😎 サマーセールだけ - 最大50%引きでAIの力による株式選択をInvestingProで特別セールを請求する

コモディティ不況の中、欧州株は連勝を止める

編集者Brando Bricchi
発行済 2024-06-05 01:30
© Shutterstock
EUR/USD
-
UK100
-
FCHI
-
DE40
-
BP
-
BP
-
STOXX
-

日(火)の欧州株式市場は、商品価格の下落が鉱業とエネルギー・セクターを圧迫し、3日続伸していた連勝が終わった。STOXX600種株価指数は0.5%下落し、エネルギー株が2.6%の大幅下落となり、2ヶ月以上ぶりの安値を記録した。エネルギー株の下落は、OPEC+が今年後半に予定している供給増が、すでに脆弱な世界需要に与える潜在的な影響に対する懐疑的な見方から1%以上下落した原油価格の下落に続くものだった。

ハーグリーブス・ランズダウンのエクイティ・リサーチ・ヘッド、デレン・ネイサンは、この状況について、原油価格の低迷と大西洋の両岸からの弱い経済データの組み合わせは、借入コストの早期引き下げを支持する金利設定委員会の人々にとってプラスに働くと考えられるとコメントした。

欧州の大手鉱山会社を含む基礎資源セクターも、金や銅などの金属価格が下落する中、2.3%の下落を記録した。

市場は木曜日の欧州中央銀行(ECB)の金利決定を待っているため、投資家心理は慎重だった。ECBは借入金利を25ベーシスポイント引き下げると予想されているが、最近のユーロ圏のインフレ率の上昇を受け、今年中にさらなる金融緩和が実施される可能性については疑問が呈されている。

欧州全体では、ほとんどの株価指数が下落した。フランスのCAC40は0.8%下落、ロンドンのFTSE100は0.4%、ドイツのDAX40は1%下落した。

雇用統計では、ドイツの5月の失業率が予想を上回った。一方、スイスの5月のインフレ率は横ばいとなり、スイス国立銀行が月後半に再び利下げを実施するとの観測が高まった。

ウォール街も、最新の労働市場データが米国経済の潜在的減速懸念に拍車をかけ、下落に転じた。

企業関連ニュースでは、英石油大手BPがS&Pグローバルに信用見通しをネガティブに修正され、株価が3.8%下落した。さらに、ドイツの保険会社アリアンツの株価は、シティグループによる "買い "から "中立 "への格下げを受けて3.3%下落した。一方、フリーネットの株価は、UBSが同社の格付けを "ホールド "から "バイ "に引き上げたため、3.6%上昇した。

この記事はロイターが寄稿した。

この記事は一部自動翻訳機を活用して翻訳されております。詳細は利用規約をご参照ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます