株式会社梅の花 (7604)

東京
1,221.0
+3.0(+0.25%)
  • 出来高:
    5,800
  • 売値/買値:
    1,221.0/1,224.0
  • 日中安値/高値:
    1,215.0 - 1,224.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3159850001

7604 概要

前日終値
1,218
日中安値/高値
1,215-1,224
売上
22.18B
始値
1,215
52週高値/安値
611-1,450
1株当たり利益
-164.61
出来高
5,800
時価総額
9.79B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
11,163
PER (株価収益率)
-
ベータ
0.79
1年の変動
21.25%
発行済株式
8,015,337
次の決算日
2021年12月13日
株式会社梅の花の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社梅の花 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り中立買い買い売り
テクニカル指標強い売り売り買い強い売り強い買い
サマリー強い売り中立買い中立中立

株式会社梅の花 企業情報

株式会社梅の花 企業情報

セクター
サービス
従業員数
703
市場
日本

梅の花グループは、同社及び子会社10社並びに関連会社1社により構成され、食と文化の融合をテーマに、外食事業として、くつろぎと安らぎを提供する料理店湯葉と豆腐の店「梅の花」及び和食鍋処「すし半」の店舗展開を行い、テイクアウト事業として、巻き寿司・いなり等の販売店「古市庵」及び和総菜・お弁当の販売店「梅の花」の店舗展開を行う。【事業内容】外食事業においては、梅の花サービス西日本(連結子会社)及び梅の花サービス東日本(連結子会社)は、湯葉と豆腐の店「梅の花」を中心とした店舗を運営し、すし半(連結子会社)は和食鍋処「すし半」の店舗を運営する。同社は、上記子会社に対し、食材の供給を行う。また、同社松華堂(関連当事者)より器等を仕入れる。外食事業における同社グループの業態別の主要販売品目については、湯葉と豆腐の店「梅の花」が湯葉と豆腐懐石料理、和食一品料理、ドリンク、持ち帰り弁当を、かに料理専門店「かにしげ」がかに懐石料理、ドリンク、持ち帰り弁当を、チャイナ「梅の花」が中華懐石料理、中華一品料理、ドリンク、持ち帰り弁当を、和食鍋処「すし半」が鍋料理、寿司、丼物、お膳物、ドリンク、持ち帰り弁当を、並びにその他がロイヤリティ収入、その他飲食を取扱う。テイクアウト事業においては、古市庵(連結子会社)は、「古市庵」の寿司テイクアウト店を中心とした店舗を運営する。梅の花plus(連結子会社)は、「梅の花」のテイクアウト店を中心とした店舗を運営する。同社は、上記2社に対し、食材の供給を行う。テイクアウト事業における同社グループの業態別の主要販売品目については、古市庵寿司テイクアウトが寿司と米飯(一部惣菜、豆腐を含む)の販売を、梅の花テイクアウトがとうふしゅうまいと湯葉揚げ、和総菜、持ち帰り弁当を、並びにその他がギフトの通信販売とその他物販を行う。その他の事業においては、輸出事業及び水産物加工品の製造販売等を行う。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。