プレミアムデータをご提供:最大 50% 引きでInvestingPro特別セールを請求する

AMDとNvidia、GPUとCPUの開発計画を発表 - JPモルガン

発行済 2024-06-03 19:38
更新済 2024-06-03 19:44
© Reuters
NVDA
-
AMD
-

JPモルガンのアナリストは、今週台湾で開催された年次コンピュータ展示会Computexにおけるエヌビディア(NVDA)とAMD(AMD)の最高経営責任者のプレゼンテーションを評価した資料の中で、両社の将来計画を "印象的 "と評した。

JPモルガンは、エヌビディアのジェンセン・フアン最高経営責任者(CEO)が3月のGTCの総括からプレゼンテーションを始めたと指摘。同氏は、NIM(NVIDIA Inferencing Microservices)ベースのソリューションによってエヌビディアがエンタープライズ市場で大きく成長していること、そしてAIの次の大きな展開として、自律走行する機械やロボット工学の動力源となる物理的タスク用に設計されたAIに重点を置いていることを強調した。

JPMorganのアナリストは、「さらに重要なのは、アナリストが、昨年説明された2027年までのデータセンター向けGPU/CPU製品計画の詳細なプレビューを受けたことだ」と述べた。

AMDのリサ・スー最高経営責任者(CEO)はプレゼンテーションの冒頭で、AMDのPC、組み込みシステム、データセンター向け製品の多様性と、同社が製品ライン全体でAI機能をどのように統合しているかに焦点を当てたと報じられた。

アナリストは、同社の初期のデータセンター向けGPU計画に主眼が置かれており、今年の第4四半期から始まる新しいデータセンター向けGPUの年間スケジュールが詳述されていると指摘した。

JPモルガンのアナリストは、「同社は、メモリ容量と転送速度(HBM容量の強化レベル)、さらに新しいCDNAアーキテクチャの迅速な改善を通じて、推論性能の向上に引き続き取り組んでいる」と書いている。

「プレゼンテーションでは性能指標に関する詳細な説明はなかったが、少なくともAMDチームはNVIDIAとの性能差を縮め始めることはないにせよ、その差を維持できるはずだと考えている」と同行はコメントしている。

結論として、JPMorganは、両社は今後発売される製品の強力なラインアップと将来の戦略的計画を有していると述べた。


本記事は、AIの協力を得て制作・翻訳し、編集者が評価したものです。追加情報については、利用規約をご覧ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます