🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

バークレイズ5月の欧州における一貫した自社株買いの動き

発行済 2024-06-20 18:22
更新済 2024-06-20 18:25
© Reuters.
BARC
-
BCS
-
STOXX
-

欧州では、5月に企業が総額380億ユーロ相当の自社株買い計画を発表した。バークレイズのアナリストによると、この金額はここ数カ月よりも高かったが、2017年以降の月平均を下回っている。

過去3ヵ月間、金融、エネルギー、消費者向けディスクリメンタリーの各業界の企業が特に積極的に自社株買いを発表しており、その活動水準はこれらのセクターの活動水準の中上位よりも1.5倍から2倍高かった。しかし、前年同期比で自社株買いの発表が増加しているのは、金融業界と消費者裁量業界のみである。

バークレイズは、今後数ヶ月の間に企業が発表する自社株買戻し計画の数は減少する可能性が高いと予測している。この予想は、2017年以降、夏季の発表件数が減少するパターンに基づいている。

しかし、5月の自社株買いの完了は引き続き好調で、STOXX600指数に上場する企業は234億ユーロ相当の自社株買いを実施し、2017年以降で最多となった。金融業界とエネルギー業界は、前年より減少したものの、これらの買戻しを主導した。コンシューマー・ステープルズとコンシューマー・ディスクリメンタリーの両業界は自社株買いを増加させ、アクティビティーのアッパー・ミドル・レンジを上回った。

バークレイズの分析によると、5月の自社株買いは総取引量の1.7%を占め、これはCOVID-19の大流行が始まって以来の平均を上回っている。特にエネルギー企業は、総取引量の5.2%に相当する株式を買い戻した。金融、消費者ステープルズ、消費者裁量産業もかなりの量の自社株買いを実施した。

公益事業、素材、産業セクターは、まだ完了していない自社株買戻しプログラムが最も多い。対照的に、消費財、テクノロジー、金融業界は、計画した自社株買いの30~40%を終了している。最近、自社株買いの利回りが高い企業に焦点を当てた投資戦略は減少しているが、配当利回りが高い企業に焦点を当てた投資戦略よりも良いパフォーマンスを維持している。

欧州では、エネルギー、銀行、保険業界の株主還元が最も多く、半導体、医療機器、製薬業界の還元が最も少ない。地域別に見ると、ノルウェーのOBX指数、ポルトガルのPSI20指数、英国のFTSE100指数、スペインのIBEX指数が、過去1年間で株主への現金還元と自社株買いの利回りが最も高かった。


この記事は人工知能の助けを借りて作成され、編集者によってレビューされました。詳しくは利用規約をご覧ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます