プレミアムデータをご提供:最大 50% 引きでInvestingPro特別セールを請求する

コンテナ輸送市場、過剰輸送能力に直面 運賃下落=マースクCEO

発行済 2024-03-15 09:27
更新済 2024-03-15 09:37
© Reuters. デンマーク海運大手マースクのビンセント・クラークCEOは14日開かれた同社の年次株主総会で、世界のコンテナ輸送市場は向こう数年にわたって輸送能力が過剰な状況に直面すると指
MAERSKb
-
MAERSKa
-
AMKBY
-

[コペンハーゲン 14日 ロイター] - デンマーク海運大手マースクのビンセント・クラーク最高経営責任者(CEO)は14日開かれた同社の年次株主総会で、世界のコンテナ輸送市場は向こう数年にわたって輸送能力が過剰な状況に直面すると指摘し、運賃は持続不可能な水準にまで下落していると説明した。

マースクは先月、コンテナ輸送市場の過剰な輸送能力により今年は収益が圧迫されるとの見通しを示していた。

© Reuters. デンマーク海運大手マースクのビンセント・クラークCEOは14日開かれた同社の年次株主総会で、世界のコンテナ輸送市場は向こう数年にわたって輸送能力が過剰な状況に直面すると指摘し、運賃は持続不可能な水準にまで下落していると説明した。写真は2月にコペンハーゲンで撮影。提供写真(2024年 ロイター/Ritzau Scanpix/Thomas Traasdahl)

クラーク氏は株主総会で「コンテナ運賃は市況が堅調だった2021─22年以降、大幅に下落しており、実際には持続不可能な水準にまで値下がりしている」と述べた。

コンテナ運賃は昨年12月から今年1月上旬にかけて、イエメンの新イラン武装組織フーシ派による紅海での商船攻撃により海運各社が航路をスエズ運河経由から南アフリカ沖経由への変更を余儀なくされたことを受け、高騰していた。だがその後は供給が需要を上回ったため、運賃は下落基調となっている。

マースクによると、新たなコンテナ船が昨年に市場へ投入されたため海運業界の世界全体の輸送能力は9%増加しており、さらに今年は11%、来年は7%増える見込みだ。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます