サムティ株式会社 (3244)

東京
2,358.0
+11.0(+0.47%)
  • 出来高:
    235,100
  • 売値/買値:
    2,354.0/2,359.0
  • 日中安値/高値:
    2,347.0 - 2,393.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3322970009

3244 概要

前日終値
2,347
日中安値/高値
2,347-2,393
売上
109.33B
始値
2,351
52週高値/安値
1,600-2,431
1株当たり利益
304.94
出来高
235,100
時価総額
107.03B
配当
90.00
(3.83%)
平均出来高 (3か月)
184,341
PER (株価収益率)
7.70
ベータ
1.23
1年の変動
37.87%
発行済株式
45,600,922
次の決算日
2022年1月13日
サムティ株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

サムティ株式会社 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均売り中立買い強い買い強い買い
テクニカル指標強い売り強い売り強い買い強い買い強い買い
サマリー強い売り売り強い買い強い買い強い買い

サムティ株式会社 企業情報

サムティ株式会社 企業情報

従業員数
271
市場
日本

サムティグループは、同社及び連結子会社13社により構成され、収益不動産等の企画開発・再生・販売、投資用マンションの企画開発・販売、不動産投資ファンドの運用・管理・投資を行う不動産事業、マンション・オフィスビル等の賃貸及び管理を行う不動産賃貸事業及びホテル運営等を行うその他の事業を行っている。【事業内容】不動産事業において、投資分譲は、同社が事業用地を取得し、賃料収入の獲得を目的とした投資用マンションの企画開発を行い、これらのマンションは投資用マンションとして、販売会社を通じて個人投資家等に分譲販売される。同社は、事業エリアにおいて販売実績のある販売会社とのネットワークを構築し、企画開発の段階から販売会社と協議を行うことにより、販売会社、顧客のニーズにあった物件を供給する。ソリューションは、同社が事業用地を取得し、自社ブランドである賃貸マンション「S-RESIDENCE」シリーズの企画開発及び既存収益不動産を取得する。同社が、開発及び取得した中古不動産について、入居者募集だけでなく、同社ノウハウを駆使し、設備改修による物件のグレードアップ、稼働率の向上等を図り、不動産の保有期間中の収益の確保につとめ、最終的には、投資物件として外部投資家等へ販売することによる売却益を目的とする。アセットマネジメントについて、同社グループがアセットマネジャーとして不動産投資ファンドから不動産の運用・管理業務等を受託することによる手数料収入の他、自ら不動産投資ファンドへの出資による配当の獲得を目的とする。不動産賃貸事業は、同社グループは、マンション、オフィスビル、商業施設、ホテル、駐車場等を一棟または区分所有により保有し、個人及び法人テナントに賃貸する。賃貸収入の増加を目的として、収益不動産を継続的に取得するが、大型の収益不動産の取得・保有については、特別目的会社を活用したスキームにより行っている。また、収益不動産の所有者から同社がマンション等を賃借してエンドテナントへ転貸するサブリースや、家賃回収、契約の管理及び建物管理等の受託業務を行っている。その他の事業は、同社グループは、ホテル事業としてセンターホテル大阪、エスぺリアホテル長崎、ホテルサンシャイン宇都宮の保有・運営及びセンターホテル東京の運営をしている。また、分譲マンション管理事業及び建設・リフォーム業のほか、医療に関するサポートシステムの企画を行っている。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。