テスラ (TSLA)

742.00
-0.50(-0.07%)
  • 出来高:
    18,370
  • 売値/買値:
    742.10/743.60
  • 日中安値/高値:
    736.00 - 746.20
  • タイプ:株式
  • 市場:ドイツ
  • ISIN:US88160R1014
  • WKN:A1CX3T

TSLA 口コミ

Tesla Motors Incの相場を予想しよう!
または
投票してコミュニティの結果を見ましょう。

すべてのコメント

(88)
  • 今回のTeslaの決算が、米国市場全体のモメンタムを左右しそう。
    1
    • 430ドルの時、買っといて良かった。
      1
      • 550の押し目でしっかり買えた人は、本当にすごいと思う。
        1
        • 2021.9.19 SELL
          9
          • 가즈아ㅏㅏㅏㅏㅏㅏㅏㅏ
            1
            • tesla stock is declining because the EV summit and the rumor that musk maybe resign as CEO
              3
              • i dont know we should buy now...the value of each stock is higher than ever . but maybe it will be go up again or go down . lets see what will happen next . we cant analyze it yet
                1
                • !
                  1
                  • 1株利益凄い
                    1
                    • ORPH is next meme
                      1
                      • スポーツカーみたいな車ばっかり作ってるなんて時代遅れだろ。
                        6
                        • i dont think so . they are producing such cars as using electric , hydrogen ... what they are making is not just a sports car
                          0
                      • 売る要素がない
                        1
                        • the price of tesla is declining. but it will increase again. now is the time .
                          0
                          • the price of tesla is declining. but it will increase again. now is the time .
                            0
                            • BUY
                              3
                              • この期待感…爆上げに備えろ!
                                2
                                • 「今年はヨコヨコか下げ基調だろう」については、賛同します。長期的には、右肩下がりと考えています。このリスクを回避するために、次のファンドを検討しています。いかがでしょうか。(検討しているファンド)香港市場のETF  銘柄コード「03087」(dbx FTSEベトナム)構成する会社   すべてベトナムの企業参考 *「中国市場は外国投資家が戻ってきており、グラフのとおり急な投資額となっている。長期投資も検討。」との解説。(東テレ モーサテ 6/1より)* ベトナムの株価は最近特に急上昇しており、下記のメリット。若い国(年代別人員構成)、一人当りGDPがアセアンの中でも低く上昇代がある、TPPの恩恵が最も受けやすい、米中摩擦で企業が中国からベトナムへ(google検索 ベトナム株投資 SBI証券より)*べトナム国内の取引場では、個別株を購入する場合、手数料が高い・外国人には企業ごとの株数に制限がある等があり、ほとんどの方があきらめています。これらの問題はこのETFですべて解消。
                                  11
                                  • どうぞ。
                                    0
                                  • W Wご自由に。さようなら。
                                    1
                                • 今年はヨコヨコか下げ基調だろう
                                  4
                                  • 中国やリコールとネガティブなニュースが多いね
                                    2
                                    • 500までまた落ちる
                                      4
                                      • 700までまた登れると思えなくなってきた
                                        4
                                        • 中国メーカーの電気バスが気温暑くて4台全焼したとの報道あり。
                                          3
                                          • いまのところ好材料なし。EVはどこもやる。去年チョット言った自家発電エアコン、エアコンのから出る結露を飲み水にを早く実現させて。ただの電気"自動車メーカー"でないところを見せてくれれば。↑↑カモネ。
                                            1
                                            • 150で50株仕込んだヤツが通りますよ〜
                                              6
                                              • 買えるといいねー
                                                0
                                            • 530円で買い増し予定まだまだ下がれ耐えられない方は気絶しててください
                                              5
                                              • 単位ドルでしょ…
                                                0
                                              • ドルです 済みません!! 何処まで下げるでしょうね?
                                                0
                                            免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
                                            Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
                                            上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。