ゼンケンホールディングス (7371)

東京
752.00
+4.00(+0.53%)
  • 出来高:
    115,900
  • 売値/買値:
    752.00/754.00
  • 日中安値/高値:
    740.00 - 762.00
本日の異常な取引高

7371 概要

前日終値
748
日中安値/高値
740-762
売上
7.52B
始値
748
52週高値/安値
684-1,235
1株当たり利益
126.73
出来高
115,900
時価総額
9.01B
配当
20.00
(2.66%)
平均出来高 (3か月)
55,034
PER (株価収益率)
5.61
ベータ
-
1年の変動
-21.79%
発行済株式
11,982,700
次の決算日
2022年11月10日
ゼンケンの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

ゼンケンホールディングス ニュース

ゼンケンホールディングス 企業情報

ゼンケンホールディングス 企業情報

セクター
通信サービス
従業員数
443
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3428970002

全研本社グループは情報(IT)、語学、不動産事業セグメントを主に行う会社である。【事業内容】3つの事業セグメントを運営する。ITセグメントはコンテンツマーケティング事業、メディア事業、人工知能(AI)事業を展開する。コンテンツマーケティング事業はクライアントの特徴と強みを明らかにするウェブの集客メディアを制作・運用する。メディア事業は美容業界に特化した求人を紹介する「美プロ」と商材の需要・供給を仲介する「健康美容EXPO」などのメディアを運営する。AI事業はAIを活用し、クライアントがユーザーとの1to1コミュニケーションを可能とするチャットボット「sAI Chat」、ユーザーの入力した自然文(話し言葉)を適切に捉え、最適な回答を提示する「sAI Search」というサービスを主に提供する。語学セグメントは法人向け語学研修事業、英会話スクール事業、留学斡旋事業、日本語教育事業を展開する。法人向け語学研修事業は企業向け講師派遣事業、中学高校向けオンライン英会話事業を含む。英会話スクール事業は「リンゲージ(Linguage)」のブランド名で、社会人と学生を対象とした英会話スクールを運営する。留学斡旋事業はアメリカ大学奨学金プログラムのアジア総代理店として指名を受けて、アメリカの大学への正規留学を主軸に、海外の大学の学位取得目的、海外の高校の卒業等を目的とする留学を主に斡旋する。日本語教育事業はリンゲージ日本語学校を開校する。不動産事業セグメントは同社が所有するオフィス用ビル「全研プラザ」及び「Zenken Plaza Ⅱ」の賃貸を行う。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立売り強い売り強い売り売り
テクニカル指標強い買い強い売り強い売り売り売り
サマリー買い強い売り強い売り強い売り売り