40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

前場に注目すべき3つのポイント~ハイテク主導で日経平均型優位の展開~

発行済 2024-03-04 08:47
更新済 2024-03-04 09:00
© Reuters.
*08:47JST 前場に注目すべき3つのポイント~ハイテク主導で日経平均型優位の展開~ 4日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。



■ハイテク主導で日経平均型優位の展開
■伊藤園、3Q営業利益 37.1%増 217億円
■前場の注目材料:IHI、兵庫・相生の鋳造移管、需要減少で新潟に集約


■ハイテク主導で日経平均型優位の展開

4日の日本株市場は、買い優勢の相場展開になりそうだ。
1日の米国市場は、NYダウが90ドル高、ナスダックは183ポイント高だった。
2月のISM製造業景況指数やミシガン大学消費者信頼感指数確報値が予想外に大幅悪化したため、利下げ期待が高まった。
根強い人工知能(AI)関連需要への期待にハイテクセクターが続伸し、ナスダック指数、S&P500指数は史上最高値を更新。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比220円高の40220円、円相場は1ドル150円10銭台で推移している。


日経平均株価はシカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い先行で始まりそうだ。
日経225先物はナイトセッションで一時39890円まで下げる場面も見られたが、米国市場の取引開始後は強い基調を見せており、一時40290円まで買わた。
エヌビディアは終値ベースでの最高値を更新したほか、アドバンスト・マイクロ・デバイセズやマイクロン・テクノロジーなどハイテク株がけん引する格好から、SOX指数は4%を超える上昇となるなか、東エレク (TYO:8035)など指数インパクトの大きい値がさハイテク株が日経平均をけん引する展開になろう。


日経平均株価は寄り付きの段階で4万円の大台に乗せてくることが見込まれるなか、いったんは達成感からの利益確定の売りが出やすくなるだろう。
今週も米国では多くの経済指標の発表が予定されているほか、週末には雇用統計の発表を控えていることから、神経質な場面もあるだろう。
また、需給面では週末に3月限の先物・オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)を控えていることから、先物市場ではSQに絡んだ限月交代に伴う商いが中心になりやすく、積極的にトレンドを取りに行く売買は手控えられやすい。


ただし、足もとで急速にレンジを切り上げるなか、SQに絡んだヘッジ対応の動きも強まりやすいだろう。
ヘッジ対応の動きが新たなヘッジの動きを強める一因となるなか、上へのバイアスが強まる展開も意識しておきたいところだろう。
また、3月相場入りとなるなか、配当志向の物色も強まってくるだろう。
ハイテク主導で日経平均型優位の展開ながら、バリュー株への資金流入も期待される。
さらに、日経平均株価の一段の上昇が期待されるなかでセンチメントは明るく、個人主体による中小型株への物色も見込まれる。



■伊藤園、3Q営業利益 37.1%増 217億円

伊藤園 (TYO:2593)が発表した2024年4月期第3四半期業績は、売上高が前年同期比5.4%増の3462.51億円、営業利益は同37.1%増の217.58億円だった。
「お~いお茶」ブランドをはじめとする飲料品の販売が好調だった。
2024年4月期業績は、売上高が前期比4.2%増の4500億円、営業利益は同18.4%増の232億円と昨年11月に上方修正した計画を据え置いている。



■前場の注目材料

・日経平均は上昇(39910.82、+744.63)
・NYダウは上昇(39087.38、+90.99)
・ナスダック総合指数は上昇(16274.94、+183.02)
・シカゴ日経先物は上昇(40220、大阪比+220)
・SOX指数は上昇(4929.58、+202.67)
・VIX指数は低下(13.11、-0.29)
・米原油先物は上昇(79.97、+1.71)
・米長期金利は低下
・3月期末接近に伴う高配当銘柄人気
・米国のインフレ沈静化観測


・IHI<7013.T>兵庫・相生の鋳造移管、需要減少で新潟に集約
・JSR<4185.T>JIC、月内にTOB、中国当局と交渉めど
・トヨタ自<7203.T>きょう国内全工場再開、安全・品質の確認徹底
・ゆうちょ銀行<7182.T>リテール事業を変革、次期社長「身近な銀行に」
・ENEOSHD<5020.T>三菱商事など4社で、東京湾周辺のCO2をマレーシアで貯留検討
・筑波銀行<8338.T>M&Aで事業承継支援、茨城地盤の5金融機関、アライアンス立ち上げ
・TOPPANHD<7911.T>ENEOSと、バイオエタノール開発契約、古紙原料を検証
・JR西日本<9021.T>25年度採用計画、3.5%減の1370人に
・ブリヂストン<5108.T>新中計、3年で設備投資1.4兆円
・コマツ<6301.T>部品供給網を強化、建設・鉱山機械向け、豪・インドネシアに施設
・安川電機<6506.T>キュウリ葉かきなど農業ロボ活用本格化、JA全農と連携
・日本精工<6471.T>風力軸受長寿命化、負荷容量25%向上
・横河電機<6841.T>インド流量計買収、グローバル品質で現地生産
・ルネサス<6723.T>インドに合弁、半導体後工程工場を建設
・三井化学<4183.T>EV素材開拓、樹脂化、設計含め提案
・三菱瓦斯化学<4182.T>標高1130メートル、岩手で地熱発電所稼働、三菱マテなど3社出資
・エア・ウォーター<4088.T>2子会社統合、炭酸ガスと水素、脱炭素に知見結集
・日本ピグメント<4119.T>住友化学傘下の着色剤子会社を子会社化


☆前場のイベントスケジュール


・特になし <FA>

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます