メタウォーター株式会社 (9551)

東京
1,914.0
-27.0(-1.39%)
  • 出来高:
    88,300
  • 売値/買値:
    1,914.0/1,918.0
  • 日中安値/高値:
    1,911.0 - 1,974.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3921260000

9551 概要

前日終値
1,941
日中安値/高値
1,911-1,974
売上
138.86B
始値
1,974
52週高値/安値
1,775-2,498
1株当たり利益
157.59
出来高
88,300
時価総額
75.72B
配当
40.00
(2.06%)
平均出来高 (3か月)
112,926
PER (株価収益率)
12.32
ベータ
0.51
1年の変動
-16.41%
発行済株式
39,562,468
次の決算日
2022年1月26日
メタウォーター株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

メタウォーター株式会社 企業情報

産業
機械
セクター
製造業
従業員数
2650
市場
日本

メタウォーターグループは、同社、子会社15社(メタウォーターサービス、METAWATER USA,INC.、ウォーターネクスト横浜、テクノクリーン北総、アクアサービスあいち他)及び関連会社9社で構成され、浄水場・下水処理場、ごみ処理施設・リサイクル施設等の機械・電気設備の設計・建設にかかわる事業と、これら機械・電気設備の補修工事・維持管理(保守・点検)、及び運転管理等の各種サービスの提供を主な事業とする。【事業内容】機械技術と電気技術をあわせ持つ幅広いソリューションを提供する企業として、日本全国に約40ヶ所の事業所・営業所・サービスステーションを配置し、主な顧客を自治体として、2,000以上の施設に設備を納入しているほか、70以上の施設で維持管理・運転管理を行う。同社グループは、上下水道事業の浄水場・下水処理場内の浄水・水処理プロセス、及び汚泥処理プロセスの設計から維持管理を事業領域とする。セグメントは機能毎に「プラントエンジニアリング事業」と「サービスソリューション事業」に大別している。プラントエンジニアリング事業では、国内外の浄水場・下水処理場等の機械・電気設備の設計・建設及びこれらの設備で使用される各種機器類の設計・調達・販売を主たる業務とする。同セグメントの製品にはセラミック膜ろ過システム、排水処理システムとオゾン処理システムを含む上水道区分製品、下水処理システム、汚泥焼却システム高速ろ過システムを含む下水道区分製品、並びに受変電設備、計装設備、監視制御設備を含む上下水共通区分製品がある。サービスソリューション事業では、国内の浄水場・下水処理場等の機械・電気装置、及び設備で使用される各種機器類の補修工事・維持管理、及び運転管理等の各種サービスで構成される。また、ごみ処理施設・リサイクル施設の各設備に対応した延命化・改修の提案を行う。同事業の主要サービス・製品には、経年劣化した機械・電気設備、各種機器類の取り替え、及び一部修繕の実施等、浄水場・下水処理場等の機械・電気設備の点検、経年劣化状況の把握、及び最適なメンテナンスの実施、浄水場・下水処理場等の中央監視制御室における操作、機械・電気設備の定期点検、交換、非常時の対応処置等、都市ごみから、再資源化可能な物質の選別・圧縮梱包処理や炭化物の製造・回収・有効利用、および廃棄物減溶化とクリーンエネルギー創出のためのシステム等がある。

詳細を読む

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り強い売り強い売り強い売り売り
テクニカル指標強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り
サマリー強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。