ウイングアーク1st株式会社 (4432)

東京
1,896.0
-50.0(-2.57%)
  • 出来高:
    71,800
  • 売値/買値:
    1,890.0/1,896.0
  • 日中安値/高値:
    1,869.0 - 1,906.0
高配当利回り

4432 概要

前日終値
1,946
日中安値/高値
1,869-1,906
売上
19.83B
始値
1,906
52週高値/安値
1,100-2,470
1株当たり利益
142.53
出来高
71,800
時価総額
64.29B
配当
85.20
(4.49%)
平均出来高 (3か月)
112,111
PER (株価収益率)
14.18
ベータ
1.19
1年の変動
-0.84%
発行済株式
33,906,770
次の決算日
2022年10月11日
ウイングアーク1stの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

ウイングアーク1st株式会社 ニュース

ウイングアーク1st株式会社 企業情報

ウイングアーク1st株式会社 企業情報

セクター
情報技術
従業員数
692
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3154360006

ウイングアーク1stグループは、企業向けソフトウェア及びサービスを開発・販売する。【事業内容】データエンパワーメント事業を行う。帳票・文書管理ソリューションとデータエンパワーメントソリューションが含まれる。帳票・文書管理ソリューションでは、帳票に関する業務基盤として国内で利用されるソフトウェア及びそれらをベースとしたソリューションを提供する。請求書、納品書、発送伝票、eチケットなどの業務帳票から公的機関が発行する各種証明書まで社会の様々な場所で帳票の作成や出力、管理に利用される。主力製品には、帳票開発の効率化と多様な出力要件に応えるための帳票基盤ソリューションである「SVF」、従来の「SVF」の強みに加え、柔軟性とリアルタイム性を兼ね備えた帳票クラウドサービスである「SVF Cloud」、及び企業や公的機関で流通する帳票を電子化し、一元管理することで、その後の業務の自動化や効率化に貢献するソフトウェア及びクラウドサービスである「SPA」が含まれる。データエンパワーメントソリューションでは、エンドユーザーに対して、ソフトウェアの販売、クラウドサービス、保守サポートの提供を主に行う。主なソフトウェア及びサービスには、企業内外のデータの収集・蓄積、そのデータを加工・分析することによって企業の意思決定に活用することを目的としたソフトウェアである「Dr.Sum」、企業をとりまく様々なデータを価値ある情報に変え、企業にイノベーションをもたらすことをコンセプトとした情報活用ダッシュボードである「MotionBoard」が含まれる。また、プロフェッショナルサービスも提供する。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均買い中立売り買い買い
テクニカル指標強い買い強い買い強い売り買い買い
サマリー強い買い買い強い売り買い買い