総合商研株式会社 (7850)

東京
703.0
-9.0(-1.26%)
  • 出来高:
    3,000
  • 売値/買値:
    703.0/715.0
  • 日中安値/高値:
    701.0 - 709.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3432000002

7850 概要

前日終値
712
日中安値/高値
701-709
売上
16.16B
始値
704
52週高値/安値
590-870
1株当たり利益
85.42
出来高
3,000
時価総額
2.11B
配当
20.00
(2.84%)
平均出来高 (3か月)
7,627
PER (株価収益率)
8.23
ベータ
0.67
1年の変動
12.3%
発行済株式
2,999,433
次の決算日
2021年12月09日
総合商研株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

総合商研株式会社 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り強い売り強い売り強い売り売り
テクニカル指標強い売り強い売り強い売り強い売り買い
サマリー強い売り強い売り強い売り強い売り中立

総合商研株式会社 企業情報

総合商研株式会社 企業情報

セクター
サービス
従業員数
395
市場
日本

総合商研グループは、広告業界及び印刷業界の両分野に情報コミュニケーション事業を主たる業務とする。【事業内容】商業印刷・年賀状印刷をはじめ、セールスプロモーション(SP)企画及びポスター、カタログ、ピーオーピー(POP)、ノベルティ等を自社生産する他、フリーペーパーの企画、印刷、発刊等を行う。主にオンデマンド印刷による、小ロット・多機能・高品質に対応する印刷サービスを、法人から個人の顧客を対象に提供する。主に食品の味を分析・デジタルデータ化し、小売企業・地方自治体等を対象とした販売促進・マーケティング・新商品開発等の支援を行う。銀座「お取り寄せダイニング十勝屋」の運営と、会員情報誌「北海道食べる通信」の発行を通じ、北海道の食材の魅力を伝えるサービスを行う。地域のまち・ひと・しごと(又は企業)のコミュニケーション活動をサポートし、マーケティングや販促戦略によって地域の活性化促進を目的としたコンサルティングを行う。シール、ディスプレイ、オリジナルグッズの製作等、コンサルティング業と印刷業の両機能を融合させた販売促進支援活動を行う。土地建物の維持・管理等を行う。タウン誌・観光フリーペーパーなどの月刊誌、年刊誌をはじめ、パブリック・リレーションズ(PR)誌、書籍等の企画・制作・出版を行う。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。