柄;株価インパクト;買い需要;信用倍率;終値;前日比 (TYO:9731) ;白洋...

明和産業株式会社 企業情報

明和産業株式会社 企業情報

セクター
製造業
従業員数
473
市場
日本

明和産業グループは、化学産業をはじめとした各種業界と接点を有し、多種な事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。第一事業は、需要伸長が見込まれる分野において機能を発揮する中核事業を基盤とする部門であり、主に電池材料、レアメタル・レアアース、環境関連、合成樹脂・難燃剤、原薬・医薬中間体等を製造・販売する。第二事業は、石油製品関連分野で中国を中心としたアジア市場においてパートナーと連携し、海外拠点を通じたネットワークや物流機能等を発揮する部門であり、主に潤滑油、ベースオイル、添加剤等の石油製品を販売する。第三事業は、化学品・建材分野において機能性のある製品をベースにサプライチェーンの構築や販売力・専門性を発揮する部門であり、主に化学品原料、印刷材料、合成樹脂加工品、機能建材等を販売する。自動車事業は、自動車部品関連事業を行う。その他は、硝子製品等の販売を行う。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立売り中立売り買い
テクニカル指標買い強い売り強い売り強い買い売り
サマリー中立強い売り売り中立中立